【修羅場】離婚に至ってしまうほどの修羅場を迎えた12の理由

離婚の修羅場経験したことありますか?出会いがあれば別れがあるもの。永遠の愛を誓った仲でも、いつどんなことが起きるか分かりません。それを乗り越えるのが愛と言えばそれまでですが、乗り越えられるものと乗り越えられないものは存在します。やむを得ず離婚の道を選択するに到るまで、想像のつかない修羅場を経験する人が多々いるのです。

目次

離婚の修羅場を迎えた12の理由

divorce-908743_640
 
 
円満離婚であれば良いのですが、そうもいかないから離婚をしていると言っていいでしょう。
 
ここでは離婚を迎えた修羅場の理由を紹介します。
 
もしかしたらあなたも人ごとではないかもしれませんよ・・・?

離婚の修羅場の理由(1) 義実家との確執で修羅場

パートナーはもとより、パートナーの家族は一切の赤の他人です。
 
その他人といきなり家族として接しろというのが難しいのは想像できます。
 
ただ、お互い大人ですから折り合いをつけたいものですが分かり合えない相手や人間性というものは存在します。
 
義実家だから付き合わない訳にはいかない、ただどうしても無理だ、というときに無理がたたり、心の余裕がなくなったとき、修羅場は突然やってきます。

離婚の修羅場の理由(2) 義母からのいじめで離婚

何をもっていじめとするかは人それぞれですが、上記にあげたように赤の他人同士の付き合いです。
 
嫁にきた立場というものは男性が想像する以上に弱い立場に立たされます。
 
そこへ○○家はこうだから、といきなり色々なことを押しつけてきたり、明らかに無理な内容を指示してくる義母も存在します。
 
そこをうまくカバーしてくれると助かる旦那ですが、下記の理由で義母の味方をする場合があります。

離婚の修羅場の理由(3) 旦那のマザコンで修羅場

ぱっと見ただけで判断がつかない程度のマザコン男性はかなり多いです。やはり育ててきてくれた母親が間違っているとは思わないのが男性です。
 
最初から嫁の味方をしてくれる男性は少ないでしょう。それが嫁の心をさらに追い詰めます。

離婚の修羅場の理由(4) 結婚後パートナーの豹変で修羅場

付き合っていた頃は優しくて思いやりがあって、いつも笑顔だったのに… 結婚したら性格が変わった、というのは珍しくありません。
 
結婚が目的だった人に多いパターンです。もう頑張る必要がなくなったので本当の自分に戻ったのです。
 
見抜けなかったことがつらいですが、実は豹変ではなく今までが猫を被っていたのです。

離婚の修羅場の理由(5) 味覚の問題で修羅場

最近話題のメシマズ嫁。実際は笑いごとなどではなく、死活問題です。
 
 味覚障害だったり性格的に改善が期待できるのであればよいですが、強いこだわりをもっている嫁ほど更生は難しいです。
 
胃袋をつかむ、という言葉は昔から存在しますが、食は生きる原動力となります。
 
ここが上手くいかないと他の部分にも影響してくる、実は大きい修羅場部分です。

離婚の修羅場の理由(6) パートナーの過去が露呈して離婚

過去に犯罪歴があった、いじめをしていた、性的な店で働いていた、など自分にとっては許せない過去が相手にあった場合、修羅場になることが多いです。

過去は過去と受け入れることのできれば良いのですが、知ってしまえば棘が刺さったように気になるものです。 

相手とも修羅場になりますし、受け入れられない自分が悪いのかと自分の心の中が修羅場になります。
 
また犯罪歴の場合、自分以外の人が気付いたときに人づきあいがしにくくなったり、子供がいる場合は子供が噂の対象にされたりとつらい目にあうこともあります。

離婚の修羅場の理由(7) パートナーの暴力で離婚

男性から女性への暴力が主だと思いますが最近では女性から男性への暴力も増えています。
 
ストレス発散のはけ口にしたり、自分の思い通りにならないから手をあげたり理由は様々です。
 
どんな理由があれど暴力をして良い理由にはなりません。
 
される側は耐える人が多いのが特徴ですが、耐えたところで何の改善にもなりませんので逃げることだけが最善の策です。

離婚の修羅場の理由(8) お金の問題で修羅場

借金問題、収入の低下、浪費癖など様々な問題があります。お金は心の安定剤のひとつです。
 
 お金がないことにより心に余裕がなくなり、揉めたくなくても揉めてしまう原因になります。
 
またパートナーの婚前貯金に手をだし修羅場になる話もあります。
 
婚前の貯金は共有の財産ではありませんので注意しましょう。

離婚の修羅場の理由(9) 不倫相手の介入で修羅場

ここからは不倫関係の修羅場になります。
 
W不倫の場合、ばれないようお互いが細心の注意を払いますが、片方が独身の場合、ばれることを目的に介入してくる場合があります。
 
不倫された側にとってはたまったものではありません。
 
パートナーとも修羅場、パートナーの相手とも修羅場で泥沼のはじまりになってしまいます。

離婚の修羅場の理由(10) 同窓会がきっかけで修羅場

昔話を楽しむ場が不倫提供の場にもなってしまう同窓会。
 
昔の恋人に会ったり、片思いしていた相手と再び出会うことで盛り上がり、一夜を共にしてしまう…。
 
そこからずるずると不倫が始まる話も珍しくはありませんし、この場合同級生に話がまわってしまうこともありますので友情も壊れる恐れがあります。

離婚の修羅場の理由(11) 托卵が発覚で修羅場

托卵てなに?とお思いの方もいるかと思いますが、不倫相手の子供をパートナーの子として産み育てることを言います。
 
最近ではDNA鑑定も普及してきましたので、血縁関係を調べることも簡単になりました。
 
突然子供と血の繋がりがないと分かったときの心中はとても想像できるものではありません。

離婚の修羅場の理由(12) 旦那が不倫相手を妊娠させてしまい修羅場

不倫相手が本気になって強硬手段にでるパターンです。
 
結婚の継続、認知問題、養育費、これ以上にないほどの泥沼の修羅場が待ち構えています。
 
嫁にとっても子供に罪がないのは分かっているので、堕胎させるのもつらいと思います。

【修羅場】離婚に至ってしまうほどの修羅場を迎えた12の理由のまとめ

mural-1347673_1920
 
いかがでしたでしょうか。理由としてはほんの一部分だと思います。
 
こうやって理由を書きだしてみると、相手を思いやることで修羅場を回避することは十分できることがわかります。
 
しかし、離婚をしたほうがいい理由ももちろん存在しています。相手を思いやることも大事です。それと同じくらい自分を思いやることも大事です。
 
離婚理由は色々あることを理解して頂き、自分にとって一番いい形を選択してもらえれば幸いです
 
離婚の修羅場に直面したら、一度問題を整理するためにも離婚問題に強い弁護士に相談することをオススメします。
 
法的に解決できる部分は専門家の力を借りましょう
 

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部