離婚が息子や娘に与える影響は?これだけは離婚する前に知っておきたい!

離婚が息子や子供に与える影響はどれくらいなのでしょうか。夫婦が離婚するケースは多くありますが、息子や娘がいた場合は子どもの心理状況や影響まで理解しているでしょうか?両親の離婚の影響によって子どももストレスを感じることも珍しくないので、十分に注意する必要性がありますね。

目次

離婚を息子や娘はどう思っているの?

両親が離婚を考えることはもちろん、息子や娘など子どもたちへの影響や心理状況がどうなっているのかも気になりますよね。
 
子どもが何を考えているのか完全に理解するのは難しく、両親が思っていることと正反対のことを考えている場合もあるでしょう。
 
大好きな両親が離婚する際にどちらかに付いていく選択を迫られるのは、子どもにとって大きな影響を与えたり、ストレスを感じることにもなります。
 
また子どもは親のストレスを感じ取ってしまうこともあるでしょう。

離婚について息子や娘はどう感じる?

両親の離婚によって子どもに与える影響というのはどんなものなのでしょうか。
 
はたして息子や娘は離婚について理解しているのか気になりますよね。

離婚について息子や娘はどう感じる?(1) 小さな子供であっても"離婚"は理解できる

まだ小さい息子や娘が離婚を理解できるかどうか不安になるかもしれませんが、たとえ小さくても離婚は理解できる子もいます。
 
というのも、いくら小さいとはいえ、それまで両親の離婚の話し合いや家での母親と父親の接し方など、離婚を感じさせるサインというものがあります。
 
小さな息子や娘でもそのサインを感じ取ることで離婚を理解するのでしょう

離婚について息子や娘はどう感じる?(2) お金がないというのは子供であってもストレスになることがある

お金がないストレスというのは、子どもに気を遣わせてしまう原因にもなります
 
親権はほとんど母親が持つことになりますが、離婚すれば夫の収入がなくなる分生活が苦しくなっていくでしょう。
 
息子や娘はそんなお金がない状況を理解し、自分にかかっているお金を可能な限り少なくさせようとします。
 
たとえ親が良くても、息子や娘は意外と先のことまで考えているのです

離婚について息子や娘はどう感じる?(3) 親のストレスを感じ取ってしまう

子どもは親の一番近くにいるからこそストレスを感じ取りやすくなります。
 
どんなに小さな子どもでも親が悲しんでいたり苦しんでいたりすると、そのストレスを肌で感じ取るように影響するのです。
 
親としては子どもに影響しないように上手く隠しているつもりかもしれませんが、それでもひしひしとストレスが伝わっている可能性が大いにあります。

離婚について息子や娘はどう感じる?(4) 夫婦が争ってるところを見なくて済むようになってよかった

両親が離婚したら、息子や娘は夫婦が争っているところを見なくて済むようになります

夫婦の争いというのは息子や娘に与える影響が強く、子どもが一番ストレスを感じやすくなっているときといっても過言ではなく、争いがなくなれば嫌な環境から抜け出すことができるでしょう。

両親が争う姿を見たくないというのが子どもの心理なので、親としても早く離婚した方が子どものためになります。

離婚について息子や娘はどう感じる?(5) 離婚した後の方が幸せ

離婚が子どもに与える影響というのは悪いことばかりではなく、前向きになれる影響も与えられます。
 
両親が離婚したら夫婦の争いもなくなりますし、親と息子や娘だけで暮らせるので問題なく生活できる方が幸せに感じるでしょう
 
息子や娘としてもこれ以上親が悲しむ姿を見たくないと思うのは当然であり、むしろ親と協力して生活していることに喜びを感じることもあります。

離婚が息子や娘に与える影響とは?

離婚によって子どもに与える様々な影響がありますが、起こり得る問題もあります。
 
どのような問題が考えられるのでしょうか。

離婚が息子や娘に与える影響(1) 学校で孤立してしまうかも 

まず、両親が離婚したことによって子どもが塞ぎ込みがちになり、学校で孤立してしまう問題が挙げられます。
 
片方の親がいない息子や娘の影響は予想以上に大きいもので、周りに何か言われるのではないかという心理が働き、受け身のような状態になりがちです。
 
今では一人親の家庭は珍しくありませんが、家庭の変化の影響で子どもの学校での過ごし方や立場は多少変わるでしょう。

離婚が息子や娘に与える影響(2) 人に気を使いすぎてしまう

離婚した際に子どもに与える影響として、誰にでも気を使いすぎてしまうことが挙げられます。

親が離婚していることを隠すつもりではありませんが、あえてそれをいう必要性がないと判断し、周囲の人達に気を使いながら過ごしているケースが多くあります。

その背景には、息子や娘自身が誰かに離婚していることに関して同情されたくないという心理状況からきているものでしょう。

離婚が息子や娘に与える影響(3) 親が嫌いになる

離婚したことで息子や娘が親に対して不信感を持つこと、そして親が信じられなくなって嫌いになることといった深刻な影響を子どもに与える恐れもあります。

息子や娘にとって大好きだった親が離婚するのは裏切り行為にも等しく、その喪失感から親が嫌いになるケースも少なくありません。

親としては離婚したときの息子や娘のケアを怠らないようにする必要性があるでしょう。

離婚が息子や娘に与える影響(4) 愛情を感じることができない

離婚しても息子や娘に対して愛情を注いでいるかもしれませんが、肝心の息子や娘は親からの愛情を感じることができなくなったケースもあります。
 
息子や娘の年齢にもよりますが、本当に自分のことを愛しているんだろうかと親を疑ってしまうようになるのです。
 
深刻に捉えていることも多いので、息子や娘がどんなことを考えていても嘘をつかずに真正面から向き合うことが大切です。

離婚後に息子や娘と面会はするべき?〜子供の心理とは〜

離婚してしまった影響の強さから、子どもは親に会いたくないと思っているかもしれません。
 
面会はした方が良いのでしょうか?

子供の福祉上、父母がいた方が良いとされている

両親が離婚してしまったとはいえ、二度と片方の親に会えなくなるわけではありません。
 
子どもとの面会は福祉上、父親と母親がいた方が良い影響を与えます
 
たとえ父親がいなくても子どもにとって父親の存在は必要不可欠なものなので、面会をして成長を肌で感じて褒めてあげることが息子や娘の心身の成長のために何よりも大切なことなのです。

子どもの口から「会いたくない」というようであれば会わせない

離婚した親との面会を行った方が子どもに良い影響を与えやすいとはいえ、子ども自身の口から会いたくないと言うのであれば会わせない方が良いでしょう
 
息子や娘が会いたくないと言ってるのに、無理矢理面会させるとますます親への反発が強くなり、気持ちが不安定になる恐れがあります。
 
無理に会わせる必要性はないので、会いたいというまで待つのが得策です。

離婚後、息子や娘に嫌な思いをさせたくないのであれば離婚するときの取り決めが重要!

離婚するときの取り決めは、今後の子どもへの影響を左右する重要なことです。
 
何に気を付ければ良いのでしょうか。

離婚後、息子や娘に嫌な思いをさせないために(1) "公正証書"で取り決めをしておくこと

どのような離婚の方法でも公正証書によって取り決めを行うのが理想的です。
 
公正証書は強い証拠となるので必ず作るようにしましょう。
 
たとえ夫婦が話し合いによって納得する協議離婚を行う場合でも、その内容を公正証書によって取り決めておくことが大切です。
 
特に子どもに大きく影響する養育費や面会権などは必ず公正証書に残すようにしましょう
 
きちんと取り決めておかないと、後でトラブルになりかねません。

離婚後、息子や娘に嫌な思いをさせないために(1) トラブルにならないためには弁護士が必要

離婚の際の話し合いによって書面に残すといった取り決めを行っていても、離婚した後にトラブルになることも少なくありません。
 
離婚した後にもかかわらずトラブルが発生すると、子どもに何らかの影響を与える可能性があります
 
そして離婚後のトラブルで子どもに余計な影響を与えないためにも弁護士に相談して上手く解決するようにしましょう

離婚が息子や娘に与える影響は?これだけは離婚する前に知っておきたい!のまとめ

離婚する話は親の問題だけでなく、子どもにも大きな影響を与える重要な問題です。
 
対応を間違えれば子どもの気持ちをより不安定なものにさせてしまいますし、親が息子や娘に対して何も悪くないと良い聞かせる必要性があるでしょう。
 
もしも親が息子や娘に対して良い聞かせる自信がないのであれば、離婚後のトラブルを起こさないためにも弁護士に相談しましょう。
 
弁護士に相談することで、円満に離婚しつつ、子どもに対する影響を最小限に抑えることができるかもしれませんよ。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部