自己破産で離婚したい、、養育費や慰謝料はどうなる?

自己破産で離婚はできるのでしょうか。夫が借金などをして自己破産をするといい出したら、どうして良いのかわからなくなる人もいるのではないでしょうか。今回は、自己破産が離婚事由になるのかについてみていきたいと思います。

目次

自己破産で離婚したい、、

自己破産というとどうしても良いイメージが湧きませんよね。
 
どうしても借金を返すあてがないのであればやむを得ないのかもしれません。
 
それでも夫が自己破産をするだなんて、世間体が気になりますし、妻である自分の財産や子どものための貯金までとり上げられてしまうのでは?と思う人もいるでしょう。
 
しかもそれが夫の勝手につくった借金なら尚更です。
 
こういったお金の問題、自己破産の問題で離婚をすることは可能なのでしょうか?
 
この記事では自己破産にまつわる離婚についてまとめています。
 
もしも夫の自己破産で離婚を考えている方がいれば、参考にしてみてください。

自己破産を理由に離婚できる?

自己破産は離婚理由となるのでしょうか?

協議離婚・調停離婚なら離婚可能

まず離婚の方法には3種類あります。2人の話し合いで決める協議離婚、調停委員に間に入ってもらう調停離婚、裁判で決めてもらう裁判離婚です。
 
この協議離婚、調停離婚であれば自己破産を理由とした離婚は可能です。
 
ただし、夫の同意がないと離婚できません。あくまで話し合ったうえ、両者が納得しないと離婚とはなりません。

自己破産の離婚事由、どれに当てはまる?

協議離婚ができず、調停を起こしたけれど調停離婚も不成立だった…。
 
それでも離婚したい場合、離婚裁判を提起することになります。
 
離婚裁判では裁判所が公正な目で離婚すべきかどうかを判断してくれます。
 
ただし、裁判を提起するためには民法で定められた離婚事由が必要となります。
 
それを満たしていなければ、離婚はできないと判決を下されます。

自己破産は民法770条1項1~4号に挙げられていないので、5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」に当てはまるかが問題になります。

ただ、次に説明するように、他の離婚事由と合わせて主張するほうがよいでしょう。

自己破産が離婚事由にならなくともその他の原因があるのなら離婚は可能

ある種当然ですが、自己破産が離婚事由として認められないとしても、自己破産以外の離婚事由があれば、離婚請求は可能です。

夫が生活費を浪費してしまう、勝手に家を出て行ってしまっている、不倫をしているなどの事情があれば、離婚が認められる場合があります。

自己破産が離婚事由として認められるケース

自己破産だけで離婚事由になる場合は多くないでしょう。
 
どんなケースには離婚請求が認められるのでしょうか。

自己破産が離婚事由として認められるケース(1) 自己破産の末、配偶者の財産を浪費する

配偶者の財産を浪費することは離婚事由の「悪意の遺棄」に該当する可能性が非常に高いです。
 
「悪意の遺棄」は、夫婦の協力義務に違反する場合に認められるものだからです。

自己破産が離婚事由として認められるケース(2) 自己破産の末、暴力を振るうようになった

お金がなく、心に余裕がなくなれば暴力的になることがあります
 
もしも妻であるあなたに対し、DVがある場合は離婚事由として認められます。
 
こちらは離婚事由である「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」に該当します。
 
DVはそれだけで離婚原因となります。
 
診断書やそのほかの証拠をしっかりと取り、証明できるようにしておきましょう。

自己破産が離婚事由として認められるケース(3) 借金に嫌気がさし、勝手に家を出た

夫が勝手に家を出ていた場合でも離婚が可能な場合があります。
 
この場合、夫婦の同居義務に違反し、離婚事由である「悪意の遺棄」が認められると考えられるからです。
 

自己破産が離婚事由として認められるケース(4) 事故破産後、長期間別居状態

勝手に家を出た場合でなく、合意のうえで別居をしている場合であっても、 別居が長期間であれば離婚原因と認められやすくなります。
別居期間が長ければ長いほど有利です。
 
裁判所は「婚姻を継続し難い重大な事由」があると判断すれば離婚を認めてくれますから、できるだけ長い期間別居しておけば離婚請求が認められやすいというわけです。

まずは離婚問題に強い弁護士に相談を

以上、自己破産にプラスして訴えれば離婚可能となる事由をお伝えしましたが、間違った訴えをしていると裁判所は認めてくれませんし、時間とお金を無駄にするだけです。
 
夫の自己破産で離婚をしたい場合は、まず離婚問題に強い弁護士に相談してみましょう。
 
妻側からの視点ですべてを話せば、離婚可能かどうか、不可能であれば可能にするのにはどうすれば良いか教えてくださいます。
 
そして調停離婚や裁判離婚で弁護士は活躍してくれます。長い目で見た場合、弁護士にお任せする方がスムーズに離婚できる場合が多いでしょう。

自己破産で離婚すると養育費や慰謝料はどうなる?

自己破産はお金がないから、するのですよね。
 
「じゃあ子どもの養育費や慰謝料はもらえないの!?離婚してからのほうが大変なの?」と不安になりますがご心配ありません。

自己破産で離婚する場合の養育費と慰謝料(1) 養育費の義務は自己破産したとしても消えない

養育費の支払いは義務です。ですから自己破産をした夫でも、親子関係にある以上は養育費の支払い義務があるのです。
 
調停離婚や裁判離婚をした場合は、養育費の額や支払い方法なども細かく決めていると思いますが、協議離婚の場合でもしっかりと決めておきましょう。
 
公正証書に残しておかないと、言った言ってない、の泥沼に陥ってしまいます。
 
きちんと合意したことは公正証書に残しておきましょう

自己破産で離婚する場合の養育費と慰謝料(2) 悪意に基づく不法行為の慰謝料は免責されない

悪意に基づく不法行為をしていた場合は慰謝料の請求が可能です。

たとえば夫が不倫もしていた、妻にDVをしていた、精神的に追い詰めるような仕打ちをしていたといったケースがこれに当たると考えられます。

自己破産で離婚する場合の養育費と慰謝料(3) ただし払ってもらえるかは別問題…きちんと取り決めを

慰謝料も養育費も夫に対して請求できますし、夫は支払う義務があります。
 
ただ、いくら支払うという判決がおりても、お金がない夫が支払えないという可能性は大いに考えられます
 
 
よく銀行口座の差し押さえも耳にしますが、口座にお金がないのであれば差し押さえたところで意味もありませんよね。
 
給与の差し押さえも、働いていないと不可能です。
 
収入もない、もしくは少ないから自己破産をしているわけですから、支払える程度の額を要求しておかないと、せっかく慰謝料や養育費の取り決めをしても支払われない可能性があるのも事実です。

自己破産で離婚する場合の養育費と慰謝料(4) それでも払えないといわれたら、専門家に相談を

裁判所が認めたとはいえども、あまりにも高額である場合は夫も支払えないことがあります
 
妻側からしてみればしっかりと支払ってもらいたいという気持ちでいっぱいだと思いますが、支払わせることを第一に考えた場合は、支払いやすい金額で落とし所をつけるのも一手です。
 
養育費や慰謝料が支払われない場合は、弁護士に相談をしましょう。
 
特に養育費であれば子どもの権利ですから、支払ってもらわなければ困りますよね。
 
弁護士から法的手段をにおわす書面を出すことで、滞っていた支払いがされたケースもあります。
 
泣き寝入りせずに相談してみましょう。

自己破産で離婚したい、、養育費や慰謝料はどうなる?のまとめ

妻として、夫が自己破産するとなるとどうしても離婚が頭をよぎるものです。
 
勝手に作った借金なら尚更そうですよね。ただ、自己破産することだけでは離婚事由にはなりにくいのが現状です。
 
自己破産以外の離婚事由をしっかりと洗い出してみましょう。
 
それを弁護士に相談することで離婚への道が拓けます。
 
妻だからといって、夫の勝手につくった借金に振り回される必要はありません
 
無理だと思えばこの記事を参考に、離婚を視野に入れてみてもよいかもしれません。
 
そして、離婚すると決意したら早めに弁護士に依頼した方が良いでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部