遠距離不倫は危険?なぜかはまってしまう遠方での不倫を見破るには

遠距離不倫という言葉をご存じですか?不倫関係がバレにくい遠距離不倫を夫に楽しませないための方法についてご紹介します。遠距離不倫を見抜くコツについて知っておけば、遠距離不倫をやめさせることができるかもしれません。

目次

遠距離不倫ってすごく厄介!|なぜ?パターンと対処法とは?

自宅から遠く離れた場所に不倫相手がいて、不倫している場合、遠距離不倫となりますが、相手も結婚していた場合は遠距離W不倫となります。
 
でも、遠距離不倫(遠距離W不倫)は思っている以上に起こりやすいのです。
 
ここでは、遠距離不倫が起こりやすいパターンと、遠距離不倫を見破るコツ、そして発覚後の対処法について詳しくご紹介します。
 
遠距離だからこそ長期的に続く可能性がある不倫。早いうちに発見した方がよさそうですね・・・

遠距離不倫って起こりやすい?そもそも遠距離不倫て何?

遠距離不倫とはそもそも何なのか?そして、遠距離不倫も浮気・不倫のうちに含まれるのでしょうか?

遠距離不倫とは?

遠距離不倫とは、2、3ヶ月に一度会えるくらいの関係で不倫することを指します。

決まった所に出張に行き、その度にあっている不倫カップルもいるようです。
 
実質そんなに遠い距離に住んでいなくとも、会う頻度が低いことから遠距離と呼ばれることもあります。
 
遠距離不倫の特徴としては、割り切った関係であること、バレにくいことが挙げられます。

 遠距離不倫でも不倫は不倫

遠距離不倫も、肉体関係があったなら、会った回数は少なくても不倫となります。
 
ふたりが不貞行為をはたらいた、きちんとした証拠を集めれば、慰謝料を請求することも可能です。

なぜ遠距離不倫をしてしまうのか?

遠距離不倫をする場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

遠距離不倫をしてしまう理由(1) 二人きりでいてもバレる心配がないから

不倫相手と密会する場合でも、住んでいるところとは離れているので、誰かにバレる心配はありません。
 
見られたとしても、不倫相手側の問題になるだけで、夫にとってのリスクは少ないというメリットがあります。

遠距離不倫をしてしまう理由(2) 1年で会うのは数回なので毎回刺激がある

週に何度も会っていれば、お互いに飽きてしまうこともある不倫関係。
 
でも、遠距離不倫の場合、会える回数はそれほど多くなく、だからこそ会った時の気分の盛り上がりがクセになるようです。

遠距離不倫をしてしまう理由(3) 割り切った関係になれる

近距離であれば、思いが募って本気になってしまう危険性のある不倫関係でも、遠距離ではその危険性が低いことがメリットです。
 
いつまでも出会った頃のスリルを味わい続け、決して深い関係にはならない・・・なんとも危険な関係です。

遠距離不倫をしてしまう理由(4) 遠距離だと不倫という意識が薄まる

遠距離不倫の場合、「非日常」という認識から、特に悪いことをしているという意識が薄れてしまう傾向があるようです。
 
いつもとはまったく違う景色の中で不倫してしまうことで、背徳感などが薄れてしまうからです。

遠距離不倫が起こってしまうパターン

遠距離不倫が起こってしまう時、いくつかのパターンが存在します。そのパターンとは…?

遠距離不倫が起こってしまうパターン(1) 単身赴任している時に関係を持った

夫が県外に単身赴任している間に、赴任先で異性と知り合って、不倫関係に陥ることは予測できます。
 
でも出張が終わって家族のもとへ戻ってきたのに関係がまだ続いていた場合、その後も連絡を取り、会い続けるという遠距離不倫状態に陥ってしまうのです。

遠距離不倫が起こってしまうパターン(2) 久しぶりに地元の友人とあって不倫してしまった

関東圏で就職したのに、県外の地元の友だちと長期休暇に集まるというのはよくある話です。
 
このように、地元の友人だった異性が、不倫相手になってしまえば、遠距離不倫(もしくは遠距離w不倫)が始まってしまうのです。

遠距離不倫が起こってしまうパターン(3) ネット、SNSで知り合って仲良くなり、会いに行った

SNSは、住んでいる場所に関係なく連絡をとることができます。

極端な話、海外であっても連絡をとることができるため、遠距離不倫につながりやすいツールだと言えるでしょう。

SNSで魅力的な写真をアップしている遠距離の女性にダイレクトメッセージなどでアピールをして、そのまま現地で関係を持ってしまえば、立派な遠距離不倫になってしまいます。

遠距離不倫を見抜くためにはどうしたらいいのか?|チェック法をご紹介!

遠距離不倫を見抜くためには、どんなことをチェックすればよいのでしょうか?

遠距離不倫は止めにくいから・・・まずはチェックしめてみよう

遠距離不倫の場合、会う回数も少なく、証拠が残りにくいという特徴があります。
 
まずはそれが本当に遠距離不倫だと見抜くことができなければ、遠距離不倫をやめさせることも困難になるでしょう。

遠距離不倫を見抜くためのチェック法(1) 出張中に連絡を取ってみる

もしも出張と称して、もしくは出張を利用して遠距離不倫している場合、あえて出張期間に連絡をとってみましょう。

ただ、昼間はもちろん仕事中ですから、連絡をとるなら仕事の終わっている時間帯にしましょう。

遠距離不倫を見抜くためのチェック法(2) 出張先に乗り込んでみる

どうしても遠距離不倫の証拠をつかみたい場合、出張先へ行ってみるという手段もあります。

ただ、このような場合は万が一遠距離不倫ではなくただの出張だった場合、夫婦間の信頼関係にひびが入る恐れがあります。

遠距離不倫を見抜くためのチェック法(3) 本気で確かめるなら探偵に相談することをおすすめします

あなたが本気で遠距離不倫をチェックしたいと思っているなら一刻も早く探偵に不倫調査の相談をすることをおすすめします。

遠距離不倫ともなれば、見知らぬ土地で自分の足で証拠をつかみに行かなくてはいけません。

不倫の調査は尾行を始め非常に専門的な技術が必要となります。さらに相手はあなたの顔をよく知っているわけですから不倫の調査がばれてしまうリスクもあります。
 
もし不倫の調査をしていることがばれたら夫婦の関係性が最悪になるばかりでなく、警戒心からその後の調査が困難になってしまいます。もし本当にシロだった場合はなおさらです。

そんなリスクを避けるためにも、本格的な浮気調査は探偵事務所に相談することをおすすめします。

探偵事務所が収集する証拠があれば、その後どんな選択肢をとる場合にもあなたにとって有利になります。
 
不倫相手と別れさせて夫婦関係を続ける・離婚して慰謝料請求する・不倫相手だけに慰謝料請求するなど、選択肢を広げることが可能です。

逆に言えばいくら慰謝料をとりたい、離婚したい、と思ってもまずは証拠がなければ何もできないに等しいのです。

遠距離の不倫はその土地の探偵に相談しないとだめなの?と思うかもしれませんが、探偵事務所には支社間のネットワークがある事務所もあるので、一度「〇〇にいる夫(妻)を調べて欲しいのだけれど・・・」と相談してみることをおすすめします!

まずは気軽に、自分がしたい浮気調査にあった探偵を探して見てはいかがでしょうか?

遠距離不倫だからって甘く見ちゃダメ!

本気になりにくく、遊びで終わる傾向にあるからといって、遠距離不倫を甘く見てはいけません。

遠距離不倫から本気になることだってありえる

物理的な距離がある以上、頻繁に会えないというだけであって、深刻な心の浮気に発展している可能性もある遠距離不倫。

本気に発展「しにくい」だけであって、「絶対に本気に発展しない」というわけではありません。

会えない時間に思いが募って、本気になることも考えられます。

W不倫で相手の配偶者に迷惑をかけていることも|あなたが慰謝料を払うことになるかも

浮気・不倫相手に配偶者がいた場合、遠距離W不倫となりますが、そうなれば相手の配偶者にも迷惑をかけていることになります。

また、不倫相手側の配偶者から慰謝料を請求されることも十分に考えられます。

慰謝料を請求されてしまえば、男性側が不利になるケースが多いため、夫名義で多額の慰謝料を支払うことにもなりかねません。
 
慰謝料を請求されてからでは遅いため、早めの対処が必要なのです。

遠距離不倫について詳しく知りたい人はこちらも合わせて読んで見てください

遠距離不倫を楽しませないために対処法3つ!のまとめ

遠距離不倫の場合、本気になりにくいとはいえ、相手の配偶者にばれて慰謝料を請求されるという可能性もあります。それ相応のリスクがあるということです。

そんな遠距離不倫をやめさせたいときには確固たる証拠を用意する必要があります。いくら感情論で問い詰めても聞く耳を持たないかもしれません。たとえそれが事実だとしてもです。

また、不倫した配偶者と離婚して慰謝料を請求したい場合も証拠が必要になります。制裁として不倫相手に慰謝料を請求するのも同じです。

そのためには遠い見知らぬ土地で単独で調査するよりも、探偵に相談することによって早期に、そしてリスクを回避した解決をすることができるでしょう。
この記事の作成者

カケコム編集部