【離婚の手続き】調停離婚の時に行うべき5つの手続きと注意点!

離婚の手続きを知りましょう。もしも、あなたが離婚を考えているなら、まず知るべきことは、離婚がどのような手続きで行われるのかということです。離婚は非常に体力も精神力も必要とされるとよくいわれますね。少しでも離婚手続きの流れを知る事で、頭の中でシミュレーションが可能です。ここでは特に手続きが問題となる調停離婚の手続きについてご紹介します。

目次

調停離婚はどのような手続き?

00d3d3820f70d2de6117c636d18f099b_s
 

離婚の手続きと言っても、どんな方法で離婚するかによって違ってきます。

二人の話し合いだけで行うのが協議離婚です。

当人だけで決まらない場合に行うのが、家庭裁判所で行う調停離婚、それでも決まらなければ、裁判離婚という流れになります。

今回は、離婚届を提出するだけで終わる協議離婚と比べて手続きが難しい、調停離婚の手続きの流れについてご説明していこうと思います。

離婚時の5つの手続きと注意点

7d83cd1806a04b33d3fec3bfaf648988_s
 

離婚の方法は様々ですが、離婚は慰謝料や養育費などお金も関わってくるので二人の話し合いだけではトラブルも心配です。

調停離婚なら、第三者も間に入りますし、書面にもしっかりと残す事が出来るのでおすすめです。

それでは、調停離婚で離婚する場合の手続きと注意点を見ていきましょう。

家庭裁判所に調停を申し立てる

慰謝料や養育費の金額など、二人だけの話し合いで離婚がなかなか決まらない場合もありますね。

あまりにも話し合いが平行線のまま進まない場合は、家庭裁判所の調停委員に力を借りる事になります。

最初の手続きは、婚姻に対して不服がある方の当事者が、調停離婚を申し立てる事です。

この手続をする人はほとんどが、慰謝料や養育費を受け取る妻側です

しかし、妻が不貞をしていたなどの場合は、夫側から妻に対して慰謝料を請求し、手続きを行う場合もあります。

申請者が調停にかかる費用を支払う

調停離婚の申し立て手続きをする時は、申し立てをした側が最初に調停にかかる費用を支払います。

この手続は、連絡用の郵便物の切手代や証書用の収入印紙代の支払いになります

調停の申し立て手続きに行くと、切手や収入印紙で細かく支払いを指定されます。

そのとおりの額面の切手や収入印紙を用意して、再度家庭裁判所に支払い、申し立ての手続きは完了となります。

離婚調停を行う

離婚調停の申し立てをしてしばらくすると、家庭裁判所から呼び出し状が届きます。

呼び出しと朝廷委員との話は、夫婦別々に行われます。

お互いの事を調停委員に話し、一般的な意見を織り交ぜながら双方の意見をとりまとめて調停が行われる事になります。

その月に解決しなければ、また次回呼び出しが来て赴く事になります。

これを離婚が成立するか、申し立てた方が申し立て取り消しをするまで続けられます。

この話し合いも大事な手続きです。

もし、呼び出しに応じなかった場合は、無条件で出頭しない方の意見が却下されてしまいます。

年金分与、養育費なども決める場合も

単純に離婚するだけでなく、この離婚調停の時に養育費や年金分配などについても話し合い、手続きを済ませておく事が理想的です。

後から話し合いや調停を申し立て手続きをする事も出来ますが、その労力が減らせるからです。

養育費はおのおのの収入と子供の年齢、人数を加味してから、状況に応じてまた調整され話し合いで決められます。

年金分割は婚姻していた年数分、夫側の年金の50%を妻が受け取る事が出来るというシステムです。

これは共働きの夫婦には適用されません。

あくまでも専業主婦に対する救済処置と思ってください。

割り合いも話し合いで決められる事もありますが、50%になることが多いようです。

後ほど調停証書と一緒にこの年金分配の証書も届きますので、証書を持参して年金事務所に手続きに行きます。

調停調書の作成

離婚の意志がお互い固まっていて、慰謝料などの話し合いも済んだ時点で、話し合いで決まった事を調停調書として書面が作られます。

これが最後の手続きとなりますので、しっかりと最後まで話を聞いて自分の意思と相違がないか確認しましょう。

手続きに際して、お互いが同じ部屋で同時に調書を読み上げられるのを確認します。

双方が間違いないと合意したら、署名捺印して離婚調停は終了です。

調停調書は後からそれぞれの新しい住所に郵送されます。

これで調停離婚の手続きが終了します。

【離婚の手続き】調停離婚の時に行うべき5つの手続きと注意点!のまとめ

80d37a0cb969025a9db0ce4ad54f0a17_s
 

調停離婚の手続きと注意点をお話してきました。

いかがでしたでしょうか。

とっても面倒な手続きですし、長い期間かかりそうだなと思われた事と思います。

このように離婚は、後々のトラブルを防ぐには面倒な手続きと手順が必要になってくるものなのです。

出来れば離婚はしないでいられれば良いのですが、離婚する人は後をたたないのが現実です。

少しでも離婚の手続きの面倒さを無くすなら、 離婚問題に強い弁護士に相談し、手続きをサポートしてもらうというのも一つの手ですね。

この記事の作成者

カケコム編集部