夫婦喧嘩の原因7選|夫婦喧嘩から仲直りするためには?

夫婦喧嘩をしてしまうことはよくあります。今回は夫婦喧嘩が起こる原因、夫婦喧嘩を避けるべき理由、夫婦喧嘩の予防法、夫婦喧嘩から仲直りするコツをご紹介いたします。

目次

夫婦喧嘩をしてしまった…

夫婦喧嘩は日常的に起こります
 
お互いにイライラしていると、普段は気にも留めないようなことで夫婦喧嘩をしてしまうこともあります。
 
夫婦喧嘩の原因は様々であり、仲直りするまでに必要な時間も様々です。
 
冷静になり相手への怒りもおさまると、夫婦喧嘩をしたことをひどく後悔するでしょう。
 
また、夫婦喧嘩は時に離婚にまで発展してしまうこともあります。
 
夫婦喧嘩が起こる原因を突き止め、夫婦喧嘩は未然に防ぐことができるとよいです

夫婦喧嘩の原因7選

以下では、夫婦喧嘩の代表的な原因を7つご紹介したいと思います。

原因を知ることで、仲直りする時間を早め、また、夫婦喧嘩を未然に防ぐことができるかもしれません。

夫婦喧嘩の原因(1) 家事・子育て

夫婦喧嘩の原因になりやすいものに、家事・子育ての問題があります。

家事・子育てについては、夫婦が互いに異なる価値観を持っているため、夫婦喧嘩の原因になりやすいのです。

例えば、食器洗いをする時タイミング1つをとっても、夫婦ではそれが違います。

夫婦喧嘩の原因(2) 隠し事・嘘

隠し事や嘘も往々にして夫婦喧嘩の原因となります。

嘘も方便と言いますが、嘘の内容に関係なく、嘘をつかれたという事実のみで相手は不愉快になります。

些細な嘘であっても夫婦喧嘩の原因となるのですから、何か重大な物事に関して隠し事や嘘があった場合、それは必ず夫婦喧嘩の原因となります。

夫婦喧嘩の原因(3) 浪費

お金に関する問題も夫婦喧嘩の原因となります。

中でも、趣味に関する浪費は最も夫婦喧嘩の原因となりやすいでしょう。

互いに異なる趣味を持っている夫婦は、互いの趣味に使うお金をあらかじめ決めておくとよいです。

夫婦喧嘩の原因(4) 給料の額

非常にデリケートな問題ですが、給料の額というものも夫婦喧嘩の原因となります。

妻が夫の給料の額について不満を言い、夫婦喧嘩となった場合、仲直りし後も夫の中には妻に対する不信感が存在し続けてしまうことがあります。

夫婦喧嘩の原因(5) 発言・言葉遣い

日常の些細な発言や言葉遣いも夫婦喧嘩の火種となるでしょう。

特に夫婦のどちらか一方がイライラしている場合は、ほんの些細な発言や言葉遣いが大きな夫婦喧嘩に発展してしまう場合があります。

自分の口から発せられる言葉には、常に気を配らなれればなりません

夫婦喧嘩の原因(6) コミュニケーション不足

夫婦喧嘩はコミュニケーション不足が原因となって起こることも多くあります。

妻に無断で遅く帰ったことが原因となり夫婦喧嘩をしてしまうような場合は、事前に一言連絡を入れておくだけで夫婦喧嘩を回避することができるはずです。

夫婦喧嘩の原因(7) 浮気・不倫

男女の問題は離婚に繋がる恐れのある大きな夫婦喧嘩を生みます。

浮気や不倫を原因とする夫婦喧嘩はとても多いのです。

浮気や不倫を原因とする夫婦喧嘩は仲直りすることが不可能なものもあります。

夫婦喧嘩は避けるべき!

夫婦喧嘩は時に夫婦の相互理解を深めることもありますが、できることならば避けたいものです。

夫婦喧嘩を避けるべき理由(1) 子どもの精神状態を不安定にする

特に子供がいる場合、夫婦喧嘩は避けることが必要となってきます
 
両親が怒鳴り合う姿は、子供の精神状態を非常に不安定にします。
 
子供がいる前での夫婦喧嘩は絶対に避けてください。
 
両親が日常的に夫婦喧嘩と仲直りを繰り返していますと、子供は常に気を張っていなければならない状態となります。
 
子供がいる場合は何よりも子供の気持ちを優先しましょう

夫婦喧嘩を避けるべき理由(2) 最悪の場合離婚に

夫婦喧嘩は時に離婚に繋がります。夫婦喧嘩が原因となってする離婚は決して気持ちのよいものではありません。
 
また、夫婦喧嘩が原因となって離婚したことが周囲に知られると、再婚の妨げとなる恐れもあります。
 
後で取り返しがつかないことにならないように、夫婦喧嘩は避けるべきなのです

夫婦喧嘩から仲直りするためには?

以下では夫婦喧嘩から仲直りする方法をご紹介いたします。
 
どうすることで、より早く、より円満に仲直りすることができるのでしょうか。

夫婦喧嘩から仲直りするために(1) 謝る

夫婦喧嘩から仲直りするために必要なものは、謝罪です。

自分に非がある場合は、相手に非があるか否かにかかわらず、自分の非についてだけでも謝ることが肝心です

また、謝罪は、なるべく早く行いましょう。

自分が感情的になる前に、お互いに意地になってしまう前にきちんと謝ることができると仲直りはすぐにできるはずです。

夫婦喧嘩から仲直りするために(2) 話し合い、原因を特定する

夫婦喧嘩から仲直りし、未来の夫婦喧嘩を未然に防ぐためには、夫と妻で話し合い、夫婦喧嘩の原因を特定する必要があります。
 
話し合いの場で、夫と妻がお互いの意見を述べ、相互理解を深めることで、将来の夫婦喧嘩は防ぐことができます
 
専業主婦をしている妻は、お金を稼いでいるのが夫であることの負い目から意見を溜め込んでしまいがちなので、夫は妻が意見を言いやすい場を作ってあげるとよいです。

夫婦喧嘩から仲直りするために(3) ストレスを解消する方法を見つける

夫と妻がそれぞれストレスを溜め込んでしまうことにより夫婦喧嘩は起こりやすくなります。
 
そのため、夫婦喧嘩からは約仲直りするためには、夫と妻がそれぞれ自分なりのストレス解消法を持っておく必要があります。
 
そうすることで、夫婦喧嘩の数を減らすことができ、仲直りを早めることができます。

夫婦喧嘩を予防するために

夫婦喧嘩をしてしまった場合、早く仲直りをすることが必要ですが、夫婦喧嘩を未然に防ぐことができればそれに越したことはありません。

夫婦喧嘩対策(1) 夫婦喧嘩をしたときのルールを二人で作っておく

夫婦喧嘩を予防するためには、夫婦喧嘩になりそうな状況におけるルールをあらかじめ夫と妻の間で決めておくことが効果的です。
 
例えば、感情的になっているときはお互いに別部屋に移動し、冷静になってから話し合いの場を設けるというものや、会話のときに相手の意見を遮ることをしない等のシンプルなルールで構いません。
 
シンプルなルールは夫婦喧嘩を未然に防いでくれます。

夫婦喧嘩対策(2) 日頃からコミュニケーションを

夫婦喧嘩は夫と妻の日頃のコミュニケーション不足により生じることが多いです
 
そのため、日頃からしっかりとコミュニケーションをとっておくことで、夫婦喧嘩を防ぐことができます。
 
特に相手に対する不満については、自分の中に溜め込まずに、棘のない言葉で相手に論理的に伝えるようにするとよいです。

夫婦喧嘩対策(3) 家事や子育ての分担を決める

家事や子育てが原因となり起こる夫婦喧嘩はとても多いです。
 
そのため、家事や子育てについて、分担を事前に決めておくことで夫婦喧嘩を防ぐことができます。
 
そして、相手の分担となっている家事や子育てについては、原則として文句を言わないことが大切です。

夫婦喧嘩から離婚を考えるに至ってしまった場合には…


お互いに絶対に譲ることができないことが原因となり夫婦喧嘩をしてしまい、ついには離婚を考えてしまった場合はどのような手段をとるべきなのでしょうか。

夫婦喧嘩から離婚を考える場合(1) 離婚調停を行ってみる

離婚にまで発展した夫婦喧嘩は、夫と妻だけで円満に解決することは難しい場合が多いです。

そのような場合は、離婚調停を行いましょう。

調停委員を間において夫と妻が話し合うことで、円満な離婚しやすくなります

また、第三者の意見を取り入れることで、仲直りするとさえできるかもしれません。

夫婦喧嘩から離婚を考える場合(2) 離婚を決めたなら弁護士に相談

夫婦喧嘩を原因として離婚を決めた場合、早い段階で弁護士に相談しましょう

離婚に際しては、慰謝料、財産分与、親権、養育費等について複雑な問題が生じます。

離婚を決めたタイミングで一度弁護士に相談 しておくことで、自分に有利な条件での離婚が可能となります。

夫婦喧嘩で困っている人はこちらもおすすめです

夫婦喧嘩の原因7選|夫婦喧嘩から仲直りするためには?のまとめ

以上のように、夫婦喧嘩は様々なことが原因となり起こりますが、仲直りのコツもあれば、夫婦喧嘩を未然に防ぐコツもあります。
 
互いに違う人間である以上、夫婦喧嘩は避けることができないものかもしれませんが、喧嘩をした場合でも相手に対し思いやりを持って真摯に向き合うことで、夫婦喧嘩はおさめることができます。
 
どうしても仲直りができず、離婚に発展してしまった場合は、早い段階で一度弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部