ズルズル不倫をうまく断ち切る方法4つとは?

不倫をズルズル引きずってしまう。不倫は悪いことでやめなければいけないとわかっているのに。なぜズルズル不倫をやめることができないのか?どうしたらやめられるのか?不倫関係を上手に断ち切る方法をご紹介します。

目次

不倫をズルズル引きずっていませんか?

 


ズルズルと続けてしまう不倫関係。

一度ハマってしまったら、やめたいと思ってもなかなかやめられない人も多いのではないでしょうか。

あなたが独身であったらどんどん婚期は遠のくばかり。

「ズルズル不倫はやめなくては・・・」

「この不倫を断ち切らなければ・・・」

という気持ちはあっても、意思とは裏腹に、そのままズルズルと引きずってしまう人がほとんどなのではないでしょうか?

こんなズルズル不倫を続けてしまう人の心理は、どのようなものなのでしょうか?

ズルズル不倫をやめる方法をご紹介します。不倫をやめたいと思っている人は必見です。

ズルズル不倫の特徴

 

まずは、ズルズル不倫の特徴をご紹介します。

やめたいのに不倫をやめられない人には、このような心理が働いています。

やめようと思ったことはあるが行動に移せなかった

「不倫をやめたいと思ったことがある」

ズルズル不倫を続けている人でも、今までまったく不倫を断ち切ることを考えなかったわけではないようです。

誰でも一度は不倫をやめたいと思っているはずです。

しかし、

  • うまく不倫をやめる方法が見つからなかった
  • どうしても好きな人を失う寂しさに勝てなかった

このような理由から実行できない人が多いのです。

なんだかんだ現状に満足している

ズルズル不倫をやめられない心理として、

  • 今までバレなかったからこれからも大丈夫なんじゃないかと思っている。
  • 結婚は考えていないので、不倫のような恋愛の方が自分には向いていると思う。

など、現状について不満を持っていないことがあげられます。

理性では悪いこととわかっている。

できればやめたいと思っていても、「なんとかなるかも」という誘惑には勝てないのです。

不倫のデメリットが見えていない

どうして不倫はいけないこととわかっているのに、やめたいと思っていてもズルズル不倫を続けてしまうのでしょうか?

それは、不倫をしている本人が不倫のデメリットをよく把握できていないことにも関係しているでしょう。

今のところ自分には困ったことが起こっていないからという理由から、これからも大丈夫と思ってしまうのです。

不倫のデメリットとして、

  • 不倫相手の配偶者から慰謝料請求される。 
  • 自分の夫(妻)からも慰謝料を請求される。
  • 友人にバレたら信頼を失う。 
  • 会社にバレたら会社に居づらくなる。

というものがあります。

これらをしっかり理解しましょう。

なぜズルズルと不倫をやめられないのか?

 

なぜズルズルと不倫関係を続けてしまうのか?

その原因にはこのようなことも考えられます。

不倫を断ち切る勇気がない

不倫をズルズルと続けてしまう人は、やめたいと思っていてもいざやめようとした時に、自分から別れを言い出す勇気がないという原因があります。

  • 1人になるのが怖い 
  • 不倫相手が自分の生きがいだと思い込んでいる 
  • この人以外に自分のことを理解してくれる人はいない 

というあなたの思い込みも勇気が出ない原因になるでしょう。

不倫相手に依存しすぎているのではないでしょうか。

夫婦関係が良くない

あなたが既婚者であった場合、夫婦関係が冷めきっているのも不倫を断ち切ることができない原因である場合もあります。

子どものこと、親のことなど複雑な人間関係が理由で、冷めきった夫婦でも離婚することができない場合もあります。

結婚生活に希望がなければ不倫をするというのが許されるわけではありませんが、ズルズルと不倫関係を断ち切ることができないのも理由のひとつといえるでしょう。

不倫をやめるメリットとは?


ズルズルと不倫をやめることができないのならば、やめたらどんなメリットがあるのかということを考えましょう。

それによりズルズル不倫をやめたいという気持ちが強くなるかもしれません。

やましいことがなくなる

不倫をやめる方法を知りたいと思う人の多くは、やましい気持ちがあるからという人ではないでしょうか?

他人に隠しておかなければいけないことは、最初は刺激が多く魅力的に思えますが、だんだんと他人に話せないことが辛くなってくるものです。

いつかバレてしまうかもしれない、いつも胸にモヤモヤと残っている。

そんな気持ちがなくなるのは大きなメリットとなるでしょう。

慰謝料や離婚などのリスクが少なくなる

不倫は違法行為です。
 
慰謝料は、このどちらか短い方で時効が成立すると定められています。
  • あなたが配偶者の不貞行為および浮気・不倫相手を知った時から3年間(消滅時効)
  • 浮気・不倫関係から20年間(除斥期間)
時効が成立するまでは、不倫をやめたからといって、慰謝料請求されないということはありません。 
 
しかし、当然早く不倫を辞めればやめるだけ慰謝料の額は小さくなりますし、時効が成立する時期が早まります。

普通の恋愛・夫婦関係ができるようになる

ズルズルと続けていた不倫を断ち切ることで、友人にも悩みを相談できるような普通の恋愛をすることができます。

近所の奥さんたちと井戸端会議で話すことができる。

会社の休憩時間に同僚に惚気けたり、愚痴ったりできる。

そんな普通の夫婦関係に戻ることができるのです。

人は誰でも他人と気持ちを共有することに楽しみや喜びを感じます。

その楽しみを取り戻すことができるのです。

不倫をやめる方法4選をご紹介!


それでは、具体的に不倫をやめる方法にはどんなものがあるのか?

ここでは4つの不倫をやめる方法をご紹介します。

独身であれば新しい恋愛を始める

ズルズル不倫をやめる方法の一つ目は、新しい恋愛をはじめるという方法です。

これは、独身の人にしかできませんが、今の恋人である不倫相手から自分の気持ちを断ち切るには一番の方法といえるでしょう。

不倫相手に対する依存が強いと感じている人は、この方法を試してみてはいかがでしょうか?

集中できる趣味を作る

配偶者がいる人にとっては新しい恋愛も不倫です。

ズルズル不倫をやめる方法としては実践不可能です。

その場合は、自分が集中できる趣味を見つけてみてはいかがでしょう?

恋愛だけが人生を生き生きとさせてくれることではありません。

趣味によって自分が輝くことで、生きているという充実を感じることができるでしょう。

連絡を取れないようにする

どうしてもズルズルと不倫関係を引きずってしまうのであれば、物理的に関係を断ち切るのも不倫をやめる方法となります。

  • 相手から連絡できないよう携帯の番号を変える
  • メールアドレスを変える
  • 思い切って引っ越す

など、相手とのかかわる方法をなくしていくのです。

最初は辛いかもしれませんが、ズルズルと不倫を続けていてもいつか別れが訪れるはずです。

少しでも早く確実にやめたいのであれば、こんな直接的な方法も選択肢のひとつとして考えてみてください。

 ひたすら不倫のデメリットを考える

最後に紹介する不倫をやめる方法は、ひたすら不倫のデメリットを考えるというものです。

ズルズル不倫をやめたいのなら、まずは不倫がなぜダメなのかという理由をひたすら考えてみましょう。

思いつかないという場合は、なぜ不倫がダメなのかネットで調べてみましょう。

「自分はこんなひどいことをしていたのか!」とか「自分はこうなりたくない」という不倫をやめるきっかけになるはずです。

他人の不倫での失敗体験談を調べてみるのもいいかもしれません。

もしそれでもズルズル引きずってしまうようなら・・・

 

不倫をやめる方法をいくつか試してみても、どうしてもズルズル不倫を断ち切ることができない人もいるでしょう。

そんな時は、次のようなことをおすすめします。

親や親友など第三者に相談する

不倫は他人には話せないというのが基本ですが、

「やめたいのにやめられない。」

「ズルズルと引きずられてしまってもう自分ではどうすることもできない」

となったら、他人に助けを求めるのも仕方ないでしょう。

親や親友など、自分が信頼できる人に思い切って相談してみるのです。

あなたのことを親身になって考えてくれる人なら、あなたの辛い気持ちとあなたが不倫をやめたいと思う気持ちを汲み取って話を聞いてくれるでしょう。

万が一、トラブルになってしまったら…男女問題に強い弁護士に相談してみる

ズルズル不倫がバレてしまい、配偶者、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されてしまった!という場合は必ず弁護士に相談しましょう。

あなた一人で立ち向かうことはかなり難しいし、心が折れてしまうことでしょう。

弁護士が協力してくれれば、慰謝料の減額や最短で解決できるかもしれません。

しかも最後まであなたに寄り添って問題解決の手助けをしてくれるはずです。

まずは相談だけでもしてみることを強く勧めます。

弁護士に相談する

不倫で悩んでいる人はこちらの記事もおすすめです!

ズルズル不倫をうまく断ち切る方法4つとは?のまとめ

ズルズルとやめられない不倫関係。

その原因はあなた自信の心の中に問題がありました。

そのひとつはズルズル不倫のデメリットをよく理解していないということがあげられます。

ズルズル不倫をやめたいのであれば、まずは不倫のデメリットとやめた時のメリットを意識しましょう。

それでも、不倫をやめられないのであれば、男女関係に強い弁護士に相談しましょう。

弁護士から不倫のデメリットを聞くうちに、自分の頭の中だけで考えていた不倫のデメリットが現実のものとして実感することもできるでしょう。

また、離婚や慰謝料問題が起きたときにも相談に乗ってもらえます。

この記事の作成者

ジコナラ編集部