同棲解消の注意点について|円満に同棲解消する方法とは?

同棲の解消はほとんど別れのようなもの、そう思ってしまうものですよね。しかし、実際にはプラスな理由があったり、今後を考えた上での同棲解消もあるようです。今回はそんな同棲の解消の様々な理由と同棲解消のための手順をまとめてみました。

目次

同棲解消は別れと同じ?

同棲には様々な意味合いがありますよね。
 
結婚前の準備期間としての同棲であったり、内縁のような、ほとんど結婚生活と同じ意味を持つ同棲であったり。
 
でも、二人での生活がうまくいかず、同棲を解消する、なんてことも考えられますよね。
 
離婚もそうですが、2人の別の人間が一つ屋根の下で暮らすのは実はとてもハードルの高いことなのです。
 
そんな同棲解消をするにあたって注意してほしいことがいくつかあります。確認していきましょう。

同棲を解消する理由とは

ではそもそも同棲を解消してしまう理由にはどんなものがあるのでしょうか?

同棲を解消する理由① 別れたいから

まず、やはり同棲解消する理由で大きいのが、別れるのと同時に同棲を解消するというものです。
 
元々は赤の他人の二人、いざ同じ屋根の下で暮らしてみると、今までは気づかなかった相手の嫌なところが気になりだし、もう一緒に住むなんて無理!と不満が爆発してしまう、なんてケースは非常に多いです。

どんな些細なことでも同棲することによって明らかになった価値観や育った環境の違いから別れ、同棲解消に至ってしまうのです。

同棲を解消する理由② 金銭的につらい

先ほどの理由とは別に、必ずしも同棲解消=別れとはならないケースです。

同棲にはやはりお金がかかります。家を借りて同棲している場合、一つの家に住んでるとはいえ大人二人が住める家、当然家賃は安くありません。

もともと実家暮らしだったの人の場合は、生活費の増加に耐えられなくなってしまうこともあります。

節約のために同棲を始めた二人であっても、意外と増える出費に困惑し同棲は諦めようか・・・なんて世知辛い理由ですが同棲解消となってしまうのです。

同棲を解消する理由③ のしかかるマンネリ感 

同棲解消の理由として意外と多いのが「こんな退屈だとは思わなかった」とマンネリを感じてしまうケースです。
 
(1)と少し似ていますが、こちらは何か不満があるわけではありません。
 
同棲をしているからといって何か楽しいことがあるわけでもなく、毎日同じ人間と日々を過ごせば少しくらいマンネリ化するのは仕方のないことです。
 
適度な距離感があったほうが良い関係を保てるというカップルも多いでしょう。
 
そんな二人にとってマンネリは同棲にひそむ大きな魔物であるのです・・・

同棲を解消する理由④ 実家の手伝い

彼(彼女)や自分の実家で同棲を始める、という方も多いでしょう。
 
家族の繋がりがより強く感じられ、現実味を帯びる「結婚」「夫婦」という喜びを感じることができると思います。
 
しかし、実家に住むということは実家の手伝いをある程度やらなければならないということです。
 
親が高齢の場合は世話や介護もしてあげなければなりませんね。
 
実際二人だけで住みたかったけれど家の都合で実家で同棲生活を始める、という例は意外と多いのです。
 
そんな実家のしがらみに嫌気がさした、そんな理由で同棲解消、というケースも少なくありません。
 
また、相手方の親が解消の理由になるケースもあるでしょう。
 
当然相手方の親と折り合いがつかなければ楽しい同棲生活なんてできたものじゃありません。

同棲を解消する理由⑤ 転勤

仕方ない理由で同棲を解消するケースです。今の時代、男女問わず転勤は当たり前です。
 
そんなことになったら当然同棲は続けられず、引っ越すことが必要です。
 
一度転勤があると「次もあるかも」と今後の同棲計画に影響を与えることもあるのです。

転勤先に一緒に付いていって同棲をするということも考えられますが、やはりまだまだ少数派です。

同棲解消=マイナスに捉えないことが大切

同棲を解消したからといって必ずしもマイナスになるわけではありません。同棲解消にはポジティブな意味ももちろんあるのです。

思い切って同棲解消することも大切|恋人の大切さが改めてわかるかも? 

ここまで読んでみると同棲ってなんか辛そう・・・と思ってしまうかもしれませんが、同棲をして失敗したということから学べることはたくさんあります。
 
 まだまだ同棲するにはお金が足りなかった、もっと愛を深めてからにしよう、こんなところがイヤだから結婚までに直してもらおう、それらは全て夫婦になる一歩手前の二人にとっては貴重な経験です。
 
ですから一度離れてみて、深く考えて見る機会を得た、と考えればいいのです。
 
同棲解消することで恋人の大切さが改めてわかるかもしれませんよ。

同棲しない恋愛の形も考えてみる

恋愛の行き着く先が必ずしも同棲だとは限りません。
 
特に今の時代、一度も同棲を踏まず結婚する人も少なくないですし、結婚したとしても新しい夫婦の形として離れて暮らす夫婦もいます。
 
週末婚とか別居婚と呼ばれるものです。

ですから同棲解消をすることをあまりネガティブに捉えすぎないことが大切です。

同棲解消は計画的に

同棲解消は無計画でやると痛い目に|家賃や荷物だけではない

同棲解消して引っ越しが決まっても、いきなり家を飛び出したり、無計画に同棲解消してはいけません
 
同棲解消にあたっては考えなければいけないことがたくさんあります。
 
これをおろそかにしてしまうと後々家賃や退去、家具の分け方などトラブルになってしまうことも考えられます。
 
しっかりと二人で計画を立ててから実行に移すようにしましょう。

タイミングも大切

同棲解消して引っ越しをするタイミングもとても大切です。

同棲解消で引っ越しをするのにいいタイミングとは一言で言ってしまえば自分が元気な時です。

同棲解消のためにすることは意外にたくさんあります。

気分が暗く落ち込んでいたり、病気で体が弱っていたりするときには同棲解消は避けるべきでしょう。

また、同棲解消の寂しさを紛らわすには他のことに集中するのが最も手っ取り早いです。

自分にとって仕事のターニングポイントやスキルアップを目指すタイミングで、同棲解消をすると新しい一歩を踏み出した、と思えるいいきっかけになるでしょう。

バイタリティ溢れるときに同棲解消は行いたいものですね。

同棲解消の準備(1) 新たに住む家を探す

まずなんといっても、次に住む家が決まってないのに同棲解消をしてしまっては路頭に迷うことになります。
 
引っ越しのために、マンションやアパートを借りるのであればなるべく早く手続きをする必要があります。
 
最低でも引っ越し1ヶ月前からは動き出していないと新居選びを失敗してしまうかもしれません。
 
また、家賃に加えて家具や家電も新たに買うことも考えたら、初期費用はなるべく抑えられるところを探すのがいいでしょう。
 
もちろん、実家に戻る人も事前にそのことを連絡しておかないとお互いが困ってしまいます。同棲を解消するにはまず家探しから。 

同棲解消の準備(2) 荷物の整理

同棲していた家には共用で使っているものがたくさんあるでしょう。家具家電がその代表例です。
 
いざ引っ越しする日になって、「その炊飯器は置いていって!」なんて揉め事にならないためにも、何をどうするか、きっちりと決めておきましょう。
 
あとでトラブルにならないようにリストを作るの効果的でしょう。

ですが中にはどうしてもものを分けられない・・・なんてカップルもいます。
 
そんなときは家にあるものを全てお金に変えて二人で折半する、というやり方もあります。

同棲解消の準備(3) 費用の清算 

同棲解消に当たって、主に家賃など同棲の費用をしっかりと清算しておく必要があります。
 
家賃をはじめとする生活費の清算、そして引っ越しにかかる費用、退去にかかる費用、その他の手続きで発生するお金、それらをきっちりどうするか決めておかないとトラブルになり、気持ちのいい同棲解消はできないでしょう。
 
お金の清算は基本的に折半にすることが多いですが、状況に応じて二人で協議し一番納得のいく清算をすることをおすすめします。

同棲解消の準備(4) 家の解約手続き

今住んでる家を二人とも引っ越しをするのであれば退去のための手続きをしなければなりません。
 
不動産の退去の手続きはすぐにできるものではなく、前もって管理者と連絡を取る必要があります。
 
また不動産だけではなく、郵便物の届け先変更や公共料金の手続き、インターネット回線の解約、火災保険の更新など、家の解約に付随してやらなければいけない手続きはたくさんあります。

事前にしっかりと計画的に準備をすることがお互い気持ちの良い同棲解消をする一番のポイントとなることを忘れないようにしましょう。

同棲解消時にトラブルになってしまった場合はどうしたらいいの?

まずは話し合ってみる

残りの家賃などお金のことでトラブルになったら、まずはもう一度話し合ってみましょう。
 
共同で買った家具の持分に納得していないなら売ってお金に変えて折半するという方法もあります。

また、同棲前に何らかの取り決めをしているのであれば(合意書を書いているなど)それを確認し、もう一度話し合いに臨むことで解決することもあります。
 
冷静に話ができないのであれば第三者を間に立てて、要点を絞って話し合うなどの工夫が必要です。 

弁護士に相談する

同棲解消時のトラブルがもう自分たちの手に負えない、ということになったら弁護士に相談することをおすすめします。

例えば同棲解消にあたって相手から慰謝料を請求された場合などです。

基本的に夫婦ではない二人が同棲を解消する際は、慰謝料の問題になることはありません。

ですがもし婚約していたり、内縁関係の場合には話が別で慰謝料が発生する場合があります。

それらの判断、つまり内縁にあったのか?婚約していたのか?という判断には専門的な知識が必要ですし、トラブルになったときは冷静な判断ができず、気づいたら相手の良いように丸め込まれていた・・なんてこともあるかもしれません。

ですから同棲解消でトラブルになってしまったら、弁護士に相談してその後の対応を決めるようにしましょう。

弁護士に相談する

同棲解消についてお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください!

同棲解消=別れにならない!円満に同棲解消する方法とは?のまとめ

円満に同棲解消して引っ越しをするには、まず計画を立てることが大切です。
 
家賃を含むお金のこと、荷物のこと、引っ越しのこと、これから住む家のこと、どれもちゃんと準備をしなければあとでトラブルになります。
 
同棲解消して別れる場合には、同棲解消した後に話し合いのため何度も顔を合わせるのは避けたいですよね。
 
お互いにとって気持ちよく同棲解消にするためにも、早めの準備を忘れないようにしましょう。
 
もし家賃や慰謝料など金銭面でトラブルになってしまったら弁護士に相談することをおすすめします。
この記事の作成者

ジコナラ編集部