離婚危機回避法5つ|夫婦仲を修復して乗り越えるためには?

どんな家庭にも、夫婦仲が上手くいかなくなり、離婚の危機を迎える可能性があります。些細なことから喧嘩になってしまったり、口を利かなくなってしまうことはよくあることです。そんな関係が長く続くとお互いにとってはストレスしかありません。もう離婚するしかない、そう思い込んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。

目次

離婚危機を回避し、夫婦仲を修復するにはどうしたらいい?

しかし離婚となると、手間も時間も相当かかりますし、体裁も悪いと考える人もいます。
 
どうにか夫婦仲を修復する方法はないのでしょうか?
 
今回は夫婦仲を修復し、離婚危機を回避する方法をご紹介したいと思います。
 
夫婦関係の悪化で離婚を考えている方は是非最後までお付き合いください。

離婚危機になっている夫婦の特徴とは?

どのような夫婦が離婚危機に陥ってしまうのでしょうか。特徴をみていきましょう。

離婚危機の夫婦の特徴(1) 自分を優先にしてしまっている

離婚危機に陥りやすい夫婦とは、自分のことを優先してしまっている傾向があります。
 
配偶者のことを後回しにして自分の都合だけで予定を立ててしまうのです。
 
相手を気遣うことができなくなると、次第に夫婦の気持ちは冷めてきてしまいます。 

離婚危機の夫婦の特徴(2) 夫婦の会話がほとんどない

熟年の夫婦に多い傾向が、夫婦間の会話がほとんどないということです。
 
夫婦生活が長くなると、言葉がなくても大体のことは分かるようになってきます。
 
とはいえ、相手に今日何があったのかをまったく聞かなくなったということは、相手に対しての興味が薄れてきたともいえるでしょう。 

離婚危機の夫婦の特徴(3) 夫婦の話題を聞かれたときに話しにくい

友人と出かけたときは、女性の場合は家庭での愚痴の言い合いになることが多いですが、夫に対しての愚痴がある家庭はまだ円満だといえます。
 
本当に離婚危機に陥っている家庭では、不満や愚痴すら思いつかないくらい、夫との関わりがなくなってしまっています。

離婚危機の夫婦の特徴(4) 我慢することが多い 

夫婦のどちらか一方が、普段の生活の中で我慢をすることが多いと、その夫婦は離婚危機にあります。
 
多少の我慢は必要なことですが、度を越えた我慢を長期間強いられていると、離婚を考えずにはいられなくなります。

離婚危機の夫婦の特徴(5) セックスレス

セックスレスな夫婦も離婚危機にあると言えるでしょう。
 
お互いがその気がないのなら問題ありませんが、どちらか一方が拒否をしている状態だと問題です。
 
相手はその欲求を解消するために浮気をしたり、性的なお店に通うかもしれません。
 
それを受け入れられないのならば、離婚へのカウントダウンは始まってしまうでしょう。

離婚危機をこれで回避!?離婚寸前の夫婦関係を修復する方法

では、そんな夫婦の離婚危機を回避する方法はないのでしょうか。
 
離婚寸前の夫婦仲を修復する方法をご紹介いたします。

離婚危機回避方法(1) 相手の良いところを見つけ出す

どんな夫婦でも、お互いに惹かれあってお付き合いを始めたはずです。
 
そんな付き合い始めの頃を思い出して相手の良いところを再度見つけてみましょう。
 
良いところは見つけようとしなければなかなか見つからないものです。
 
相手のことを知ろうとする姿勢が離婚回避に繋がります。

離婚危機回避方法(2) 共通の趣味を見つける

夫婦の会話を増やすには、共通の趣味を見つけるとよいでしょう。
 
新しく趣味を見つけるのもいいですし、どちらかがハマっていることを一緒にやってみるのもいいでしょう。
 
共通の話題が増えれば、自然と日々の会話も増えてくるはずです。

離婚危機回避方法(3) 一緒にいる時間を増やす 

共通の趣味を見つけることができれば、おのずと一緒にいる時間も増えてきます。

同じ時を同じように過ごすことで、相手の気付かなかった一面に気付けたり、相手の趣味嗜好を再確認することもできます。

離婚危機回避方法(4) 挨拶を忘れない

一緒にいる時間がなくなると、挨拶というものをしなくなってしまいます。
 
朝、爽やかに「おはよう」と言ってみるだけで相手が受け取る印象は全く違ってきます。
 
初めは無視されていても、徐々に相手からも返事が返ってくるようになってくるはずです。

離婚危機回避方法(5)  思い切って問題だと思っていることを話し合う 

いろんな方法を試しても効果がない場合は、思い切って一度本音をぶつけてみるのもいいかもしれません。
 
一人でもやもや考えているよりも、今のこの現状や今後どうしたいのかを話し合ってみると、案外簡単に問題は解決するかもしれません。
 
ただし、感情的になってはいけません。あくまで冷静に話し合ってください。

冷めきった関係は修復できないという方は離婚を考える

離婚を考え、夫婦仲が修復不可能なくらい冷めきってしまっている場合は、どうしたらいいのでしょうか。

カウセリングなどで客観的な意見を聞く

夫婦仲が冷めきっていて、もう離婚するしかないと思っていると、どんどん気持ちが暗くなり、悪いことばかり考えてしまいます。
 
信頼できる友人に相談したり、専門家のカウンセリング受けるなどして、今の状況を客観的に見てもらうのもいいでしょう。
 
自分では気づかない解決策が見つかるかもしれません。

お互いの幸せのために離婚するのも一つの手

離婚を考え、夫婦関係がもはや修復不可能である場合、冷めきった関係のままこれからの人生を歩み続けるより、お互いに新しい人生を歩んだほうが幸せな場合もあります。
 
ストレスを抱えながら生活するのは本当に辛いものです。相手ともよく話し合った上で、別々の道に進むのも一つの手です。

離婚に踏み切る場合は弁護士に依頼してしっかりと準備しましょう

離婚を視野に入れるほど夫婦仲が修復不可能である場合は、夫婦間で完結させようとせず、弁護士に依頼して話を進めましょう。
 
離婚する際には様々な決め事があります。慰謝料、養育費、財産分与、その他書類上のややこしい手続きもたくさんあります。後々揉めないように、準備をしましょう。

離婚危機を回避したい人にはおすすめ記事

離婚危機回避法5つ|夫婦仲を修復して乗り越えるためには?のまとめ

これまで離婚危機を回避する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
 
どんな夫婦でも最初はお互いに惹かれあっていたはずです。相手との関係をもう一度見直し、自分自身を変えてみることで相手の気持ちも変えることができるかもしれません。
 
とはいえ、離婚しか選択肢に残っていないほど修復不可能な場合もあります。
 
そのような場合であれば、きちんと弁護士に依頼をして、離婚に向けて準備をしてください。
 
今後の人生を豊かに過ごす最高の方法を見つけましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部