離婚協議中の保険ってどうなるの?〜別居時に問題となる健康保険の手続きについて〜

今回は離婚協議中の保険がどうなるのかについて詳しく解説。離婚協議をしているときに気になるのは、保険がどうなるのか、ということです。別居していて離婚の協議をしていても、保険についてはまだ同一家庭になるのでややこしい、と思っている人が多いのではないでしょうか。離婚後の手続きについてもチェックしておきましょう。

目次

 離婚協議中であっても保険の手続きはきちんとしたいですよね・・!

 
離婚協議中であったり別居をしていると相手との接触はどんどん薄れてきますが、保険の手続きはきちんとしておきたいですよね。
 
離婚をしていない状態であれば、まだ夫の扶養に入っているという人も少なくないでしょう。
 
これから離婚をする上で、保険はどうなるのか、手続きの仕方、扶養から抜けるための条件などについて詳しくご説明していきます。
 
保険を正しく受けるためにも、手続きはきちんとしておきましょう。

離婚協議中(別居中)の健康保険|夫の扶養に入っている場合

 
 
まずは夫の扶養に入っているが、別居をして離婚協議中である場合の健康保険について解説していきます。

別居中でも扶養を受けることができる 

離婚協議中であっても、まだ離婚をしていなければ戸籍上は夫婦になります
 
そのため、別居をしていても夫の扶養を受けることができるのです。
 
離婚協議をして別居までしているのに、夫の扶養のままでいいのか?と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、法的には問題はありませんので安心してください。

遠隔地交付申請が発行できる

あらゆる事情で被保険者と被扶養者が別居をしている場合に、医療にかかる際不便なこともあるので、そういった場合には遠隔地交付申請というものを提出する必要があります。
 
保険証の住所などに不便性があるのなら、離婚協議中でも遠隔地交付申請を出すことができます
 
遠隔地交付申請は保険証に記載されている住所の担当役所で手続きをすることができます。

遠隔交付申請について注意するポイント

ただし、遠隔地交付申請をすることで扶養の条件が増えることもあるので注意してください。
 
別居をしながら扶養を受けるには、生計が同じであることの証明書が必要であったり、別居が一時的である場合には遠隔交付申請をすることはできません
 
自分たちの別居が絵遠隔交付申請の条件に合っているか、確かめましょう。

離婚協議中(別居中)の健康保険|夫の扶養から抜けたい場合は?

 
離婚協議をし別居中の場合、夫の扶養から抜けたいという人もいるでしょう。どういって手続きをすれば良いのでしょうか。

夫に”資格喪失”の手続きをしてもらう必要がある

離婚協議中で別居をしている際に夫の扶養から抜けたい場合には、夫に資格喪失の手続きをしてもらう必要があります
 
資格喪失の手続きをするには、夫が自らの会社に書類を書いてもらい、役所の窓口で手続きを行わなければいけません
 
時間がかかることもありますので、早めに催促しておくと良いでしょう。

その後、国民健康保険に加入する手続きを(最寄りの役場の国民健康保険課) 

夫の扶養から抜けることができれば、自分自身が国民健康保険に加入する手続きを行ってください
 
国民健康保険への加入は、別居をしている住居地の役所にある国民健康保険課の窓口で行います
 
こちらの手続きにも少々時間がかかることがありますので、余裕を持って行動するのがおすすめです。

やはり・・・夫の協力がないと扶養から外れるのは難しい 

夫の扶養から外れるためには、やはり夫自身にも動いてもらわないと難しいのが現実です。
 
扶養に入っているままでは保険を使う際にとても不便な部分も多いかと思いますので、何とか協力してもらいたいところです。
 
夫の扶養から抜けたいのであれば、早めに対策をしておくのが良さそうですね。

離婚協議中(別居中)の健康保険|国民健康保険に入っている場合

 
夫の扶養ではなく国民健康保険に入っている場合、離婚協議で別居をしているとどんな手続きが必要になるのでしょうか。

国民健康保険は世帯ごとに加入するもの 

本来、国民健康保険は世帯ごとに加入するものです。
 
また健康保険料も世帯の収入に合わせて算出されますので、別居をしている場合には届け出を出す必要があることもあります。
 
一時的な別居であればそのままでも構いませんが、離れて生活をするのなら様々な手続きが必要になります。

住民票を移す場合は新たに国民健康保険に加入する必要がある 

夫との別居で住民票を移す場合には、新たに新居地で国民健康保険に加入する必要があります。
 
国民健康保険は市区町村がそれぞれ運営しているものなので、住民票が変われば当然、その土地で新たに加入しなければなりません。
 
保険を正しく受けるためには、住民票を移したら早めに申請をするのが良いでしょう。

住民票を別居時に移すメリットは?

住民票を別居時に移しておけば、その後の離婚の手続きがとてもスムーズになるというメリットがあります。
 
また、住民票を移すことで夫に離婚への本気度を具体的に示すこともできるでしょう
 
保険に関しても扶養から抜けることで、自分自身も離婚し自立への自覚が芽生えます。

住民票を別居時に移すデメリットは?

住民票を別居時に移して扶養から抜けることになると、当然ながら保険料が新たに発生してしまいます。
 
また、手続きも面倒なので時間もかかってしまうでしょう。
 
さらに、離婚協議や別居をしたものの、もう一度夫と同居をするとなると、再度住民票を移す必要もあるので二度手間となってしまいますので注意してください。

夫が離婚に応じなくて保険の手続きもままならない!そんな時は専門家に相談を

 
離婚協議をして別居もしているのに、夫がいつまでも応じてくれず、保険の手続きが進まない。というお悩みは案外多いものです。
 
保険の手続きには夫の協力が不可欠なので、自分一人ではどうしようもないですよね。
 
そんなときには、専門家に相談し、詳しい対処法を聞いてみましょう
 
離婚に向けた協議に専門家を立てることには様々なメリットがあります。
 
1つが冷静な状況で協議ができる、ということです。
 
離婚協議中ともなると相手の顔も見たくない、ということも多いと思います。離婚問題に強い弁護士に相談すれば離婚の際にもめがちな取り決めの交渉を任せることもできるので、熱くなり自分に不利な選択をしてしまう、ということがありません。
 
2つめに自分の有利な方向で協議ができる、ということが挙げられます。
 
保険の手続きもままならないということは相手が離婚に応じないということでしょう。そんな場合でも弁護士を立てることによって相手に離婚の真剣さが伝わり、離婚が成立することが非常に多いです。
 
慰謝料や養育費、財産分与などの取り決めも有利に進めていくことができます。法律の専門家にいつでも相談できる、というのも非常に心強いですね。

離婚協議中の保険ってどうなるの?別居時に問題となる健康保険の手続きについて〜のまとめ

 
 
離婚協議中の保険について心配になる人は多いですが、まずは健康保険の手続きは正しく行う必要があります。
 
扶養はどうするのか、住民票はどうするのかをよく考え、一番ベストな形で手続きができると良いですね。
 
その際には夫の協力が不可欠ですが、応じてもらえない場合には迷わず離婚問題に強い専門家に相談しましょう。
 
別居の後に離婚へと踏み切るためにも、保険の手続きは大切。正しく保険の手続きを行うことで、離婚に向けて一歩踏み出せるのではないでしょうか。
この記事の作成者

カケコム編集部