別居中の不貞行為で慰謝料とれる?ポイントは”夫婦関係の破綻”にアリ

配偶者が別居中に不貞行為(不倫)をしていた…。こんな場合慰謝料の請求は可能なのでしょうか。離婚を視野に入れていれば問題にならないのか、別居の期間は関係するのか、別居にまつわる不貞行為(不倫)と慰謝料請求の可否についてまとめてみました!

目次

 別居中の不貞行為(不倫)は問題になるのか?


別居中の不倫は法律的にアリでしょうかナシでしょうか。
 
色々な家庭の事情で、婚姻関係は継続しているけれど別居をしている夫婦だっていますよね。
 
こちらの目が行き届かないことを良いことに、配偶者が不貞行為(不倫)をしているかもしれないことに気がついたとき、あなたはどうしますか?
 
実は別居中においては慰謝料の請求ができる場合とできない場合があるんです。
 
あなたの場合にあてはめてみて、慰謝料を請求することができるのかどうか、離婚に有利になるのかどうか、考えていきましょう。

別居中の不貞行為で慰謝料請求できるのは【夫婦関係が破綻】していない場合


どのような場合だと別居中の不貞行為(不倫)で慰謝料請求ができないのでしょうか。

別居が夫婦関係破綻とされれば慰謝料は請求できません

実は離婚を視野に入れた別居をしている場合に不貞行為(不倫)を行った場合には慰謝料を請求することができません
 
家庭内別居であっても夫婦関係が破綻していたとみなされると慰謝料請求は不可となります。
 
お互いが離婚の意思を見せて別居を始め、その証拠などが残っている場合は、慰謝料の請求は諦めた方が良いでしょう。

別居=夫婦関係破綻の具体的な期間は?

実際、夫婦関係が破綻していることを立証するのは難しいです。
 
ですが一つの判断基準として長期間の別居は夫婦関係破綻とされることが多くなっています。
 
目安としての別居の期間は5年です。5年以上別居している場合は夫婦関係が破綻していると認められやすいです。
 
ただいこれはあくまで”目安”です。もっと長くても夫婦関係破綻とはならないケースもあればその逆もあります。

夫婦関係が破綻していないことを証明する必要があります

別居中の不貞行為(不倫)で配偶者とその不倫相手に慰謝料請求をしたい場合は、自分たちの夫婦関係が破綻していないことを証明しないといけません。
 
これがあれば破綻している、という明確な基準は存在しません。様々な要素を考慮することになります。
 
別居していても夫婦関係が破綻していないと認めてもらう際は、別居していても連絡をとっていることや、生活費を振り込んでいること、子供行事に参加していることなどや、別居に当たって同意があったことをまとめた合意書があることが証明できれば夫婦関係が破綻していないと認められる可能性が高くなります。

別居中の不貞行為で慰謝料請求できる【夫婦関係が破綻していない】別居とは?


別居は必ずしも夫婦仲が悪くてするものではありません。夫婦関係が破綻していないことが証明できて慰謝料の請求ができる別居は以下の通りです。

不貞行為の慰謝料請求できる別居(1) 単身赴任など正当な理由がある場合の別居

仕事の都合上、やむを得ず単身赴任で別居をすることもあります。
 
仕事の都合で5年以上の期間別居をしていたとしてもこの場合は夫婦関係の破綻とみなされませんので、この間に行った不貞行為(不倫)の場合は慰謝料請求ができます
 
単身赴任の他にも例えば親の介護のための別居でも正当な理由がありますので、別居中の不貞行為で慰謝料請求が可能です。

不貞行為の慰謝料請求できる別居(2) 夫婦関係改善のための別居

夫婦仲があまり上手くはいっていなけれど、お互いが前向きに冷静になるために別居をしている場合は夫婦関係の破綻には当てはまりませ
 
理由は夫婦関係改善のための別居になるからです。この間の不貞行為(不倫)も慰謝料請求対象になります。

不貞行為の慰謝料請求できる別居(3) 離婚の意思がない場合の別居

離婚の意思を持たずに別居をしている場合は夫婦関係の破綻とはみなされませんですから慰謝料の請求が可能となります。
 
ただし、こちらは離婚の意思がなくても相手側は持っている場合もあります。
 
(1)や(2)などの明確な別居理由もなく離婚の意思もなく別居をしようとしている場合は、必ず離婚の意思がないことを明確に証明しておく必要があります。
 
これといって夫婦関係が破綻していない証拠がないと慰謝料請求の難易度がアップしてしまいます。

別居中の不貞行為で不倫相手にも慰謝料請求できる?

許せないのは不貞行為(不倫)をした配偶者だけでなく、その相手もですよね。慰謝料請求の対象になるのかどうか見ていきましょう。

夫婦関係が破綻していなければできる

こちら側の夫婦関係が破綻していなければ、配偶者と同じく不倫相手にも慰謝料を請求することができます
 
しっかりと証拠をつかみ、言い逃れができない状態にしてから問い詰めると慰謝料請求の成功率もぐっと上がります。

ただし不倫相手に不貞行為の責任がないケースに注意

夫婦関係が破綻していない場合に不貞行為(不倫)をされたのに、不倫相手に慰謝料の請求をできないケースもあります。
  • 相手が既婚者だと知らなかった
  • 未婚だと偽られていた
  • 性行為を強要された

このような場合は不倫相手には不貞行為の責任が認められないので慰謝料の請求はできません。

不倫相手に慰謝料請求できるケース・できないケースについて詳しくは不倫相手への損害賠償請求(慰謝料)について詳しく解説しますも参考にしてください。 

別居前から不倫していたなら慰謝料請求が可能です


別居前から不貞行為(不倫)をしていて、隠して関係を続けていた場合には、別居後からの不倫よりも慰謝料の額が上がるかもしれません。

別居前から不貞行為が続いていたことを証明しよう

別居する前から不倫関係が続いていれば問題なく慰謝料を請求することができます。
 
今の不貞行為(不倫)がいつ始まりどのくらい続いているのかを突き止めましょう
 
別居前からの不貞行為(不倫)なのに、隠して別居に持ち込み、夫婦関係の破綻を理由に離婚をしてから不倫相手と公に付き合おうと考えている人間もいます
 
別居前から不貞行為(不倫)をしているのがバレれば世間体も悪い上に慰謝料を支払わないといけなくなるからです。
 
怪しいなと思ったら、絶対に証拠をつかむようにしましょう。

別居中の証拠集めは探偵事務所に依頼をすることをおすすめします

とはいえどもあなた自身が証拠を集めるのはかなり難しいと言えるでしょう。別居中ならなおさら相手の行動をつかみにくいものです。
 
こちらにも仕事や生活がありますから、四六時中見張ることもできませんよね。また、相手はあなたの顔をよく知っているわけですからバレてしまうリスクもあります。
 
不貞行為(不倫)の証明には証拠が不可欠です。慰謝料を請求したいと思っているのなら必ずつかまなくてはなりません。
 
ですから、配偶者の不倫の調査は探偵事務所に相談することをおすすめします。探偵に調査を依頼すればリスクを回避した確実な証拠集めが可能になります。

別居中の不貞行為で慰謝料請求を考えているのなら弁護士へ相談を

 証拠が入手できれば慰謝料請求!と意気込みがちですが、相場はご存知ですか?
 
こちらが不利にならないように話し合いをすることはできそうですか?感情的にならない自信がありますか?
 
配偶者の不貞行為(不倫)で身も心も傷付いているときに、完璧にやるなんて辛いし無理ですよね
 
絶対に許せない、慰謝料を必ずとってやると思っている方は弁護士に相談をしましょう。
 
弁護士は様々な不貞行為(不倫)の末の離婚のパターンを見てきています。必ずあなたの力になってくれます。
 
交渉に入ってくれるのはもちろん慰謝料の相場から不利にならない立ち回りまでアドバイスをしてくれます。
 
証拠が見つかる前、あやしいなと思っている段階から相談を始めた方が良いです。
 
不貞行為(不倫)は許されない行為です。弁護士に相談、依頼をしてしっかりと償いをしてもらいましょう。

弁護士に相談する

別居中の不貞行為について知りたい人はこちらの記事もおすすめ

別居中の不貞行為で慰謝料とれる?鍵は夫婦関係の破綻にアリのまとめ

 
世の中には様々な事情を抱えた夫婦がいて、別居を選んでいる夫婦も存在します。
 
そんな別居状態を良いように利用して、夫婦関係が破綻していないのに不貞行為(不倫)に走るのは言語道断です。
 
もしも夫婦関係が破綻していないのにも関わらず配偶者に不貞行為(不倫)をされた場合は、夫婦関係の破綻がされていないことを証明し慰謝料の請求を行いましょう。
 
不倫の慰謝料を請求する際は不貞行為の証拠を用意する必要があります。探偵事務所に相談し確実な証拠を手に入れることを強くおすすめします。
この記事の作成者

ジコナラ編集部