独身女性が不倫する心理は?|独身女性の不倫のリスクと不倫をやめる方法

なぜ独身女性は不倫関係になりやすいのでしょうか。その理由には、近年の女性の社会進出と晩婚化が一因としてあげられるようです。今回は独身女性がなぜ不倫の道に走ってしまうのか、その心理とリスクについてご紹介していきます。

目次

独身女性はなぜ不倫をする?

なぜ独身女性は危険を冒してまで不倫の道に足を踏み入れてしまうのでしょうか。
 
独身女性の不倫の理由として、同年代の男性が草食化してきたことや、そもそも「結婚したくない」と考える独身女性が増えたことが考えられます
 
結婚はしたくないけど恋愛はしたい、そういう独身女性が恋愛対象としてみてしまうのが既婚男性です。
 
既婚男性が相手だと、将来のことを考えなくて済みますし、お互い必要な時だけ求め合えるので楽だと考える独身女性が多いようです。

独身女性が不倫する心理とは?

では、既婚男性と不倫する独身女性の心理について詳しく見ていきましょう。
 
独身女性達はどんな心理で不倫をしてしまうのでしょうか。

独身女性が不倫する心理(1) 安定感を求める

既婚男性となると、大抵は年上の場合が多いです。
 
仕事も収入も安定しており、落ち着いた雰囲気が独身女性から見れば魅力的に見えるのです。
 
独身男性との恋愛となると、若いので収入も仕事も安定しない、将来のことも考えなければならないと、独身女性からすると面倒なことが多いのです。
 
自分自身も仕事を続けたいと考える独身女性にとって、結婚したら家庭に入ってほしいとか、子どもができたら親と同居してほしいなどと言われることは苦痛なのです。
 
自分のライフスタイルを崩さず、好きな時に恋愛したい、そんな独身女性の心理状態にとって既婚男性との不倫はもってこいなのです。

独身女性が不倫する心理(2) 既婚者と付き合っているというスリルを求める

恋は障害が多いほど燃え上がるといいますが、不倫こそ障害の多い恋愛といえるでしょう。
 
周囲に秘密にしなければならない、奥様にバレないように連絡を取り合う、そんなスリルが独身女性を虜にしてしまう心理なのです。
 
また、二人だけの秘密という特別感も恋愛を盛り上げさせる要素になって、独身男性との恋愛にはないドキドキ感を味わうことができるようです。

独身女性が不倫する心理(3) そのうち離婚してくれるだろうという楽観的思考

既婚男性の口説き文句として、「最近奥さんとうまくいってないんだよね」という言葉があります。
 
現実に奥様との関係が冷めている場合もありますが、火遊びしたいだけの男性もこのような言い回しで独身女性に近づいてきます。
 
そんな言葉を真に受けた独身女性は、近々離婚してくれるみたいだから、離婚が成立すれば自分たちの関係は何の障害もなくなるのだから、今だけ我慢すればいいと楽観的に考えてしまう人もいます。

独身女性が不倫するリスクとは?

既婚者との恋愛を好む独身女性ですが、既婚者と不倫をするリスクにはどんなものがあるのでしょうか。
 
いくつかご紹介していきましょう。

独身女性が不倫するリスク(1) ズルズルと引きずってしまい、婚期を逃すかも

不倫相手との心地よい距離感がやめられなくて、ズルズルと何年も不倫関係を続けてしまった結果、結婚適齢期を逃してしまう独身女性も少なくありません。
 
若いうちはちょっとした遊びのつもりでも、束縛し合わない適度な関係が楽でそのまま関係を続けてしまったり、男性が奥様と別れるという言葉を信じ切って、その時をずっと待ち続けてしまっているうちに、いつの間にか婚期を逃しているかもしれません。
 
子どもがほしいと考えるなら、未来のない恋愛はさっさとやめて、現実に目を向けるべきです。

独身女性が不倫するリスク(2) 不倫がバレたら自分の評判が下がる

内緒で楽しむのが最高にスリリングな不倫ですが、万が一知り合いにバレてしまったとしたら、あなたの社会的評価は大きく下がってしまうでしょう。
 
人の夫に手を出す女性として軽蔑の眼差しで見られるだけでなく、会社での立場も悪くなってしまう可能性があります。
 
不倫関係が解消されたとしても、そんな噂がまとわりつくと次の恋愛が始めにくくなってしまいます。

独身女性が不倫するリスク(3) 独身男性との付き合いに満足しなくなる

既婚男性との付き合いに慣れてしまうと、独身男性に対して何か物足りなさを感じてしまうでしょう。

気持ちに余裕がある年上既婚男性と違い、何事にも一生懸命で不安定な若い独身男性を相手にすると、子どものように感じてしまい、なかなか恋愛感情が盛り上がらないことがあります。

そういった経験から、一つの不倫関係が終わりを迎えても、また別の既婚男性と恋に落ちてしまう独身女性は少なくないようです。

独身女性が不倫を断ち切るのにはどうしたらいい?

ではどうすれば不倫関係を断ち切ることができるのでしょうか。
 
ズルズルと引きずりがちな不倫関係の終わらせ方をご紹介いたしましょう。

独身女性が不倫を断ち切る方法(1) 自分で不倫断ち切りを覚悟することが一番大事

不倫関係を断ち切るのに一番大事なことは、自分の不倫を断ち切る覚悟を持つことが大切です。
 
会いたい時だけ会えて、お互い必要な時だけ求め合える不倫関係は面倒なことが少なく、心地よいとさえ感じている女性も多いでしょうが、自ら別れを決意し断ち切らない限りいつまでも関係が続いてしまいます。
 
ご自身の未来のためにも、不倫はいけないことだと認識し、別れを切り出す勇気を持ちましょう。

独身女性が不倫を断ち切る方法(2) 新しい恋を始める

不倫を断ち切るには新しい恋を始めるのもひとつの手です。
 
既婚男性にも魅力はありますが、独身男性にも素敵なところがたくさんあります。
 
恋愛をしている間は視野がせまくなりがちですが、一度ご自身の周りをよく見渡してみてください。
 
素敵な出会いが意外と近くに転がっているかもしれません。
 
注意したいのは、別の既婚男性と新しく恋を始めてしまうことです。
 
いくら既婚男性が魅力的に見えるからといって、不倫を重ねるのはやめましょう。

独身女性が不倫を断ち切る方法(3) 何か熱中できることを探す

不倫に走ってしまう独身女性は、ふとした瞬間に寂しくなり、そのさみしさを埋めてくれる何かを欲している女性が多いと思います
 
そんな女性は、何か自分が熱中できるものを見つけるとよいでしょう。
 
スポーツをして汗をかくのもよし、ハンドメイドで物を作るのもよし、好きなアーティストのライブに出かけるのもよし、とにかく恋愛と無関係のことで熱中できることを探してみてください。
 
そこで新しい出会いもあるかもしれません。

独身女性が不倫を断ち切る方法(4) 友達に相談してみる

不倫関係にどっぷりハマっている間は周りの意見に耳を傾ける気持ちにすらなれません。
 
ですが、その不倫関係を解消したいと思っている時なら周囲の意見も聞き入れやすいはずです
 
ただし、口の堅い友人に相談するようにしましょう。
 
不倫と言うデリケートな相談をするのですから、なるべく信頼のおける人に相談することが重要です。
 
同じように不倫をしている人に相談しても、不倫関係を断ち切るようなアドバイスはもらえないので注意が必要です。 

独身女性が不倫を断ち切る方法(5) カウンセリングを受ける

それでもどうしても不倫関係から抜け出せない人は、医師や心理カウンセラーによるカウンセリングを受けることをお勧めいたします。

一つのことにとことん依存してしまう精神疾患を患っている可能性もあります

そのような場合、自力で断ち切ることはとても困難です。

周りの力と環境を変えることが不倫から抜け出す手助けとなるでしょう。 

独身女性の不倫が不倫相手の奥さんにバレたら…

万が一、不倫相手の奥さんに関係がバレてしまったら、一体どうなるのでしょうか。
 
その後の対処法も合わせてご紹介いたします。

慰謝料を請求されるかも|専門家に相談を

自分の夫が不倫しているとわかれば、不倫相手の奥様の怒りを買うのは当然です。

夫婦関係が破綻し、離婚に至ったとなれば、多額の慰謝料を請求されてしまうかもしれませんし、離婚しなくても慰謝料を請求されることはよくあります。

不当な額の慰謝料を請求されてしまうかもしれませんので、そういう時は一人で悩まず弁護士に相談しましょう。

もしかすると、相手の奥様は何の証拠もないのに慰謝料を請求しているかもしれません。

慰謝料を取るには物的証拠が必要となりますので、関係を否定し続ければ慰謝料を回避できる可能性もあります。

ですが、そうならないためにも、やはり既婚者との不倫にはリスクがあることをしっかりと認識し、関係をできるだけ早く解消した方が良いでしょう。

独身女性が不倫する心理は?|独身女性の不倫のリスクと不倫をやめる方法のまとめ

独身女性が既婚男性との禁断の恋に落ちてしまう心理をご紹介してきましたが、あなた自身に当てはまるものはございましたでしょうか。
 
年上の既婚男性との不倫は、どこか心地よく、安心感もありますが、やはりリスクも兼ね備えていることを十分に理解することが大切です。
 
気づいたら不倫だったというケースもありますが、そんな時にきっぱりと別れを告げる勇気を持つことが重要です。
 
不倫には未来もありませんし、関係を続けていてよいことなど一つもありません。
 
自分の力では不倫関係から抜け出せないのなら、専門家に手助けしてもらうことをお勧めいたします。
 
あなた自身の未来のために、冷静に今の状態を見極めてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部