不倫相手の忘れ方マニュアル!辛い経験をすぐにでも忘れたい人へ

不倫相手の忘れ方はあるのでしょうか。不倫相手を忘れるのは意外と難しく、引きずってしまいがちです。気持ちの整理がつかずに、また不倫してしまったなんてことにならないように、早めに対処しておきたいもの。今回はそんな不倫相手の忘れ方を様々な角度から提案します。なかなか不倫を忘れられない人は、自分に合った方法で過去の過ちを清算しましょう。

目次

不倫相手を忘れたいのに忘れ方がわからない…なんて人はいませんか?

不倫相手の忘れ方がわからなくて、ズルズルと今まできてしまった…というあなた。
 
過去のことを引きずってしまうと、忘れたいのになかなか前には進めませんよね。
 
不倫相手の忘れ方は、新しい自分に挑戦することが必要です。
 
今からご紹介する不倫相手の忘れ方を参考にし、不倫を清算してください。
 
また、忘れたいのに不倫相手のことを忘れることができない…という場合の対処法も解説していきます。
 
不倫相手が忘れ方がわからなくて困っている人は、参考にしてください。

不倫相手の忘れ方(1) 完全に不倫を解消する

不倫相手を忘れる方法として、まずは完全に不倫を解消することから始めてみましょう。

不倫相手を忘れる方法① メールやSNSは全消去

不倫相手とのメールやSNSが残っている場合には、今すぐ全消去することをおすすめします。
 
少しでもメールやSNSに不倫相手の面影があると、ふとしたきっかけで思い出してしまいがちです。
 
繋がりを持たないためにも、まずはメールやSNSは思い切って全て消してしまいましょう。

不倫相手を忘れる方法② 思い浮かぶものも全部捨てる

不倫相手との思い出の品など、思い浮かぶものは全部捨ててしまうのも忘れ方の一つです。
 
たとえば不倫相手から貰ったプレゼントや、一緒に行った映画のパンフレット、不倫相手に褒めてもらった洋服など。
 
少しでも不倫相手のことを連想するものは、一掃して捨てることで、生活の中から不倫相手の面影を消すことができます

不倫相手を忘れる方法③  物理的に遠いところへ引っ越す 

不倫相手の忘れ方として、物理的に遠いところへ引っ越すのも良いでしょう。
 
不倫相手との思い出が詰まっている場所では、忘れたいと思っていてもどうしても過去のことを忘れることが難しくなってしまいます
 
また、不倫相手と遭遇してしまう可能性もあるため、できるだけ知らない土地に引っ越しをするのは良いことです。

不倫相手の忘れ方(2) 新しいことにチャレンジする

新しいことに挑戦することも、不倫相手を忘れる方法の一つです。思い切ってチャレンジしてみては?

熱中できる趣味や仕事を見つける 

不倫相手のことを忘れたいのであれば、熱中できる趣味や仕事を見つけることも大切です。
 
やってみたかった習い事を始めたり、やり残していた仕事を一気に片付けるなど、何かに集中することでモヤモヤした気持ちを紛らわすことができます
 
思い切って転職し、新しい自分に挑戦するのも良いですね。

リラックスできることをする 

不倫のことを忘れる方法として、リラックスできることを行ってみるのも良いです。
 
「不倫を忘れなくては」という思いが強すぎると脳が緊張状態になり、きれいに忘れることができません
 
マッサージを受けたり、ゆっくり入浴をするなどし、少しでも自分がリラックスできる時間を作ることで気持ちにも余裕ができますよ

とにかく毎日疲れるまで何かをやってみる 

不倫相手のことを思い出してしまうのは、時間や体力に余裕があるからかもしれません
 
一度、とにかく毎日疲れるまで何かをやってみるようにしてみましょう。
 
帰宅する頃にクタクタになっていれば、不倫相手のことを思い出す暇もなく眠ることができるかもしれません。
 
毎日精一杯、疲れるまで活動してみましょう。

不倫相手の忘れ方(3) 家庭を今以上に大切にする  

不倫をしている頃にはできなかった、家族を大切にすることを始めてみるのも良いですね。不倫を忘れるきっかけになります。

絵に描いたような理想の家族を少しの間でもやってみよう 

家族との時間を持つことで、今までにはなかった新しい自分の居場所を作ることができます。
 
絵に描いたような理想の家族をやってみることで、新たな安らぎを感じ、幸せを手に入れることができるかもしれません。
 
家族への愛情を持つことが、もっとも良い不倫相手の忘れ方かもしれません。

不倫相手と行った場所は極力行かないこと 

家族と時間を過ごす際、不倫相手を忘れたいのであれば、不倫相手と行った場所は極力避けるのが良いでしょう。
 
不倫相手と出くわす可能性もありますし、家族の前で不倫相手のことを思い出してしまうかもしれません。
 
家族と出かけたり遊んだりするのは、できるだけ新しい場所や土地を選ぶようにしましょう。

ただし急に優しくなりすぎると疑われることもあるので注意 

家族のことを大切にするのは良いですが、急に優しくなりすぎると、新たな疑いをかけられる可能性もあるので避けるようにしましょう。
 
変に「優しくしなくては」と思わなくても、自然に接するだけで、家族はあなたの気持ちを受け取ってくれるはずです。
 
いきなり優しくなる方が「何かあるのでは?」と疑われてしまうでしょう。

不倫相手がどうしても忘れられないなら・・離婚も視野に入れるべき?

不倫相手がどうしても忘れたいのに忘れられないのなら、離婚も視野に入れるべきなのでしょうか。

有責配偶者からの離婚請求は基本的に認められないけど・・・

不貞行為をしてしまった本人である有責配偶者からの離婚請求は、基本的に認められません。

しかし、場合によっては有責配偶者からの離婚請求であっても、認められるケースもあるようです。

忘れる方法をやってみても不倫相手のことを忘れられないという場合には、離婚をするのも選択肢のひとつかもしれません。

自分の気持ちに嘘がつけないなら説得して離婚してもらうことは可能

有責配偶者からの離婚請求が認められている場合は限られており、自分は条件を満たさない場合にも、話し合いで離婚することが日本では認められています
 
色々な忘れ方を試してみても、忘れたい不倫相手のことを忘れられないとき、自分の気持ちに嘘をつき続けるのは辛いものですよね。
 
そんな状態で家族といてもうまくはいきませんので、正直に配偶者に話して離婚協議をするということも考えてみましょう。
 
しかし、配偶者を説得するのは大変でしょうし、離婚できない場合も多いでしょう

離婚問題に強い専門家があなたの味方です 

忘れたい不倫相手が忘れられないことによって離婚を請求する場合、一人で実行するのではなく、離婚問題に強い弁護士に相談することで離婚できる可能性が高まる場合があります
 
有責配偶者からの離婚請求の場合は、逆に慰謝料を請求されることがあるかもしれません。
 
そういうときでも弁護士がいれば、慰謝料減額のための方法を提示してくれるはずです。

さらに自分に代わって離婚の交渉をしてもらうこともできます。
 
離婚には法的なことも多く関わってきますので、離婚話の切り出し方や必要書類など、細かい部分までフォローしてもらえると安心です。
不倫相手の忘れ方が分からないという人は、まずは新しい自分に挑戦してみましょう。
 
他に集中できるものがあれば、時間と共に不倫相手のことも次第に忘れることができるはずです。
 
また、不倫の償いとして家族との時間を大切にすることも、不倫相手を忘れる方法として効果的です。
 
しかし、それでも忘れることができないのなら、離婚を視野に入れて弁護士に相談するのがおすすめです
 
どうしようもなく苦しく過ごしているあなたの手助けになるはずです。

離婚に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部