離婚調停を欠席するとどうなる?離婚裁判に発展した場合は?

夫婦同士での離婚の話し合いが上手くいかなかった場合、離婚調停で離婚や離婚の条件を決めることとなります。ただその離婚調停の日が都合が悪く、離婚調停の欠席をせざるを得ないことだってありますよね。その場合一体どうなるのか?どんな影響があるのかをまとめてみました。

目次

離婚調停に欠席するとどうなる?離婚裁判の場合は?

 
夫婦が離婚をする場合、大きく分けて3種類の離婚の仕方が存在します。そのうちのひとつの離婚の仕方が離婚調停となります。
 
家庭裁判所という第三者が話し合いに入ってくれるのですが、こちらの都合の良い日に行ってくれるわけではありません。
 
やむを得ず欠席する必要がある場合もあります。その場合、離婚に不利になるのでしょうか?
 
この記事では離婚調停とは何かから欠席することによる影響を詳しくまとめてみました。

離婚調停とは?

 
では最初に離婚調停とは何かという部分からおさらいしていきたいと思います。

離婚協議が調なわなかった場合、申し立てることができる

夫婦同士の話し合いで離婚や取り決めをする場合の離婚の仕方を協議離婚と言います。
 
協議離婚で離婚ができない場合や、取り決めをする際の意見が折り合わない場合、家庭裁判所に調停を申し立てることができます
 
これを離婚調停と呼びます。離婚調停は家庭裁判所で行われますが、あくまで夫婦同士の話し合いに仲介者として裁判官と調停委員が入ってくれるだけです。
 
夫婦だけではまとまらない離婚の取り決めを第三者に取り成してもらのが離婚調停ということです。

離婚裁判を提起するためには離婚調停を経る必要がある

離婚調停でも離婚の条件が折り合わず、調停が不成立で終わった場合は離婚裁判を起こすことができます
 
これは正真正銘裁判所が主導で行い、離婚の判断を下してくれます
 
離婚裁判は離婚調停を経ないと起こすことができません。不成立に終わった場合のみ、離婚裁判ができると覚えておきましょう。

裁判と異なり、裁判所が判断するわけではない

繰り返しになってしまいますが、離婚調停は裁判所が離婚を判断してくれるわけではありません
 
家庭裁判所にて、調停員と裁判官と一緒に話し合いを行うものです。

離婚調停期日の欠席はどう影響するの?

 
そんな離婚調停を欠席しないといけなくなった場合どんなデメリットがあるのでしょうか。

罰金は定められているものの、必ずしも不利になるとは限らない

実は離婚調停を欠席すると罰金が課せられるという決まりが存在します。
 
ただし一度や二度くらいの欠席では課せられません。度重なる連絡を無視し、欠席した場合に課せられるものです。
 
あくまで調停は話し合いです。やむを得ない事情がある場合もあります。
 
きちんと事情を説明した上での欠席であれば、不利になると言うことはありません。

裁判官の印象が悪くなり、裁判に影響を与える可能性もある

何度も欠席した場合や理由なく欠席した場合は裁判官や調停員の印象が悪くなることは間違いありません
 
特に親権の話し合いの場合で、あなたが親権をとりたい場合はなるべく欠席しないようにしたほうが良いでしょう。
 
大事な話し合いに理由もなく消極的であれば、子育てにも影響がでるととられてしまうからです。

できる限り早く欠席の連絡を入れることが望ましい

離婚調停の日付は裁判所より通知されます。急なものではありませんから、あらかじめ都合が悪いことが分かっている場合は早めに連絡をしましょう。
 
欠席するにしろ、調停には前向きで必ず話し合いをして解決したいという意思を見せることが大事です。
 
そしてできれば次回の調停をする場合の都合が良い日を伝えておくと良いでしょう。考慮してもらえる場合があります。

離婚裁判期日の欠席はどう影響するの?

 
では離婚裁判の欠席はどうなるのでしょうか。どのような影響があるのか見ていきましょう。

裁判所が離婚するかどうかを判断する、離婚調停とは全く別の手続き

何度かお話しました通り、離婚調停と離婚裁判は別物です。話し合いではなく、裁判所が離婚を判断する手続きになります。
 
夫婦ではなく、原告と被告という扱いになり対等な立場で争うことになります
 
話し合いという意識は捨てましょう。

民事訴訟法による制裁として、欠席すると不利な判断が下されうる

そんな離婚裁判ですが、第1回公判期日を除き欠席は確実に不利になると思って良いでしょう。
 
本人も弁護士も期日に欠席した場合は、あなたの言い分が何一つないということになります。
 
そうなれば裁判所は出席している側の話を聞いて離婚について判断をするしかなくなります。
 
ただし、第1回公判期日については民事訴訟法158条により、欠席が認められています。

早期に弁護士に相談することが適切

離婚は法律問題なので、「訴訟」に至る前から法律が問題になっていきます。また、協議や調停の段階から弁護士に相談することで、不要な主張や自己に不利な主張を未然に防ぐことも可能になり、これにより訴訟を有利に運ぶことも可能になっていきます。
 
そこで、「訴訟」に至る前から、できるだけ早く弁護士に相談だけでもしておくことをお勧めいたします。
 
弁護士というと訴訟のイメージが強いですが、協議や調停の段階でも法律の専門的な知識が重要なのです。
 
また、一度目の裁判だけは擬制陳述という制度がありますから、その場にいなくても自分の主張をすることはできますが、2回目以降の期日の欠席は致命傷になり得ます。
 
あなたが出席できないときにカバーをする意味でも代理人弁護士の存在は重要になってきます。
 
少しでも早めに対策を練ることで、より短い時間でより有利な結果を目指しましょう!

離婚調停を欠席するとどうなる?離婚裁判に発展した場合は?のまとめ

 
いかがでしたでしょうか。日本において離婚は、当事者同士の話し合いで解決することが好ましいとされています。
 
しかし簡単に話し合いで決まるのであれば苦労はしないものです。
 
協議離婚ができず、調停離婚や離婚裁判を視野に入れている場合は期日に欠席することのデメリットをしっかりと頭の中に入れておくと役にたちます。
 
 あなたの希望通りの結論となるよう応援しています。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部