性格の不一致を理由に離婚できる?慰謝料請求はできる?

この記事では、性格の不一致で離婚する場合の慰謝料について解説します。この人しかいないと思って結婚した夫婦でも、「性格が合わなかった…」という人は世の中にたくさんいるのではないでしょうか。離婚の一番多い原因が性格の不一致であることをよく聞くとは思いますが、性格の不一致という理由で慰謝料を請求することはできるのでしょうか。離婚話を切り出して慰謝料を請求する側も、慰謝料を請求される側も気になる内容だと思います。

目次

性格の不一致を理由に離婚できる?慰謝料請求はできる?

 
離婚理由で多い性格の不一致ですが、それを理由に離婚することは可能です。
 
ですが裁判で離婚が認められることはほとんどないため、双方での話し合いが一般的な離婚方法になります。
 
性格の不一致では法律的にみると離婚の原因は双方にあるとみなされるため、慰謝料の請求は基本的にはできません。
 
慰謝料は違法性のある精神的損害に対する損害賠償金なので、裁判を起こしても違法性が認められにくいのです。

性格の不一致で離婚できる場合

 
パートナーとの性格が合わず、結婚生活を続けていくのが困難だと感じ、離婚に踏み切る人は少なくありません。
 
しかし、性格が合わないという理由で離婚は可能なのでしょうか。

協議離婚・調停離婚は問題なくできる

性格の不一致が理由での離婚は法律で認められていないため、協議離婚での話し合いが必要になります。
 
協議離婚とは当事者同時で話し合い、お互いの合意の上で離婚を成立させるものです。
 
話し合いで離婚の成立が難しい場合は、調停委員を介して調停離婚を行い、話を進めることもできます。

「性格の不一致」は原則として裁判離婚の離婚事由にならない

協議離婚や調停離婚で離婚が成立せず、裁判を起こしたとしても性格の不一致は裁判離婚の離婚事由として認められていません。
 
裁判離婚で認められている理由としては下記の5項目ですが、裁判離婚で離婚を認めさせるためには、性格の不一致があるだけでなく、性格の不一致によって「婚姻を継続し難い重大な事由がある」ということを証明しなくてはなりません。
 

裁判離婚で認められる5つの項目 

  1. 相手に不貞行為があった場合
  2. 相手から悪意で遺棄された場合
  3. 相手の生死が3年以上不明である場合
  4. 相手が極度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合
  5. 婚姻を継続し難い重大な事由がある場合

例外的に離婚事由になる場合もある

性格の不一致が原因でも、裁判離婚できる場合があります。
 
もっとも、性格の不一致だけで「婚姻を継続し難い重大な事由」が認められる場合は非常に限られています。
 
DVなど、性格の不一致以外の事情がある場合は合わせて主張することが望まれます。
 
また、性格の不一致が原因での別居は離婚事由となり得ますが、長年の別居が必要であり、やはりハードルは高いといえます。

性格の不一致による慰謝料請求

 
性格の不一致での離婚方法は協議離婚が一般的とお伝えしましたが、慰謝料を請求する場合はどのように話を進めていけばいいのでしょうか。

慰謝料請求できる場合はある

協議離婚では慰謝料の請求が一般的にはできませんが、性格の不一致が原因となって精神的苦痛が発生したという証拠があれば、慰謝料の請求ができることもあります。
 
パートナーとのメールや手紙の内容や普段付けている日記、別居後の賃貸契約書や住民票が証拠として使うことができます。
 
性格の不一致は暴力や不倫などに比べると、慰謝料は少額になるケースがほとんどです。

ただし慰謝料は認められづらい

慰謝料が請求できる場合もありますが、慰謝料が認められるケースはほんのわずかです。
 
「性格が合わない」ということにより精神的な苦痛を受けたことを証明するのは難しいようです。

慰謝料以外の財産分与・養育費・婚姻費用の請求を検討する

性格の不一致では慰謝料が発生しないケースがほとんどですが、それでもその後の生活を考えると納得できない人もいますよね。
 
その場合は財産分与・養育費・別居期間中の婚姻費用の請求を考えましょう。
 
この3つは離婚原因が何であるかに関係なく請求できます。

性格の不一致による離婚をする際に考えるべきポイント

 
離婚が決定した後に後悔をしないためにも、性格の不一致で離婚話を進める前に考えてほしいポイントをお話しします。

一時的に別居する・両親に相談するなど、性格の不一致による離婚を回避する方法を考える

性格の不一致といっても夫婦によって多種多様な理由があると思いますが、離婚を決意する前にまずは回避する方法を考えましょう。
 
夫婦の話し合いで解決せず、自分の感情をコントロール出来なくなったら、両親や親友に相談してみましょう。
 
話を聞いてもらうだけで、気持ちがスッキリします。
 
また、期間を決めて別居をすることも選択肢に入れましょう。
 
離れてみると相手の良い点や自分の反省点が見えてくることもありますよ。

子どもの教育や経済面を考慮し、プラスとマイナスを比較して離婚という手段が適切か考える

離婚を考えた時に踏みとどまる理由の一番が子どもです。
 
子どもにとって離婚が適切かどうかを一度しっかり考えてみましょう。
 
子どもにかかる養育費はどれくらい必要かと、自分の稼げる金額を出してみるのがいいかもしれません。
 
また、教育の面でもパートナーがいることでどのような利点があるのかも整理してみると、離婚をするべきかどうかの判断材料になりますね。

離婚が適切か考える前提として、離婚にまつわる法律関係を弁護士に整理してもらうべき

パートナーと離婚をしたい、もしくは離婚をするべきかどうか迷っているという人は、分一人で解決せずに専門家の意見も参考にしてみましょう。
 
特に、離婚のメリットとデメリットを正確に把握するために離婚問題に詳しい弁護士に依頼することをお勧めします。 

性格の不一致による離婚と慰謝料について知りたい人はこちらの記事も読んでみてください

性格の不一致を理由に離婚できる?慰謝料請求はできる?のまとめ

 
大好きで結婚したはずの相手でも、価値観や性格の不一致が原因で離婚に至る夫婦は年々増加傾向にあります。
 
離婚を考えている人はまずは離婚をしないために、一度冷静に離婚後のことを考えてみましょう。
 
それでも離婚をする方向で揺るがなければ、離婚届を提出する前に離婚問題に強い弁護士に相談して下さい。
 
離婚は子供や夫婦の共有財産などお金に関する決め事がとても多いため、当事者同士で話し合うのではなく、専門家を交えての話し合いが後々のトラブルを回避することができます。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部