盗撮するためのカメラについて~証拠収集のために盗撮を考えている人へ~

盗撮用カメラについて見ていきましょう。浮気の証拠写真やご近所から受けている嫌がらせの犯人探しのために、こっそりカメラで盗撮したい。でも、証拠収集のためでも盗撮って犯罪になるのか?自分の方が犯罪者になりたくない!犯罪者にならずに、証拠集めをするにはどうしたら良いのでしょうか?

目次

盗撮するカメラにはどんなものがある? 証拠収集目的でも盗撮はやっぱり違法?

 

盗撮カメラで撮影された映像・動画は、防犯や迷惑行為・浮気の証拠として活用されています。

映像や画像が証拠となって、犯人が捕まったなどというニュースもよく目にしますね。

でも、それは店舗やビルの防犯カメラレベルの話。

一般の人が盗撮用のカメラを手に入れて、こっそり盗撮した場合、その写真は犯罪や浮気の証拠として通用するのでしょうか?

逆に自分が、犯罪になり捕まったりしないでしょうか?

その前に、盗撮カメラって普通の人でも入手可能なのでしょうか。

まずは、盗撮カメラについてからご紹介します。

ただし、この記事は盗撮を推奨するものではありません。証拠収集で困ったら探偵に相談することをお勧めします。

盗撮に用いられるカメラについて

 
盗撮にはどんなカメラを使えばいいの?盗撮用のカメラの種類や値段、入手方法を見ていきましょう。

盗撮に用いられるカメラの種類

盗撮に使用するカメラと言えば、小型でひと目ではカメラと気づかれないものが向いているでしょう。

小型カメラのお店を覗いてみると様々な形の盗撮用カメラが存在しています。

  • ライター型カメラ 
  • ペン型カメラ 
  • カメラ内蔵置き時計 
  • USBメモリ型カメラ 

まるでスパイ映画さながらの、一見カメラとわからない小型カメラがたくさんあります。

中でもメガネ型のカメラは自分の視界とほぼ同じものが撮影できる優れもの。

一つの部屋を集中して撮影するなら、火災報知器型カメラは違和感なく部屋に溶け込みます。

盗撮に用いられるカメラの値段

盗撮カメラの価格は、ただ撮影できるという程度のものから、暗い所でも撮影できるものと性能の差もありピンきりです。

人気が高い、暗い所でもフラッシュなしで撮影でき、スマートフォンで操作可能なタイプで20000円程度で販売されていました。

安価に購入するなら、3000円代から小型の盗撮カメラを手に入れることが出来ます。

盗撮に用いられるカメラの入手方法

盗撮用カメラはネットや雑誌の広告などの、通販を利用すれば手に入ります。

しかし、実店舗で店員さんに相談しながら、色々と手にとって選びたいという方は、秋葉原にある防犯カメラ店で販売されています。

関西方面なら日本橋にも防犯カメラ専門店が何店舗かあり、盗撮用の小型カメラを扱っています。

その他地方でも実店舗で探したいのであれば、防犯カメラと看板を出している店を当たってみましょう。

「盗撮」は証拠収集目的でも違法?

 
盗撮カメラは、多くの種類から選べ、通販でも購入できることがわかりました。でも、実際にそのカメラで盗撮したものは、証拠を集めるという目的でも違法になるのでしょうか?

プライバシーを侵害する撮影の場合には損害賠償請求されることがある

証拠写真のために撮影されたとしても、プライバシーを侵害する写真である場合は損害賠償請求をされることがあります。

一例として、名誉毀損やプライバシー権の侵害に対する慰謝料は10万円~50万円程度とされています。

その中でもヌードの写真であるなど特殊な例と組み合わされる場合、その額も高額になります。

軽犯罪法違反や住居侵入罪などで処罰されることがある

カメラで盗撮するのに他人の住居に侵入して撮影した場合は、軽犯罪法違反となります。

軽犯罪法違反とはいわゆる"覗き"のこと。

また、カメラで盗撮するために相手の所有地に無断で侵入していれば、住居等侵入罪も成立する可能性も高くなります。

浮気の証拠として用いることができる場合はある

自分が損害賠償金を支払う事になっても、それでも証拠が欲しい。

そんな人もいるでしょう。

盗撮した写真は浮気の証拠として使用できるのかというと、出来る場合があります。

しかし、それは軽度の時だけ。

あまりにもひどい盗撮方法を取ると、写真に収められていたとしても証拠能力が失われる場合があります。

証拠集めをしたいがために、個人のプライバシーを無視して行き過ぎた方法で盗撮を行うことを防ぐためです。

「盗撮」による証拠収集で気を付けるべきポイント

 
証拠としてカメラで盗撮をするなら、どの程度に抑えるべきなのでしょうか。どうしたら証拠として使える写真を盗撮できるのでしょうか。

住居権やプライバシーの侵害にならないよう気を付ける

まず、他人の所有地に勝手に入り込んだらそれだけで住居侵入罪等に問われることになります。

また、プライバシーの侵害については微妙な問題なのですが、証拠収集する目的だけで撮影され、裁判など必要な場所でだけ使用されるのであれば、程度によっては許される場合もあります。

浮気されて悔しいからご近所にバラまいてやるとか、ネットで晒してやるなどという目的で撮影すれば違法となる可能性が高まります。

盗撮は最後の手段と考える

慰謝料請求や離婚を考えている場合、どうしても証拠が必要になるでしょう。

証拠がなければ浮気の確証が不十分で慰謝料どころか離婚すらも出来ないこともあるでしょう。

しかし、何も証拠は盗撮でしか手に入らないわけではありません。

違法な行為を侵さなくても手に入る証拠もあるのです。

浮気の目撃者を探す、浮気で使用したホテルのレシートを見つけるなど、違法になりにくい証拠集めからはじめましょう。

盗撮は証拠が集まらない最終手段と考えるのが妥当です。

やはり素人が行うのは難しいもの…専門家への依頼が最適!

素人がカメラで盗撮するには 

  • カメラの性能が不十分で撮影しても顔がハッキリわからない。
  • 住居侵入罪などの罪に問われる可能性がある。
  • カメラで盗撮しているのが相手にバレたら話がこじれる。

など素人には難しく、せっかく撮影しても証拠能力としても効力がない骨折り損な場合もあるのです。

浮気の証拠集めならば探偵に調査を依頼し、裁判でも使用できるしっかりした写真を撮影してもらいましょう。

盗撮するためのカメラついて知りたい人は合わせてこちらも読んでみてください

盗撮するためのカメラについて~証拠収集のために盗撮を考えている人へ~まとめ

 

盗撮用カメラは通販でも購入でき、比較的簡単に手に入ります。

価格も数千円から手に入ることから、素人でも盗撮カメラを使用することは可能です。

しかし、盗撮は違法となる可能性が高く、また、証拠の質が低いことで示談や裁判で役に立たないこともあるのです。

浮気や不倫の証拠として使えるような写真が欲しいなら、安心できる探偵を雇い、ちゃんと証拠として使用できるものを撮影してもらいましょう。

探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部