離婚を迷う人が決断した理由5つと後悔した理由5つを紹介します!

離婚したくない理由ことは、新婚でも、熟年のご夫婦でも、かなり大多数の夫婦に訪れる問題です。では、実際に離婚した人たちは、どのような理由で離婚を決断したのか、そして離婚をして後悔したことはどんなことか、気になりますよね。ここでは、離婚に迷うことを経験しながらも、離婚した人々の決断理由と後悔の詳細についてご紹介します。これを読めば、あなたの離婚の迷いも解決するかもしれません。

目次

離婚しようか迷っている方、意外と多いですよね・・。

 
生活の中のすれ違い、思いやりのない言動、価値観の違い、ギャンブルやお酒への依存、暴力・暴言など、離婚を考えるきっかけはさまざまでしょう。
 
結婚生活は、まったく異なる環境で育った二人が新たな文化をつくるという偉業です。
 
それが困難だからこそ、多くの人が離婚に迷うのではないでしょうか?
 
では、離婚を迷う過程を越えて、実際に離婚した人は、離婚をどのような理由で決断したのでしょうか?

離婚を迷っていた人が離婚を決断した理由

 
離婚に迷う夫婦が、最終的に離婚という決断を下す背景には、以下のような理由があるようです。

離婚を決断した理由(1) 夫(妻)のDVが激しかった

離婚を決断した理由は、配偶者による暴力であることが多いようです。
 
自分だけならまだ何とか我慢できていても、子どもにまで暴力の手が及んだその時、離婚を迷うことなく決断する方は少なくありません。

離婚を決断した理由(2) 大きな借金があった

配偶者が隠れて巨額の借金をしていた場合、それが発覚した時が離婚の決断の時のようです。
 

借金をしていたことも許せませんが、それを隠していたことも許せないでしょう。

離婚を決断した理由(3) 浮気・不倫

離婚を迷うのは、まだ配偶者に対して愛情が捨てきれないからかもしれませんが、不倫されていたことが明らかになった場合、100年の恋も冷め、迷うことなく離婚を決断するようです。

離婚を決断した理由(4) 性格が合わず、喧嘩ばかりしていた

価値観や性格の不一致という離婚理由は非常によく見聞きしますが、性格や価値観が合わないと、喧嘩になったり、挙句の果てに家庭内別居からの離婚というケースもあります。
 

喧嘩も毎日であればかなりのストレスですから、迷うことなく離婚を決断できるのでしょう。

離婚を決断した理由(5) 子供のことを考えた結果

  • 配偶者との険悪な雰囲気の中で子どもを育てたくない
  • 配偶者と子どもの教育観が合わない
  • 配偶者が子どもに対して暴言を吐く 
このように、子どものためを思っての離婚を決断する方もいらっしゃいます。

離婚を後悔している人の意見も参考に!

 
離婚を決断しても、それを後悔している方もいるようです。

離婚を後悔している理由(1) 自分の理想が高すぎた

離婚を決断して、実際に離婚したのはいいものの、一人になって自分自身と向き合い、結婚に対する自分の理想が高すぎたことに気がついて、離婚を後悔する方もいます。

離婚を後悔している理由(2) 経済的に厳しくなった

結婚してから専業主婦になった方の中には、離婚を経て財産分与をしたとしても、路頭に迷うまでいかなくとも、ひとりで生活を維持することが難しくなって、離婚を後悔する方もいます。
 

生活水準を上げるのは簡単ですが、落とした生活水準に再度馴染むのは、大きな苦痛・屈辱を伴うでしょう。

離婚を後悔している理由(3) 離婚の時に決めていたことが守られていない

離婚決定時に定めた慰謝料や、子どもとの面会などについて、離婚時の決定事項が守られていない場合、離婚を決断した意味がなかった…と、離婚を後悔する方もいます。

離婚を後悔している理由(4) 一人というものが孤独

離婚を決断し、実際に離婚したのはよいものの、子どももいなくて、パートナーもおらず、まったくの一人暮らしになった場合、孤独感から離婚を決断したことを後悔する方もいます。

離婚を迷っている人が"する・しない"の決定のためにすること

 
離婚に迷う方は、離婚を決断するその前に、後悔しないための対策をする必要があります。

離婚する・しないはこう決める(1) なぜ離婚をしたいのか紙に書き出して考えてみる

まずは、そもそもなぜ離婚をしたいのか、その理由を紙に書き出してみることをおすすめします。
 
普段、漠然と感じている不満は、紙に書き出すと、それほどでもないことだったり、何か対策を講じることができるものだったりします。
 
離婚か、このままか迷う…頭の中がネガティブな感情で占められている時ほど有効な手段です。

離婚する・しないはこう決める(2) その理由が解決不可能かどうか考える

紙に書き出してみて、その理由が本当にどの角度から見ても解決不可能かどうかを考えてみましょう。
 
離婚に迷うこということは、迷うなりの理由がある、つまり、離婚を思いとどまる理由があるはずです。
 
その気持ちも含めて、解決不可能かどうかをよく考えましょう。

離婚する・しないはこう決める(3) 解消不可能だったら、離婚が最善なのか考える

紙に書き出してみても、問題解決することが不可能であれば、本当に離婚が最善の策なのか、もう一度考えましょう。
 
たとえば一緒に暮らさなければ問題が生じないのなら、別居と言う方法もあるでしょう。
 
離婚を決断するしかないのかどうか、再考してみる必要があります。

離婚する・しないはこう決める(4) 離婚したらどうなるのかも知っておきましょう

離婚を決断した後に後悔しないためにも、離婚後に何が待っているのかを知っていれば、後悔することを防げるばかりでなく、心と環境の準備ができるはずです。
 
離婚することによって何が変わるのかについては、離婚について最低限知っておくべき基礎知識!も参考にしてください!

離婚する場合、あなたが損したくないのであれば弁護士をつけることをおすすめします

離婚に迷う段階を乗り越えて、離婚を決断した場合、お金や住み家について後悔しないためにも、弁護士に相談することをおすすめします。
 
協議離婚で済めばよいですが、もしも調停離婚、裁判離婚に至った際には、あまりの面倒臭さに、離婚を後悔する方もいらっしゃるでしょう。
 
新たな人生のスタートを迷うことなく気持ちよく始めるためにも、弁護士に相談することによって、法的な手続きについて迷うことなく進めることができるでしょう。

離婚を迷う人が決断した理由5つと後悔した理由5つを紹介します!のまとめ

 
離婚に迷う方は、きっと離婚を迷うだけの理由があるでしょう。配偶者への不満、環境への不満、義実家への不満…。離婚に迷うということは、そのような不満もあるけれど、思いとどまる理由もあるということです。
 
あなたが離婚に迷う時、離婚したい理由と、離婚を思いとどまる理由を整理してみましょう。
 
どうしても離婚に迷う時には、思考回路がネガティブになりがちです。時には友人や親に相談してみて、第三者の意見をきいてみるのもよいでしょう。
 
そして、後悔のない離婚をしたい場合は自分だけで迷うのではなく、弁護士に相談するという手もあることを忘れないでください。法的な観点から、あなたの離婚の決断について、客観的にアドバイスしてくれるでしょう。

離婚問題に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部