離婚が不安な人必見!離婚の不安の解消法とは?

離婚後の不安は事前に取り除来ましょう。もう離婚するしかない!と思っても、その後に待ち受ける生活やお金のこと、今後のことで不安で胸が一杯になりますよね。どんなことが不安要素となっているのかを突き詰めて、離婚後の生活に備えておくことで心を落ち着かせることができますよ。

目次

「お金、子ども、心の問題」誰もが抱える離婚の不安要素は解消できる⁉︎

 
誰だって、理由を抱えて離婚をします。今の生活を続けるよりも、離婚をしたほうがきっと幸せになれるし、今よりマシだと思うからです。
 
だけど離婚をするには財産分与や慰謝料請求、独身に戻った後の生活費などのお金の問題があります。子供がいる場合は親権問題も発生します
 
そして何より、バツイチになってしまったことへの後悔や離婚に至った原因によって心を痛めてしまうこともあります。
 
こう考えると、離婚に踏み切るのが怖くなりますよね。今の生活を我慢した方がいいのかな?と思ってしまうのも無理はありません。
 
でも離婚後の不安は誰にだってあるもので、事前に調べておくことでかなり解消できるものなのです!
 
離婚を決意したけれど、その後の生活に不安があってつらい。そんな方はぜひ最後までこの記事に目を通し、自分の抱える不安要素の解消に役立ててみてくださいね!
離婚協議には専門家である、弁護士を間に立てることが不安を解消し有利な解決をするための近道です。
 
不安のある方は離婚問題に強い弁護士に法律相談をされることをおすすめします。

誰もが抱える離婚の不安要素と実際の声

 
では最初に離婚をするとどんなことに不安を感じるのか、実際に離婚をした人の声を聞いてみましょう。

離婚の不安要素(1) 離婚後の生活費

離婚経験者が離婚をする前に一番不安に思ったのは生活費のことです。
 
独り身になった場合、家賃も光熱費も食費もすべて自分で賄わないといけません
 
頼れる実家があるならまだしも、離婚後に実家に戻りにくいという人もいると思います。
 
また専業主婦をしていた人、アルバイトやパートをしていた人も、一人暮らしや子供を連れての生活をするには大変厳しい状況になってしまいます。
 
やはり離婚をしてネックとなるのはお金の問題と言えるようです。

離婚の不安要素(2) 子どもへの影響

子どもを持つ夫婦が離婚をする際に持つ不安で多いのが子どもへの影響です。
 
ある程度成長していて離婚に対する理解ができる年ごろならまだしも、まだ小さいうちに片方の親と離れて生活をさせるのはやはり心が痛むものです。
 
両親が喧嘩ばかりして過ごすのを見て育つのも子どもに影響があるとは思いますが、形だけでも両親が揃って子育てしたほうが良いのではないかと考える人もいます。

離婚の不安要素(3) 対人関係の不安

今でこそ離婚は珍しいものではなくなりましたが、離婚をしたということが人に知られると悪いことをしたわけではないのに人に噂をされてしまうものです。
 
女性であれば特に苗字が変わりますから、余計に詮索されやすいのも不安要素の一部となります。

離婚の不安要素(4) 財産分与など難しい知識が必要になること

離婚をする際には共有の財産を分ける必要があります
 
結婚後に持った貯金や車や家などの資産を配偶者とわけないといけないわけですが、すんなりといかないものです。
 
またこう言った話し合いはきちんと書面に残していないと後々トラブルへと発展します。
 
書面の取り方や財産分与に関する知識の勉強など、やっておかないといけないことがたくさんあります

離婚の不安要素(5) 眠れない…不眠症の心配

離婚に至った原因や、離婚後の不安を考えるがあまり不眠症に陥る可能性があります。
 
どんなに元気で明るい人でも陥る可能性があるのが不眠症ですから、決して甘く見てはいけません。
 
不安の解消が不眠症対策にもなりますから、この記事を読んで不安を是非解消させてください。

離婚の不安要素(6) 不安障害になる可能性も

不安障害とは今ある不安を考えれば考えるほど、過剰になっていき起こり得ないようなことまで心配し、不安になってしまう障害のことを言います。
 
確かに離婚後どんな不安が襲ってくるのか、障害がでてくるのかは分からないものですが過剰に考えてしまうことで心配する必要のないことで不安になってしまうのです。

離婚の不安要素(7) 子育てと仕事の両立

親権をこちらが持つことになった場合は、子育てと仕事の両立をしないといけません。
 
いきなり一人で子どもを育て、家事をし、仕事に行くことに不安を感じない人はいません。
 
実家が頼れたり、ある程度子どもが成長していればまだしも、幼児がいる場合は仕事に支障をきたす場合もあります。

離婚の不安要素(8) 裁判を行う場合の弁護士費用

協議離婚ができず、調停離婚をしたり裁判離婚をする場合は弁護士を雇うことになると思います。
 
また協議離婚の場合でも専門家である弁護士に間に入ってもらえるとスムーズに離婚ができたり、こちらの要望通りの離婚ができるために依頼をする人も多いです。
 
しかし弁護士に依頼をすれば費用はもちろんかかります。今後の生活費でも頭を抱えてしまうのに、弁護士に依頼する費用なんて考えられない…、と不安になってしまうのです。

離婚後の不安解消 STEP1、日常的にできること+精神面のケア

 
離婚にはたくさんの不安要素があることが分かりました。でも、その不安は解消できるんです!

離婚の不安解消法(1) 不安要素ではなく期待要素を思い描き、前向きに考える

せっかくの新しい人生の門出です。ネガティブなことを考えるより、ポジティブになれる事柄を探してみましょう
 
楽しいことを見つけられると、それに向かって努力する前向きな力を得られます。
 
例えば独身になり一人暮らしをすることになるから、北欧風のインテリアの似合う部屋を作ろう!など目標を立ててみてください。
 
そうすればそのためには仕事を頑張り収入を増やし、色々な家具を買おうという目標ができます。
 
土日も家具探しに時間を費やす楽しみもできます。楽しいことを考えてみましょう!

離婚の不安解消法(2) 悩みや不安を相談できる人をつくる

不安と言うものは誰かに聞いてもらえると和らぐものです。
 
両親や親友が不安を聞いてくれそうであれば話してみると良いでしょう。
 
もしも身近にいない場合は、SNSやインターネットで探してみるのもおススメです。
 
離婚が珍しくなくなった現代では、同じように悩んでいる人たちが情報共有をしています。
 
その中に入り、悩みを聞いてもらったり他人の悩みを知ることで解決のきっかけがつかめますよ。

離婚後の不安解消 STEP2、子どもとの接し方

 
自分のことよりも、子どもの不安を解消させてあげたい方にはこちらをおススメします。

離婚後の子どもとの接し方(1) 子どもが1人でいる時間を少なくし、会話を増やす

親が離婚したことで、子どもも少なからずダメージを負います
 
できれば今まで以上に会話をしてあげて下さい。
 
一人の時間にあなたが不安を募らせるように、子どもも不安をため込みます。なるべく一緒にいる時間を増やして、不安を解消させてあげてください。
 
そうすることで子どもも安心し、前向きにこれからの生活を考えてくれますよ。

離婚後の子どもとの接し方(2) 面会交流権についてしっかり取り決めておく

親権は相手が持つことになり、子どもと生活ができなくなった場合でも子どもに会う権利はあります
 
これを面会交流権と言い、離婚する際になるべく会う頻度や時間を決めておくのが好ましいです
 
決めておかないと相手が面会を断ってきたり、会わせてくれない可能性があるからです。
 

親が持つ正当な権利ですから、親権を持つことができなかった場合はしっかりと主張することで今後も子どもに会うことができます。

面会交流について詳しくは 離婚後の子供との面会の全貌~権利・頻度・拒否について〜を参考にしてください。

離婚後の不安解消 STEP3、お金の問題に対する正しい知識

 
一番重要ともいえるお金の問題。知識をつけて解消しましょう!

離婚のお金問題(1)  夫(妻)に請求できるものは?

基本的に離婚の際に請求できるのは財産分与のみです。共有の財産を分ける請求になります。
 
そして親権を持つ方は、親権を持たない方に対して養育費の請求が可能です。
 
離婚が不法行為によるものであった場合は損害賠償請求、つまり慰謝料の請求が認められていますからしっかりと請求をするようにしましょう。

離婚のお金問題(2) お金を取りたいなら弁護士に相談すべき?

確実に分与をしっかりし、養育費の支払いも約束させ、今までの不法行為に対する慰謝料を支払わせるには弁護士に相談すべきです。
 
弁護士は離婚問題と法のプロです。個人で請求をしようとしてもやり方がわからず苦労したり、本来受け取れる額より少なくて泣き寝入りする・・・なんてケースも少なくありません。
 
あなたが不利な状況で離婚しないためにも、請求したい金銭がある場合はまず離婚問題に強い専門家に相談することをおすすめします。

離婚のお金問題(3) 離婚後の収入源となる仕事探しの方法

既に働いている人は問題ありませんが、アルバイトやパートでは収入源として心細い場合は転職する必要もでてくるかと思います。
 
一番はハローワークに相談に行き、仕事の紹介を受けることです。こちらの都合を親身になって聞いてくれた上で、仕事を紹介してくれます。
 
ここで重要なのは、面接に行って不採用となってもめげないことです。必ず就職する!楽しい未来が待っている!と思いこんで、仕事を見つける姿勢が就職への近道です。

離婚後の不安解消 STEP4、離婚問題は弁護士へ相談を

 
離婚の不安を解消するには、専門家である弁護士に相談するのが一番です。

弁護士に依頼することのメリット

離婚をするのははじめて、と言う人がほとんどだと思います。はじめての事を完璧に損することなくこなすのはとても難しいことです。
 
特に離婚は様々な法律が絡みますから、知らないうちに損をしていたなんてこともあるんです。
 
そうならない為にも弁護士を間に入れることをおススメします。弁護士に相談し、力になってもらうことで損をしないことはもちろん、当然の権利も主張することができます。
 
やはりプロに話を聞いてもらうのが一番です!

弁護士の役割とは?具体的にどんなことをしてくれるの?

弁護士は様々な場面であなたに力を貸してくれますが、協議離婚の段階では、夫婦の間に立ち、あなたにとってもっとも有利な状況で解決に導いてくれます。
 
離婚は法律問題ですから、感情論ではなく、正しい法律知識が必要なのです。特に協議の段階だとお互いが熱くなりすぎて冷静な判断ができなくなっているケースが非常に多いです。
 
自分に不利な選択をしてしまわぬためには冷静な判断をすることが必要ですが、弁護士に相談すれば正しい判断を常にすることができると言えるでしょう。
 
また、協議離婚でまとまらず、調停や裁判にまで発展した時にも、早い段階から弁護士に相談していれば安心です。
 
慰謝料や財産分与、親権や養育費などあらゆる面で有利な解決を望むのであれば一度、離婚問題に強い弁護士に法律相談をしてみることをおすすめします。

離婚が不安な人必見!離婚経験者が語る不安の簡単解消法!まとめ

 
いかがでしたでしょうか。離婚をしたいと思いつつもやはりその後の暮らしに不安を感じる人は多いものです。
 
そんな不安を解消し、今の生活を楽しんでいる人たちもたくさんいます。
 
解消できない不安はありません!ネガティブに考え続けるのではなく、明るい未来があることを信じて目標に向かって進んでみてくださいね
 
少しでも離婚に不安があるのなら、離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。
 
一人では心細いと思っているなら、すぐに法律相談をしてみることで不安解消へ一歩近づき、より良い結果で離婚できることが期待できるでしょう。
この記事の作成者

ジコナラ編集部