離婚後の保険について知っておくべきこと・やるべきこと

離婚したら、保険がどうなるのか不安…という悩みを持つ人は非常に多くいます。今回は離婚後の保険の加入や変更、手続きについて分かりやすく解説していきます。正しく手続きを行わないと保険に未加入のまま、というケースもあるので、離婚の予定がある人は前もって知っておくことが必要になります。

目次

離婚したら保険ってどうなるの…?

離婚をしたら、保険は一体どうなるのでしょうか。
 
離婚後の生活を安心して始めるためには保険が必要ですが、どうなるのか不安だという人も多いはず
 
離婚をすれば自動的に保険の契約内容が変更になる、ということはありませんので、基本的に自分で手続きを行う必要があります。
 
ややこしいと思われがちな、離婚語の保険の変更や加入、手続きについて詳しくご紹介していきます。
 
健康保険や医療保険、扶養から抜けた後の保険の種類についても確認してください。

離婚後の保険は、旦那の扶養から外れるため自分で加入しなければならない

離婚後は(ほとんどの人が夫の)扶養から外れるので、各手続きを自分で行わなければいけません。詳しく見てみましょう。

離婚後の保険|公的医療保険の変更手続き

公的医療保険とは、医療にかかる際一部負担をしてもらうために必要な保険です。
 
何気なく入っている公的医療保険ですが、離婚後は変更手続きが必要になります。
 
離婚届の提出だけでは公的医療保険の変更は行われないので、自ら手続きを行ってください。
 
公的医療保険の種類は、以下の通りです。

公的医療保険の種類(1) 健康保険

公的医療保険の健康保険は、一般的な会社員の方が加入する保険です。
 
会社を通して加入できる仕組みになっており、婚姻時は配偶者の勤め先で世帯が一斉に加入することがほとんど。
 
離婚をして扶養から外れる場合には、配偶者の健康保険から抜ける必要があるのです。

公的医療保険の種類(2) 国民健康保険

国民健康保険は、会社などを通さず、加入者が直接加入する保険のことです。
 
自営業の方や専業主婦などは、国民健康保険に加入することになります。
 
国民健康保険は世帯で統一して加入するため、離婚をするのなら配偶者の扶養から抜けますので、自らが世帯主となり新たに国民健康保険に加入する必要があります

離婚後の子供の医療保険について

離婚をすると、自分の保険だけでなく、子供の保険についても不安になりますよね。どのような手続きが必要なのでしょうか。

離婚後の保険について|子供の扶養をどうするか

まずは、子供の扶養をどうするのかを考える必要があります。
 
夫の扶養に入ったままにするのか、それとも自分が新たに加入する保険に一緒に入るのかを決めなければいけません。
 
それぞれの扶養どちらに入るのかは離婚前に決めておくと、様々な手続きがスムーズになるでしょう。

離婚後の保険について|新たに自身が加入する医療保険に一緒に加入する場合

離婚後に自分自身が新たに加入する医療保険に一緒に加入する場合は、自分の加入手続きと子供の加入手続きを同時に行うのが良いです。
 
まず、元夫の扶養から抜ける手続きをし、新たに加入する国民健康保険等の手続きで加入の申し入れをします。
 
自分の扶養に子供が入ることで、その後の住所変更等がしやすくなります

離婚後の保険について|元夫の医療保険を引き続き使う場合

自分は元夫の扶養から抜けても、子供は元夫の医療保険にそのまま残りることもできます
 
その場合、元夫は離婚後も扶養家族がいることになるので、扶養控除を受けることも可能になります。
 
「子供が成人になるまで」など一定の年齢まで元夫の医療保険を引き続き使うことが多いでしょう。

離婚後の保険の手続き方法について

離婚した際の保険の手続き方法についてご紹介します。自分の職業によっても、離婚後の保険の手続きは異なります。 

離婚後の保険手続き|無保険の期間がないよう、離婚前から新しい保険の手続きをする

離婚をしても保険は自動的に切り替わりません
 
前もって新しい保険の手続きをしておかないと、無保険の期間が発生してしまいます。
 
離婚後の保険の手続きは、離婚前から行い、無保険の期間がないようにしましょう。
 
その間に病気や入院になってしまうと、保険を受けることができないので全額負担となってしまいます。

離婚前から新しい保険の手続き(1) 自らも会社に勤務している場合

婚姻時に専業主婦ではなく、自ら会社に勤務している場合には、姓の変更や住所の変更を届け出なければいけません
 
また、子供を扶養に入れるのなら、元夫から自分の保険に加入する手続きを行う必要があります。
 
会社に勤務しているのなら、まずは会社の担当者にその旨を伝えましょう

離婚前から新しい保険の手続き(2) 専業主婦の場合

婚姻時に仕事をしていないくて専業主婦であれば、まずは離婚により元夫の扶養から外れるため、自ら国民健康保険に加入する必要があります。
 
国民健康保険への加入は、役所の窓口で行うことができます。
 
離婚をしたらすぐに申し入れができますので、無保険の期間ができないよう、早めに手続きを行うようにしてください

離婚後の保険について不安があったら…

離婚後の保険については、様々な不安があるはず。分からないことがあるのなら、専門家が頼りになります。

その分野に詳しい専門家に相談することをオススメします

離婚後の保険の悩みはとても多くどうすればいいのか分からないという人も多いでしょう。

そんなときには、弁護士に相談するのがおすすめ

準備する書類や、自分にとって一番ベストな保険の加入方法を教えてくれるはずです。

離婚後の保険についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

離婚後の保険について知っておくべきこと・やるべきことのまとめ

離婚後の保険については婚姻時から計画をしておき、準備できることは前もってしておく方が離婚後の生活をスムーズに始めることができます。
 
健康保険や扶養についての知識は、ある程度付けておく必要があるでしょう。
 
また、離婚後の健康保険の加入や扶養について分からないこと、不安なことがあるのなら、迷わずに専門家に相談をしてみましょう
 
離婚をしてから無保険にならないためにも、離婚後の保険の準備はきちんと行ってくださいね

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部