離婚したら学資保険はどうなる?離婚の前に知っておくべき学資保険について

離婚時の学資保険の取り扱いは悩みの種になります。多くの夫婦はお子様の将来に備えて学資保険に加入していますが、離婚をすると学資保険はどうなるのでしょうか。今回は離婚と学資保険の財産分与について、ご説明いたします。

目次

離婚をしたら今入っている学資保険はどうなるの?

はじめに、離婚した場合の学資保険の形式的な取り扱いについてご説明いたします。

夫婦が離婚をすると、財産分与が行われます。

この財産分与とは、夫婦が共同で築き上げてきた財産を両当事者に分配する制度です。

この時、現金や預金が財産分与の対象となるのは誰しも理解できるところですが、実は学資保険も財産分与の対象となります。

つまり形式的に考えると、離婚後は学資保険という1つの保険が財産分与により両当事者に分配されることになるのです。

そもそも学資保険とは?

離婚時の学資保険の財産分与について知るためには、そもそも学資保険とは何かを知る必要があります。

学資保険とは子供の将来の教育費のための貯蓄型の保険

学資保険とは、子供の教育を目的として、毎月一定の金額を積み立てるタイプの保険のことを指します。

毎月一定の金額を保険料として支払うことで、契約時に決めた時期にまとまった金額を得られるというものになります。

多くの場合、子供が一定の年齢に達した時に、まとまった金額を受け取ることになります

学資保険は教育費のみならず、万が一に備えた保険

このように学資保険は教育費の積み立てという性格が強いものですが、子供や親に事故等があった場合には、一定の給付を受け取ることができるものや、保険料が免除される内容のものがあります。

そのため、学資保険は単に教育費を積み立てるものではなく、緊急時に備えるための機能を持つものとなっています。 

離婚後の学資保険と財産分与について

学資保険の機能と構造がわかったところで、本題に入りましょう。離婚後、学資保険はどのように財産分与されるのでしょうか。

離婚後の学資保険と財産分与(1) 学資保険は夫婦の共有財産

離婚時に財産分与の対象となるのは、夫婦の共有財産のみです。
 
学資保険が共有財産に該当するか否かは、学資保険の保険料が夫婦の共有財産から支払われているか否かによります。
 
しかし、ほとんどの夫婦が2人の共有財産から保険料を支払っているでしょう。
 
つまり、離婚時には学資保険はほとんどの場合が夫婦の共有財産となります。

離婚後の学資保険と財産分与(2) 学資保険は財産分与の対象になる

学資保険は夫婦の共有財産に該当するため、学資保険は財産分与の対象となります。

財産分与においては、対象となる財産は両当事者で二分の一ずつに分けられる傾向にあります。

それは財産分与の対象となるものが現金であっても不動産であっても変わりません。

そして、学資保険であっても二分の一ずつに分けられることが多いでしょう。

離婚後の学資保険と財産分与(3) 学資保険を継続するか、解約するか決める

離婚に際して、財産分与により保険を二分の一ずつに分けるというのも難しい話です。

そこで、学資保険が財産分与の対象となっている場合は、はじめに学資保険を継続するのか、解約するのかを決める必要が出てきます。

それにより、どのような方法で学資保険の財産分与を行うかが決まります。

解約する場合には、払い戻された現金を分割することになるでしょう。

離婚後の学資保険と財産分与(4) 離婚後の掛け金の支払いについて

学資保険は子供の将来のために加入するものなので、離婚後の財産分与を経ても継続することが多いようです。

そうすると、離婚後の学資保険の掛け金を誰が支払うのかという問題が発生します。

ただし、学資保険が夫婦だった2人の子供のためのものである以上、離婚後の2人で共同して掛け金を支払うという方法もあります。

離婚後の学資保険の名義変更について

学資保険の掛け金を誰が支払うのかとは別に、離婚後に学資保険の名義をどうするのかという問題もあります。 

離婚後の学資保険の名義変更(1) 離婚を機に自動的に名義変更されることはないので注意!

離婚前の学資保険の名義が誰になっているかは個々の契約によりますので、まずは契約を確認してください。

多くの場合、学資保険の契約者は父親になっています

しかし、一般的に、離婚後に子供の親権者となることが多いのは母親です。
 
ここで、離婚後、学資保険の契約者と、学資保険を受け取る子供の親権者が違うという事態が生じます。
 
このような場合でも自動的に名義変更が行われるものではない点に注意しましょう。

離婚後の学資保険の名義変更(2) 名義変更をして契約者と親権者を揃えた方が安心

離婚後、学資保険の契約者と子供の親権者が異なり、名義変更が未完了であっても、学資保険の契約内容や受給者について直接的に影響が発生することはありません。

しかし、契約者と親権者が異なることにより不都合が生じる恐れもあります。

それは、学資保険が満期を迎えた時に受給できる保険金が契約者に渡されることにより、それが親権者を介して子供に渡されるかわからないというものです。

そのため、離婚後は名義変更を行い、学資保険の契約者と親権者を一致させた方が安心です。 

離婚後の学資保険の名義変更(3) 保険会社に連絡し、変更手続きを行う

こういった財産分与後の不都合を回避するためには、離婚後に学資保険の名義変更をする手続が必要になります。

離婚時にはこのような不都合が生じることが予想できなくとも、学資保険は子供のためのものなので、念のために名義を親権者とを一致させておく必要があるでしょう。
 
保険会社に直接連絡をすれば名義変更の手続きを行うことができます

離婚後の学資保険の財産分与や手続きについての悩みがあったら…


上述したもの以外にも、離婚時の学資保険の財産分与については、具体的状況に応じて様々な悩みが出てくるはずです。

まずは相手としっかりと話し合いましょう

離婚時に学資保険の財産分与について悩みや問題点が出てきた場合は、財産分与を行う両当事者で話し合いをする必要があります。

そこで、離婚の当事者が学資保険について正しい知識を持ち、悩みや問題点の原因になり得る誤解を解きましょう。

そうすることで、学資保険の財産分与における大半の悩みや問題点は解決できるはずです。

専門家である弁護士に相談することをオススメします!

万が一、それでも解決することのできない問題点が出てきた場合は、早い段階で弁護士に相談することをお勧めいたします。

弁護士を選ぶ場合は、離婚問題に強い弁護士を選びましょう。

そうすることで、離婚した夫婦の仲が余計にこじれることを防ぐことができ、それは子供のためにもなるでしょう。

離婚と学資保険についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください

離婚したら学資保険はどうなる?離婚の前にしっかりと知っておきたい学資保険についてのまとめ

以上のように、離婚時の財産分与では学資保険の取り扱いについて難しい問題が生じることがあります。

学資保険が財産分与の対象となることをうっかり見落としてしまう方も多いです。

学資保険は子供の将来を守るための保険です。そういったものが原因で離婚する親たちが争うことは避けたいものです。

学資保険の財産分与について悩みや問題点が出てきた場合は、まずは離婚の両当事者で話し合い、それでも事態が解決しない場合は弁護士に相談しましょう。

そうすることで、離婚後も子供の将来にしっかりと備えることができます。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部