こんな残業は浮気の言い訳?怪しいならここを確かめるべし!

旦那が急に口にする休日出勤や残業は浮気の言い訳かもしれません。1人で悩む気持ちもわかりますが、旦那は本当に仕事をしているのか、それとも浮気をしているのか、見極める方法があれば知りたくありませんか?今回は残業の多い旦那の浮気についてまとめました。

目次

いつもの残業って浮気の可能性はないですか? 

 

浮気
をしている人の言い訳として、
一番多いのが「仕事」です。
 
残業が多いことについて言及しても「仕事が忙しいから残業していた」と言われてしまうと、「遅くまで仕事お疲れ様」と労うしかありません。
 
相手もそれを狙って仕事を言い訳に使ってきます。
 
しかし、職場の環境が変わったわけでもないのに、残業が毎日続いたり、残業の頻度が徐々に増えてくるようであれば浮気をしている可能性があります。

本当に残業?職場での浮気が一番多いこと知ってましたか?


浮気は会社で起こりやすいのはご存知でしょうか。
 
社会人は一日のうち会社にいる時間が一番長いため、社内の人と仲良くなり浮気に発展してしまいます。
 
残業や休日出勤と偽って、会社内で浮気相手と会っているケースはとても多いのです。

仕事で浮気しやすい理由(1) 家庭と切り離された環境

社会人の多くは家で家族と一緒に過ごすより、会社で上司や同僚と過ごす時間の方が長くなります。
 
同じ目標に向かって切磋琢磨する異性と出会うことで、家庭内では得られない刺激や充実感が生まれます。
 
家庭とは切り離された環境で異性と共に仕事をすることで、ふとしたきっかけで浮気に発展してしまうのです。

仕事で浮気しやすい理由(2) 言い訳がいくらでもできる

「昇格して仕事が増えたから毎日残業になった」「仕事が終わらないから休日も出勤する」などと、仕事を理由にすればいくらでも浮気の言い訳が可能です。
 
妻も仕事だと言われてしまうと、それ以上詮索し難いですよね。
 
万が一、二人で食事をする現場などを目撃されたとしても、「仕事の話をしていただけ」と言い訳をされてしまうかもしれません。

仕事で浮気しやすい理由(3) 家とは扱いが違う

家庭での居場所がないと感じている旦那は実はとても多いんです。
 
一生懸命働いても労いの言葉がなかったり、妻から小言を言われたりと、家庭でぞんざいに扱われると、家に帰りたくなくなってしまいます。
 
そのため、褒めてくれたり優しくしてくれる社内の女性と恋愛関係を持ってしまうのです。

仕事で浮気しやすい理由(4) 職場というスリルがある

浮気は世間的に認められない行為です。更に職場での浮気は、相手と接する機会が多い分周りにバレる可能性が高くなります。
 
当然バレてしまえば夫婦関係はもちろん、職場での立場も悪くなってしまいます。
 
この普通の恋愛では味わうことのできないスリルや背徳感を楽しみたいがために、社内で浮気をする人もいます。

夫がこんな残業を言い出したら浮気が怪しい?


男性は浮気を始めた時に、いつも通り自然に振る舞うことが苦手です。 
 
もし残業を理由に帰宅時間が遅くなった時は、浮気を疑いましょう。

怪しい残業 (1) ほぼ毎日残業

毎日の残業は浮気の兆候であるといえます。
 
もし毎日4時間程の残業を月に20日行っていたら、残業時間が80時間以上となり、残業時間が過労死ラインを超えてしまいます。
 
本当にそれだけ残業をしているのであれば、帰宅した旦那の様子で浮気かどうか見極めることができます。
 
仕事後なのに疲れが見えず、むしろご機嫌な様子であれば、残業と嘘をついて遊んでいる可能性が高くなります。

怪しい残業(2) 急に残業が入ったと言う

旦那の行動に急激な変化が見られたらまず浮気を疑いましょう。
 
部署や役職が変わったわけでもないのに、急な残業が増えたら怪しさ倍増です。
 
いきなり帰宅が遅くなる日は浮気相手と会っているかもしれません。

怪しい残業(3) 全然残業が嫌そうじゃない

普通はいきなり残業が増えたら心身共に疲れ果てて帰宅をするはずです。
 
それなのに帰宅した旦那はなぜかとっても機嫌がいい、なんて時は浮気相手と会っていた後かもしれませんね。
 
それに、出勤の時も楽しそうに家を出ていくなんてことがあれば、残業は嘘である可能性が大です。

怪しい残業(4) 休日出勤が多くなった

浮気相手と仕事後の数時間だけではなく、長時間のデートを楽しみたい時に使う手段が休日出勤です。
 
忙しい職場であれば、月に何度か休日に仕事を任されることはありますが、今までそんなことをしたことがないのであればとても怪しいですね。
 
もし旦那が休日に仕事にもかかわらず、荷物が異常に多かったりウキウキした様子であれば、浮気を疑いましょう。

旦那の浮気または本当に残業?どっちか見極めるには?


旦那の残業が急に増えたり休日出勤をするようになったとしても、全てが浮気であるというわけではありません。
 
もしかしたら本当に仕事が忙しく、仕方なしに残業をしているのかもしれません。
 
そこで残業と浮気を見極めるポイントをお伝えします。

旦那の浮気を確かめる(1) 残業について詳しく聞いてみる

食事中など普段の会話の中で旦那の仕事について聞いてみましょう。
 
仕事内容や具体的な業務量、残業が多いならいつまで続くのかなど、できるだけ掘り下げて聞くことが大切です。
 
浮気をしているのであれば、ある程度の言い訳を準備しているかもしれませんが、詳しく聞かれて言い淀んだり、明らかに辻褄が合わないことを言ってきたりと、ボロが出てくるかもしれません。

旦那の浮気を確かめる(2) 残業時間を記録しておく

厚生労働省が定めている労働基準法では、1ヶ月に60時間を超える時間外労働を行う場合の割増賃金率の引上げ等が行われるようになっています。
 
もし、月に残業時間が60時間を超えているようであれば、給料の引き上げなどがなされているはずです。
 
残業時間をチェックしておいて、月60時間を超えているようであれば、給料明細を確認してみましょう。
 
こういった細かいメモが後々動かぬ証拠となります。

旦那の浮気を確かめる(3) 家庭で寂しく待っていることを伝える

仕事を頑張る旦那に、つい悪口を言ったり愚痴を聞いてあげなかったりと、ぞんざいな扱いになっていませんか?
 
男性の中には家に居場所がないように感じてしまい、帰りたくないから浮気に走ってしまう人もいます。
 
そのため、旦那の帰宅時間が遅いことで、寂しい思いをしているということを伝えてみましょう。
 
自分がどう思っているかを伝えるだけで、仕事に対して否定的な意見になってしまってはいけません。

残業ではなく浮気だったorかなり浮気が怪しい…そんな時は?


旦那の残業に対して自分なりに調査をしてみましたか?
 
その上で浮気の可能性が濃厚だった…そんな時は一体どのような対応をすればいいのでしょうか。

探偵を雇って証拠を掴みましょう

旦那の帰宅が遅い時、会社に電話をして帰宅をしたかどうか確認し、そこで「結構前に帰りましたよ」となったら残業は嘘だったことが確定します。
 
しかし、残業が嘘だったからといって、浮気をしているとは限りません。友人と飲みに行っている可能性だってあります。
 
確実な証拠を掴むためには探偵に浮気調査を依頼するのが一番手っ取り早い方法です。
 
しかも探偵の調査は探偵業法で認められた業務なので、こちらが訴えられることはありません。

証拠をとっておくとこんなメリットが!?

旦那の浮気の証拠を手に入れた場合、この先何があるか分かりませんので必ず保管しておきましょう。
 
例えば離婚話になり相手が拒否をしている場合や慰謝料を請求したい場合に、証拠があれば、相手が言い逃れできなくなります。

今日の残業って浮気かも?と思った方はこちらの記事もどうぞ!

こんな残業は浮気の言い訳?怪しいならここを確かめるべし!のまとめ


旦那の浮気を心配する妻は些細なことでも、旦那に怪しい行動があれば疑惑に変わります。
 
急に残業が増えたり、休日出勤が増えれば「仕事と嘘をついて浮気をしているのでは、、、」と疑いを持ってしまいます。
 
旦那に浮気の兆候が見られた時は焦らずに、この記事の浮気を見極める方法を参考に調査をしてみましょう。
 
焦って旦那に直接問いただしてしまうと、より家に居づらくなり、さらに浮気に走ってしまうかもしれません。
 
旦那が浮気しているかどうか知りたい場合には探偵事務所を利用してみましょう。


しかし費用面の問題や、探偵が信頼できないという人がほんとんどかもしれません。

そんな時は探偵相談のタントくんを利用してみましょう。

あなたが悩んでいる探偵についての不安を無料で相談員に聞くことができます。

タントくんに相談する

この記事の作成者

カケコム編集部