不倫の末に結婚。その前に考えておくべき慰謝料や養育費のこと

不倫からの結婚について考えたことはありますか?恋愛には色々な形があります。どのような形であれ恋愛は祝福されるものなのかもしれませんが、中には不倫関係から結婚に至るケースもあるのです。ここで議題となるのがこの結婚は法律上どうなるのか、お金はどうなるのかです。

目次

本当に幸せ?不倫からの結婚

4b6b38634bc2d22ec14af153c17ea6d0_s


哲学的な問題となってしまいますが、不倫からの結婚はいわば略奪愛です。

そのような形で手に入れたものは幸せになれるのでしょうか。

実際に芸能人にも不倫から結婚した方がたくさんいます。

実際に名前を記載する気はありませんが、彼らの姿を見ていてもとっても幸せそうに見えますよね。

しかし不倫からの略奪愛という形で手に入れた結婚は相手の家庭を滅茶苦茶にするという悲劇を間違いなく引き起こしているのです。

そのため、そのような形で他の人の幸せを破壊しても平気という精神力と、周りからの侮蔑されるような目線を向けられたとしても乗り越える覚悟が重要になります。

不倫の法律上の扱いは?

9a2e4c371978d31ffe162386b68edf88_s


不倫というのは悲しいかな当たり前のようになってしまって珍しいものではなくなりました。

そこで、不倫の法律上の定義がどうなっているのかをまず見ていきましょう。

法律上の定義を理解する

浮気や不倫が発覚した場合よく裁判によって争っているという話を聞いたことがあるかもしれませんが、不倫は法律違反となることがあります。

不倫の定義は明確なものがあるわけではありませんが、法律上では「不貞行為」用語があります。

具体的には、法律上では「配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思に基づいて、性的関係を持つこと」「不貞行為」と定められており、肉体関係に至った場合は法律上でも違反という扱いになります。

そのため、キスをしたとか手をつないだというのは法律上は不貞行為扱いにはならないため法律違反にはなりません。

例外もいろいろある

肉体関係にならなければ不貞行為にならないということなのですが、実は配偶者以外の異性という定義付けがされているので、同性同士なら肉体関係があったとしても法律上は不貞行為とみなされません。

また「自由な意思に基づいて」という記載もあるので、無理やり押し倒されたとかレイプされてしまったというケースは不倫という扱いにはならないのです。

恋愛関係がなくても不貞行為になる

不倫と言われた場合、恋愛関係にあっての肉体関係を予想されますが場合によっては全く恋愛関係が無くても肉体関係になってしまうこともあるのです。

例えば、酔った勢いで意気投合してしまってたまたま勢いで肉体関係になってしまったケース。

このような事態でも1回でも肉体関係が生じたら不貞行為なのです。

考えられるお金のこと。慰謝料や養育費

6ca50f3bbcfd1f7b95d5c74f6c5f6967_s


不貞行為を行うと責任追及が発生してしまいます。その内容を調べていきましょう。

法律上も慰謝料請求ができる

不貞行為をされた側の配偶者は不貞行為をした配偶者に対して慰謝料を請求することができます。

よく言われる言葉で「精神的苦痛を受けた」というものに該当するのです。

この慰謝料に関しては諸説あって具体的な数字を出すことは難しいのですが、仮に子供がいるのであれば養育費も発生することを忘れてはいけません。

お金がかかわる問題のため離婚問題に対して強い弁護士に頼るのがやっぱりベストと言えるでしょう。

結婚に至る前に一度しっかりと相談をすることをお勧めします。

不倫相手にも請求されることがある

不貞行為をした結果慰謝料を請求されるのはよくあるケースなのですが、場合によってはこの慰謝料を2重で請求されることがあるというものです。

もともと不倫は一人でできるものではないので、不倫相手に対しても慰謝料請求を行うことができると言われております。

その場合離婚してできた夫婦そろって不貞行為扱いになって慰謝料を支払うケースが発生するので費用的にも重くなる可能性があります。

お金だけじゃない懸念点

%e8%a3%81%e5%88%a4


不倫によって慰謝料といったお金の問題が生じますがそれ以外にもいろいろとトラブルが生じる可能性もあります。

不倫をしたという事実は消えない

少しだけ触れた話題でもありますが、不倫をしたうえで行った結婚は略奪愛です。

この不倫をしたという事実はいつまでたっても残ります。

お金の問題は払ってしまえば解決できるのですが、このレッテルは永遠に消えません。

そのため、近所にこの情報が漏れてしまった場合、周囲から白い目で見られ続けるでしょう。

そのため、本当に幸せになりたいのならそのような視線で見られたとしても跳ね除けられる精神力が無いと間違いなく苦しくなります。

ここで「どうして理解してくれないの?」と思ってしまっても、他の人たちからすれば「不倫をする人は信じられない」と一蹴されてしまうのです。

恨まれている可能性が大きい

漫画やアニメ、そしてドラマなどで使われる「復讐」という言葉があります、平和な日本では本気の意味で使われるものではないですよね。

この復讐対象に不倫によって家庭を壊されたケースも該当するのです。

不倫から結婚した場合、不倫した相手の気持ちが離れているのならば被害も少なくなりますが、本当に幸せに生活をしていたのなら、すべてをむちゃくちゃにした原因として一生恨まれます。

恨みによって生じる気持ちはそう簡単に消えるものではないということを覚えておきましょう。

不倫をする人と結婚をしたこと

忘れてはいけないのは不倫によって結婚した場合、相手も不倫を受け入れている人なのです。

そのため、ちょっとしたことがあればもう一度不倫が生じる可能性があるのです。

要するに略奪愛によって結婚したが、その結婚相手が不倫する可能性があるということですね。

不倫のトラブルで困っている人にはこちらの記事もおすすめ!

不倫の末に結婚。その前に考えておくべき慰謝料や養育費のことのまとめ

faef19d8ea343b97e86b1e7a2afde762_s


不倫による結婚が幸せになれるかどうかは色々な壁があるので普通の結婚よりもハードルはものすごい高いです。

幸せの形も色々とあるので、講釈を垂れることなんかできません。

しかし、不倫による離婚はいろんなトラブルが発生する可能性が高いということは覚えておいてください。

そのため、できる限り被害を大きくしないように離婚問題に強い弁護士に相談してどうしたらいいのかの指針を示してもらうのがやっぱりベストなのではないでしょうか。

この記事の作成者

ジコナラ編集部