離婚の絶望を乗り越える方法とは?〜後悔エピソード4選!〜

離婚の絶望を感じるのは仕方がないことです。離婚を切り出した側、切り出された側関係なく、生涯一緒にいると誓った相手との離婚は後悔をするものです。この記事では離婚の絶望からなんとか抜け出したい人のために、その解決方法をまとめました。

目次

離婚が精神に与える影響はかなり大きい…絶望を感じている人も多いのでは?

離婚して今までの生活が一変したことで絶望を感じる人は多いのではないでしょうか。
 
離婚前に後悔しないように考えていたとしても、実際に離婚をしてみないと自分の生活がどうなるのか分かりませんよね。
 
中には絶望感から回避するために復縁を考える人も少なくありません。
 
どうしたら離婚による絶望から抜け出せるのでしょうか。

離婚して絶望したこととは?

離婚をしてどんなことに絶望を感じるのでしょうか。
 
離婚を経験した人が絶望したことを4つにまとめました。

離婚後の絶望エピソード(1) 離婚してシングルマザーになってしまい、金銭的につらい

シングルマザーになる前は家計はなんとかなると見積もっていても、予想以上に出費がかさみ金銭的に厳しくなってしまったというケースがあります。
 
子供がいると満足に働くこともできず、自治体からの援助や元夫からの養育費をもらっていてもぎりぎりの生活になってしまいます。
 
そうなると子供に好きなものも買えず、自分も我慢ばかりの生活になってしまうことで離婚を後悔する人は多くいます。

離婚後の絶望エピソード(2) 浮気されて好きだったのに離婚してしまった

パートナーに浮気をされて感情的になった勢いで離婚をしてしまった方によくあるケースです。

その時は裏切られた絶望感から離婚を決意しますが、浮気がなければ大好きな相手であれば、離婚後の冷静になった時に相手の大切さに気付くこともあります。

そのため「浮気を許してあげれば良かった」と後悔してしまうのです。

離婚後の絶望エピソード(3) 子供と会えなくなった

離婚の際に問題となるのが子供の親権と面会についてです。
 
子供のことは何よりもきちんと話し合うことが重要です。
 
実際に焦って離婚の手続きをしてしまったがために、離婚後に子供に会えなくなってしまっては後悔してもしきれません。
 
他には相手の望む通り面会の頻度を少なくしたことによって、中々会えずに自分も子供も辛い思いをせざるを得ない方もいるのです。

離婚後の絶望エピソード(4) 普通に結婚生活を送っている人が羨ましい

離婚後周りの幸せそうな夫婦を見て、自分と比べて絶望してしまうケースもあります。
 
「少し前までは自分も同じように普通の結婚生活を送っていたのに…」という気持ちを抱く方もいるようです。
 
また、特に子供がいない場合は、ふとした瞬間に孤独を感じるてしまうこともあります。

離婚後の絶望から解放されたい人の解決策!〜復縁したい人〜

離婚後の絶望の解決策として、元パートナーとの復縁を考えている人はいませんか?
復縁をする際にここに気を付けて欲しいというポイントを紹介します。

復縁したい人がするべきこと(1) 少し冷却期間をおきましょう

離婚の原因がどちらにあったとしても、離婚してすぐに復縁を申し出るのは逆効果です。
 
冷却期間を設けて、お互いが離婚について何が悪かったのか冷静に考えられる時間を作りましょう。
 
しかし復縁したいのであれば、連絡は適度に取り合うようにして下さい。
 
最初は実際に会うのではなくメールなどで、お互いの近況報告や悩み事の相談をする程度にしましょう。

復縁したい人がするべきこと(2) 自分に非があることは誠心誠意謝る

復縁を目指す人で離婚の原因が自分にある場合、誠心誠意謝ることが大切です。

離婚話の時はお互い感情的になってしまい、悪い印象を持ったまま別れてしまう夫婦が多くいます。

復縁したいのであれば、その悪い印象を変えなくてはなりません。
 
そのためにはきちんと謝罪の気持ちを伝えるようにして下さい。
 
直接伝え難い場合は手紙やメールでも構いません。

復縁したい人がするべきこと(3) 子供、相手方の両親に協力してもらう

夫婦としては離婚という結果になったけれど、相手の家族とは良好な関係を続けていくことができれば復縁はしやすくなります。
 
自分の子供や相手の家族に協力してもらって、復縁の後押しをお願いできればとても効果的です。
 
相手も自分の両親と仲良くしているところを見たり、子供から頼まれれば、もう一度やり直すのもいいのではないかと考え直してくれるかもしれません。

復縁したい人がするべきこと(4) 焦らず、少しずつ進めていく

復縁に焦りは禁物です。
 
すぐに復縁したいからといって、こちらから積極的に連絡を取ったり復縁を求めていると相手に引かれてしまう可能性があります。
 
離婚後に悪い印象を持たれてしまうと復縁からは遠のいてしまいます。
 
復縁したい気持ちは隠しながら、適度な距離感で相手と付き合うよう心がけましょう。

離婚後の絶望から解放されたい人の解決策!〜復縁以外の方法〜

離婚後の絶望から抜け出す方法は復縁だけではありません。
自分の考え方次第で現状を変えることは可能です。

離婚後の絶望から解放されるために(1) 人生の第2のスタートを切ったと思い、開き直る

離婚後はパートナーがいなくなったことで、生活が落ち着くまでには慌ただしい毎日になることでしょう。
 
しかしその大変さを乗り越えれば、「新しい生活も悪くない」と思うことができるかもしれません。
 
離婚後の人生を充実させるためには、離婚をいつまでも嘆くよりも、「第二の人生を楽しむ」と開き直ることです。
 
自分の考え方次第で絶望から脱出することができるのです。

離婚後の絶望から解放されるために(2) 誰かに相談する

離婚後すごく辛い思いをしている方は一度自分の思いを吐き出してみて下さい。
 
一人で悶々と考えていては気持ちが落ち込む一方です。
 
家族や友人に相談するのもいいですが、カウンセラーなどの第三者に相談することをおすすめします。
 
自分たちのことを知らないからこそ客観的な意見をくれるはずですよ。

離婚後の絶望から解放されるために(3) 再婚相手を見つける

離婚した後は「もう結婚なんていいや」と結婚に対して悲観的になる方はいると思いますが、やはりパートナーがいると心強いです。
 
そのため再婚相手を見つけるのも一つの手です。
 
再婚をすることで精神的な安定と経済的な安定を得ることができます。
 
最初の結婚が失敗だったとしても、その教訓を次の結婚に生かしてみてはいかがでしょうか。

慰謝料や養育費のトラブルで後悔しているなら…専門家に相談を

もし絶望を感じている理由が離婚自体にではなく、離婚後に起きたトラブルによるものである場合は弁護士に依頼しましょう。
 
よくあるケースが養育費や慰謝料の未払い、子供の面会について決めた約束を守らない、元パートナーから嫌がらせを受けるなどです。
 
このようなトラブルには法律が関わってくるため、自分一人で解決しようとしてはいけません。
 
まずは離婚問題に強い弁護士に相談だけでもしてみて下さい。

離婚の絶望を乗り越える方法とは?〜後悔エピソード4選!〜のまとめ

離婚をして良かったと思う人もいるかもしれませんが、離婚後に全く後悔をしないという人はいないですよね。
 
離婚がもたらす絶望感は経験した人にしか分かりませんが、いつまでも離婚を引きずっていては時間の無駄ですよね。
 
この絶望を乗り越える手段もたくさんあるんです。
 
この記事を読んで、今の自分が今後どうしたいのか考えるきっかけにして下さい。

もし、離婚後の問題でトラブルになっているという人は、すぐに弁護士に相談することが必要です。
 
養育費など、離婚後に高額の金銭トラブルが生じることもありますから、そういう場合は法律のプロである弁護士に依頼して、なるべく早く解決することが必要です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部