不貞行為が原因で離婚をするために必要な証拠とは?

配偶者の不貞行為で離婚を考える人は多いですが、どんな証拠があれば離婚できるのかご存知でしょうか?不貞行為をしているはずだという推測だけでは残念ながら離婚は認められませんので、まずは確実な証拠集めから始めましょう。不貞行為を理由に離婚するための証拠、また慰謝料について解説していきます。

目次

不貞行為が原因で離婚を考えているなら”準備”はできてますか?

不貞行為が原因で離婚を考えているのなら、様々な準備が必要です。
 
不貞行為を立証するための証拠集めの方法を知り、離婚への道のりを学びましょう。
 
また、不貞行為を理由に慰謝料を請求することが可能かどうかについても解説します。
 
配偶者の不貞行為は離婚事由になりますが、離婚できないパターンもあるのでその辺りも合わせて確認しておきましょう。
 
不貞行為で悩んでいるのなら、勇気を出して離婚への第一歩を踏み出してください

不貞行為で離婚するためには証拠が重要です

不貞行為が原因で離婚するためには、まず証拠集めから始めましょう。一体どんなものが証拠になるのでしょうか?

不貞行為で離婚するための証拠(1) 不倫相手とホテルに出入りする写真、映像 

離婚の際、不貞行為の証拠になるのは、不倫相手とホテルに出入りする写真や映像です。
 
揺るがない証拠となり、不貞行為の有無を決定付けることができるでしょう。
 
日付や時刻、場所も鮮明に分かるようなものであれば、一層証拠として有効です。
 
画質はきれいな方が良いですが、人物像が確認できれば証拠として使えます

不貞行為で離婚するための証拠(2) 不貞の事実を認めた会話の録音

不貞行為の証拠として離婚に役立てるのなら、不貞の事実を認めた会話の録音も有効です。
 
本人が不貞行為を認める発言や、不貞行為が確認できる会話であれば証拠になります。
 
ただし、盗聴は同居している夫婦間であるならば犯罪にはなりませんが、プライバシーの侵害になる場合もありますので、おすすめはできません。

不貞行為で離婚するための証拠(3) メール、LINE

離婚するときに不貞行為の証拠になるものとして、メールやLINEも挙げられます。
 
不倫相手とのメールやラインでのやり取りが残っていれば、証拠として使用することは可能です。
 
しかし、メールやLINEだけで不貞行為を立証するのは難しいので、あくまでも補助的な証拠として役立ててください

不貞行為が原因で離婚をするなら、探偵事務所に相談し確実な証拠を集めることが大切

不貞行為が原因で離婚をするのなら、専門的な調査で確実な証拠が欲しいところです。
 
証拠集めは素人が行うには限界がありますので、探偵事務所に相談し、プロによる調査をしてもらうのが良いでしょう。
 
自分で集めた証拠よりも、探偵による証拠の方が裁判でも有効ですし、スムーズな離婚へと繋がります。

不貞行為で離婚する場合に”慰謝料”とれる?

不貞行為で離婚をする際には、慰謝料をとることはできるのでしょうか。それとも、慰謝料はなし?

不貞行為があったのなら慰謝料請求は可能

不貞行為の事実は本当になったのなら、慰謝料を請求することは可能です。
 
その際には、必ず証拠を示して不貞行為を立証する必要があります。
 
不貞行為があっても事実が認めらない限り、慰謝料はなしです。
 
配偶者の不貞行為を確信しているのなら、証拠を集めて慰謝料を請求しましょう。

不倫相手にも慰謝料請求できる

不貞行為による慰謝料請求は配偶者だけでなく、不倫相手にもできます
 
不倫相手と夫との性交渉等は、共同不法行為となるため、不倫相手にも慰謝料を請求できるのです。

また、不倫相手と夫は慰謝料支払い債務を連帯して負います。

ただし、不倫相手に慰謝料請求できないケースに注意! 

不倫相手に慰謝料を請求することは可能ですが、中には慰謝料請求できないケースもあるので注意しましょう。
 
まず、不倫相手が夫のことを既婚者だと知らず、かつ知らないことにつき過失がない場合には慰謝料を請求できません
 
このほか、不倫の時点で婚姻関係が破綻していた場合にも、慰謝料請求はできないので注意しましょう。

不貞行為の慰謝料請求に時効があることも知っておく

不貞行為には慰謝料を請求できる時効があります。
 
不貞行為と不倫相手を知った時から3年間が、慰謝料請求できる時効となっています。

慰謝料請求する前に、この時効が過ぎていないか確認しておきましょう。
 
万が一、時効が過ぎてしまった場合には、慰謝料を受け取ることがかなり難しくなるので注意しましょう。

不貞行為があっても”離婚”できない場合もある?

不貞行為があったとしても、離婚できない場合もあるって本当なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

不貞行為が離婚事由として認められないケース(1) 不倫の時点で婚姻関係が破綻していた 

不倫が始まった時点で婚姻関係が破綻していれば離婚事由として認められにくくなります。
 
たとえば別居の期間が長かったり、長期間セックスレスである場合には、離婚事由として認められません。
 
他にも重度のDVやモラハラがあるといった場合も同様です。

不貞行為が離婚事由として認められないケース(2) 自分にも婚姻関係破綻の責任がある

自分にも婚姻関係が破綻している責任があると判断される場合にも、不貞行為は離婚事由として認められない可能性があります。
 
配偶者の不倫は確かに違法ですが自分にも非があるのなら、一方的に相手を責めることは難しいでしょう。
 
配偶者の不貞行為を理由に離婚したいのなら、自分にも責任がないかどうかを今一度思い返しましょう

不貞行為が離婚事由として認められないケース(3) 不貞行為の回数が少ないなど

一度だけの不貞行為では離婚を認めてもらうのは難しいかもしれません。
 
何度も繰り返していれば離婚の理由として成り立ちますが、不貞行為の回数が少ない場合にも、離婚事由として認められにくいようです。
 

不貞行為で離婚を考えている人はこちらもおすすめです

不貞行為が原因で離婚をするために必要な証拠とは?のまとめ 

不貞行為を理由に離婚するなら、まず不貞行為の証拠集めから始めましょう。
 
証拠はできるだけ不貞行為を確実に証明できるものを集め、相手が言い逃れできないようにすることが大切です。
 
不貞行為の証拠集めは難しいので、プロである探偵に依頼をすることをおすすめします。
 
探偵であれば、本格的な捜査で、不貞行為の証拠をきっちり押さえることができるでしょう。
 
また、離婚の際には慰謝料請求をすることも視野に入れ、きっちりと罪を償わせるようにしてください。
 
不貞行為には時効も存在するため、できるだけ早く調査してもらうことをオススメします。

探偵に無料相談する

この記事の作成者

カケコム編集部