妻と離婚したい夫必見のチェックポイント!夫が妻と離婚できる理由とは

離婚したいと考えるのは妻だけではなく夫も考えるものです。しかし、離婚がスムーズにいく状況というのは、お互いが同意して慰謝料や養育費といったものが話し合いで問題なく通った時だけであり、揉めるケースも多々あります。そこで、今回はスムーズに妻と離婚したいと考えている人がどうしたらいいのかをお伝えします。

目次

夫が妻と離婚したい理由

6ac7d4ede80205daa8ee5c82c4fae4b2_s


離婚したい理由というのはたくさんありますが、今の時代で上位に出てくる理由の中に性格の不一致といったものがあります。

この性格の不一致に悩まされている人は家にいるのがつらいとか、休まる場所がないとか、一緒にいることができないといった悩みを抱えているのです。

それ以外にも親との同居に反対されるとか、浮気されるとか、お金のトラブルが生じるとか、家庭を顧みないのがつらいとか色々とあるのですが、本気で離婚をしたい方はスムーズに別れたいものなのです。

妻と本気で離婚したいとおもったらまずは男女問題に強い専門家へ相談してみましょう。

妻と離婚するために必要な理由は?

103fd6fe055f108db5ec076e4844600d_s


それではどのような理由があればスムーズに離婚ができるのかを考えていきましょう。

妻と離婚するために必要な理由(1) 妻に大きな原因がある

スムーズに離婚するためには、互いの同意が必要なのですが、片方が同意しなければこじれてしまうので、妻と離婚したいと考えても実行できないで困っている方がたくさんいるのです。実際にYahoo!知恵袋といった質問コーナーにおいてもこの手の質問は減りません。

このようにうまくいかない人でも、比較的手早く離婚できるケースは親族と合わないとか、浪費癖があって夫のお金を使いこんでいるとか、言葉の暴力がひどすぎるといったものがあれば離婚裁判でも離婚が認められるのでこじれたとしても最終的には妻と離婚ができるでしょう。

妻と離婚するために必要な理由(2) 不貞行為はあるのか

不貞行為とは浮気や不倫のことで、妻がこの浮気や不倫をしているのなら離婚裁判になったとしても「裁判で離婚する場合に必要な理由」に該当するので、離婚ができます。

ただし、この不貞行為で離婚をするためには証拠がある程度必要なので、浮気や不倫をしている確固たる証拠を手に入れてください。

その部分が難しいという方もいるでしょうが、それさえあれば理由ありとなって妻と離婚したいと考えている人もスムーズに事が運びます。

妻と離婚するために必要な理由(3) 悪意の遺棄が該当しているか

悪意の遺棄という記載だとちょっとわかり難いものとなっているのですが、要するに勝手に出かけて全く帰ってこないとか、要件を言わずに出ていってしまうといった互いに協力し合う姿が見られなくなったら該当すると思ってください。

これは民法第752条の「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」を守らなかったら離婚できるというものです。

妻を説得するために

819cae474e291cb388b96aafe03f80cf_s


妻と離婚したいと考えている方が必要となるのは説得技能です。

ここではうまく説得する方法を記載します。

落ち着かせてから話し合う

妻と離婚したいけれど離婚がうまくいかない場合は、まず話し合いをすることが大切になります。

離婚話を切り出された場合は相手も興奮してしまうのでこちらの話を全く聞いてくれないケースもあるのです。

そのため、まずは冷静になれるように話し合いの場を持ってください。

感情のぶつけ合いは非常に非生産的で、ただただこじれてしまうだけなので、落ち着かせてから話し合うことが重要になります。

ある程度落ち着かせることができれば、どうして離婚したいのかも伝えられるので離婚がスムーズにいく確率も上がるのです。

冗談ではなく本気であることを理解させる

離婚を伝えられた側が離婚をしたくない場合は、必ずやり直せるという希望が心の中に生じます。

そのため、絶対に離婚するんだという意志を伝えるのが効果的と言われているのです。

ここで、先ほどの話し合いと繋がるのですが、冷静になって離婚理由を告げることができれば、本気の意思を伝えられるので、妻に離婚したいという硬い意志を理解してもらう確率が上昇します。

第三者の力を借りておく

離婚において大切なことは誠意や意志というところでもありますが、こじれてしまってうまくいかない場合は法律の知識が必要となります。

しかし、この法律の知識は付け焼き刃でどうにかなるものではないので、弁護士や離婚カウンセラーなどに自身の状況を相談してどうしたらいいのかの道筋を立ててもらうといいでしょう。

妻と離婚をする前に考えておきたいこと

625866d6fe6ed258ccea5fddce2f8442_s


今度は妻と離婚したい場合、伝える前に考えておく必要があることをお伝えします。

証拠を用意しておく

離婚がスムーズにいくことは残念ながら少なく、人によってはもめにもめて私生活にかなりの支障をもたらすことすらあるでしょう。

そうならないようにするために、できる限りのことをしておく必要があります。

例えば、離婚裁判まで発展すると考えて浮気やDVの証拠を残すために撮影を行ったりデータとして残しておけばよいでしょう。

そうすれば妻と離婚したいけど離婚裁判まで行ってしまった場合、証拠があるので高確率で離婚が認められます。

録音した音声やメールやlineの履歴でもよいので、できる限り集めておきましょう。

養育費や財産分与を考えておく

結婚して共働きの状態ならば、金銭でもめることも少ないかもしれませんが、結婚期間が長く家を購入していたり、子供がいる場合には離婚をしてしまうと財産分与や養育費といったものを用意する必要が出てきます。

この費用に関してもめることも多々あるので、この費用をどうしたらいいのかを離婚問題に強い弁護士に相談して、どう対応したらいいのかを離婚を告げる前に確認しておくといいでしょう。

この部分を理解すれば、妻に離婚したいと告げた後の手順もスムーズに行きます。

ある程度の余裕を持つ

相手の反対理由や言い分を聞き入れる度量を持つことも重要です。

特に理不尽なふるまいをされており、一秒でも早く妻と離婚したいと考えている場合は感情的になって荒れてしまうことも多々あるので、できる限り意見を聞き入れるようにしましょう。

ただ離婚したいということを伝えてもうまくいかないということを理解して挑みましょう。 

妻と離婚したい夫必見のチェックポイント!夫が妻と離婚できる理由とはのまとめ

c6ca561df787a83b1e1e542d9d9dae78_s


妻と離婚したいと考えていても、相手方が離婚を拒否する場合離婚裁判に進んでしまうことがあります。

実際に、弁護士のブログや体験談を見ていただけると解ると思いますが、絶対に離婚したくないと考えているので説得しても無駄となり、離婚裁判に行ってしまうケースがたくさんあるのです。

最終的に裁判で離婚が成立すれば調停にこだわる必要はないのですが、ここまで行くと色々と大変なので離婚までの道筋をどうしたらいいのかを離婚問題に強い弁護士に相談して示してもらいましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部