事実婚で浮気されたら慰謝料とれる?〜法律婚の場合との違い〜

うちは事実婚だから浮気されても慰謝料とって離婚は出来ないし・・・と考えていませんか?事実婚では慰謝料が取れないのでしょうか?そもそも事実婚と法律婚はどう違うの?事実婚で浮気された場合の慰謝料請求について調べてみました。

目次

事実婚って結局夫婦なの?違うの?


事実婚は法律婚と同じように、浮気されたら慰謝料とれるのでしょうか?
 

事実婚や内縁関係など、婚姻届を出さない結婚の形をとっている人も増えてきましたね。その方が自分たちには都合が良いという人が多くなってきたのでしょう。

昔よりも、戸籍を入れるということにこだわらず、自分たちの生活に合わせた結婚の形を選んでも良いのではないかという、今のニーズに合った新しい考え方です。

でも、事実婚の問題点は戸籍上で婚姻関係が確立されている法律婚と違い、結婚しているというのがはっきりと見えないこと。

事実婚って、実際のところ本当に結婚していると認められているのかわからずに、不安な夫婦生活を送っている人もいるでしょう。

事実婚の配偶者に浮気されて、別れたい、慰謝料を請求したいと思っている人のお悩み解決のために解説していきます。

事実婚とはどういう状況?

 

私たちは、世間で言う事実婚なのだろうか?

そもそも事実婚というのはどういうものなの?

まずは、そのお悩みにお答えしましょう。

婚姻届を出していない、事実上の夫婦関係にある男女|内縁の夫婦

事実婚というのは、籍を入れない、事実上の婚姻を重視した夫婦関係です。

昔からある呼ばれ方ですと、内縁関係とほぼ同じ意味となります。

なぜ事実婚という選択肢をとるのか?

事実婚の最大のメリットは、女性が感じることが多いでしょう。

日本は戸籍制度がある国です。

法律で同じ戸籍に入るには「同じ名字でなくてはいけない」という決まりがあります。

このために、法律婚を選んだら変えたくなくても夫婦どちらかの姓に変更しなくてはならなくなります。

姓が変わった時に届けなくてはいけないものとして

  • 自動車免許証 
  • 預貯金通帳 
  • 健康保険・年金手帳 
  • クレジットカード 
  • パスポート 
  • 実印を姓で作っていた人は実印変更 
  • 仕事上の関係者への通知

この他にも氏名変更をしなくてはいけない場面がたくさんあります。

そして何より面倒だと感じるのは、もしも離婚したなら、原則として、また旧姓に戻すために同じ作業を行わなければならないのです。

そこまですると、まったく無駄な手続きに感じるものなのです。

正式な夫婦に準ずる権利と義務が認められる

法律婚によって姓の変更をした人は、その面倒で無駄と思えるような日本の戸籍制度に疑問を感じるのです。

事実婚を選ばれる人は、一度離婚を経験した女性が多いそうですが、それもうなずける話ですね。

そこで気になるのが、事実婚で損をすることがあるのかと言うことです。

事実婚で不倫されたら慰謝料請求できるのか?

 

事実婚の説明が長くなりましたが、ここからはメインのお悩みである事実婚と慰謝料請求の関係について見ていきましょう。

事実婚の夫婦間でも損害賠償(慰謝料)請求はなし得る

さきほども、通常の夫婦とほぼ同等の義務や権利が認められているとお話しましたね。

慰謝料請求についても、事実婚でも法律婚の夫婦同様に認められています。

婚姻届を出していないというだけで、あくまで権利と義務の生じる夫婦なのですから浮気をされても我慢しなくてはいけないということはないのです。

事実婚でも夫婦と同様の義務(貞操義務)が発生

権利を主張するなら義務を果たすのは当然のことですね。

事実婚でも慰謝料を請求することが出来る"権利"があるなら、貞操を守る(配偶者以外と肉体関係を結ばない)"義務"があるということです。

貞操義務だけでなく、

  • 同居・協力・扶助の義務、
  • 婚姻費用分担の義務など

についても、法律婚の夫婦の義務と同じ義務が課せられているのです。

不倫相手にも慰謝料請求が可能

お話は慰謝料の話に戻りますが、浮気をされて慰謝料請求する場合、浮気相手の方に"罰"として請求したいと思われる方も少なくないでしょう。

いくら事実婚であったとしても、他人の配偶者を奪うような行為を続けていた人に対して「なぜそんなことをするの」と憤りを感じ慰謝料を請求したいでしょう。

そんな人も安心してください。

事実婚であっても、法律婚と同じく浮気相手にも慰謝料請求をすることが出来るのです。

もちろん、相手が慰謝料を支払う意思を見せない時は、裁判で争うことも出来ます。

事実婚で不倫された場合の慰謝料の請求するには(1) 事実婚の証明が必要

 
事実婚の夫婦でも、配偶者の浮気には慰謝料請求することが出来るのです。そして、そのためには浮気の証拠を集めることが大切になってきます。

まずは事実婚(内縁)の証明する証拠が必要

あなたに事実婚の配偶者として慰謝料請求する権利があるなら、その権利者であることを証明するものが必要になってきます。

これは法律婚でも同様に行うので、事実婚に限ったことではありませんが、法律婚のように戸籍を用意すれば良いというわけにはいきません。

なんだか面倒そう。

お金がかかることなのか?と心配されるかも知れませんが、この証明も意外に簡単なことで出来るのです。

慰謝料請求のための事実婚の証拠(1) 住民票

ここで思い出していただきたいのが、事実婚である条件です。

互いに婚姻関係を結ぼうとする意思と同居の必要です。

お互いの気持ちを証明するのは少し大変なので後回しにして、まずは同居の証明です。

これは、住民票で簡単に証明することが出来ます。

住民票には、いつからその住所に住んでいるのかということも記載されています。

事実婚の判断において重要視されることもある、同居の長さも同時に確認することが出来ます。

慰謝料請求のための事実婚の証拠(2) 知人・家族の証言

事実婚を証明するには、周りから見て2人の生活は夫婦と同様かというのも重要なポイントとなります。

夫妻が共同の生活のために一生懸命働く姿などは周りから見ても「微笑ましいご夫婦だ」と映るでしょう。

このような状態に関する証言は事実婚の証拠のひとつになります。

慰謝料請求のための事実婚の証拠(3) 公共料金の請求書

もう一つ夫婦として大事なポイントは「生計を一にしている(おサイフはいっしょ)」ということです。

このための証明によく公で事実婚の証明として提出を求められるものに公共料金の請求書があります。

慰謝料請求のための事実婚の証拠(4) 共通の通帳口座

 

そのご家庭の生活費がどのような流れになっているのかわかれば「家計を共にしている=夫婦」であることが証明できます。

それが確認できるものとして、通帳が有用となってくるのです。

事実婚で不倫された場合の慰謝料の請求するには(2) 次に不貞行為を証明する

 

事実婚の証明は、意外と身近なもので証明できましたね。

次は、慰謝料請求にかかる前に、浮気の事実を証明するものを集めていきましょう。

不貞行為を証明する証拠が必要

浮気の慰謝料請求をするには、その浮気を証明するものが必要です。

浮気の証明には 事実婚の配偶者と浮気相手が不貞行為、つまり性行為を行ったということを証明しなければなりません。

  • ラブホテルに出入りする写真

は証拠になり得ます。

かといって・・自分で調査をするのにはリスクが多い

浮気の証拠を集めるにはまず「相手にバレない」ことが大切です。証拠もたくさんあった方が慰謝料請求がスムーズに進みます。

浮気調査をしている時、相手にバレてしまったらその後の調査が困難になるのは目に見えていますよね。

慰謝料を請求できる確率も低くなってしまうでしょう。

本格的な調査は探偵事務所に依頼しましょう

そんな時に力を借りたいのが、証拠集めのプロの手です。

探偵事務所に調査を依頼すれば、先に述べたリスクを回避し、裁判でも使える有力な証拠を手に入れることができます。そして探偵の集める証拠(不貞行為を証明できるもの)があればその後の選択肢が広がります。

  • 内縁関係の解消
  • 慰謝料の請求
  • 浮気相手に誓約書を書かせ二度と合わせないようにする

    など、逆にいえば証拠がなければ何もできないのです。自分で手に入れた証拠が全く効果がないものだったらせっかくの苦労が水の泡です。
    後悔しないような選択をするためにも、本格的な浮気調査は探偵事務所に相談することをオススメします。

探偵事務所の費用は?安く抑える方法はある?

探偵に慰謝料請求できるだけの証拠を集めてもらう場合、目安になるような相場というものははっきり行ってありません。浮気調査はケースバイケースだからです。参考までに、最も多い料金は浮気調査の終了までで30〜40万円程度が多いとされています。

これは、探偵2人で3日間、1日6時間程度の尾行をして証拠を集めた場合です。

この金額を高いと感じるかは個人差がありますが、出来るだけ抑えたいと思う気持ちは誰でも同じですよね。

探偵の費用を抑えるには 

  • 行動してもらう期間を絞る 
  • 配偶者の行動範囲などあらかじめ情報を多く提供する 
  • 探偵の移動を節約する 

というものがあります。

また、そもそも料金設定が明瞭で基本料金の安い探偵事務所を選ぶということも大切です。まずは一度見積もりを出してもらうためにも、無料相談を実施してみてはいかがでしょうか?

自分にあった探偵を見つける

また、証拠がある場合には、慰謝料請求の専門家である弁護士への相談をお勧めします。

弁護士に相談する

事実婚で不倫されたら慰謝料とれる?〜法律婚と事実婚の違いとは〜のまとめ

 

夫に浮気された!慰謝料請求したいけれど、事実婚だから・・・と諦めないで!というお話をしてきました。

事実婚と言っても婚姻届を出していないだけで、法律婚の夫婦と同様の義務や権利があることがわかりましたね。

実際の慰謝料請求も法律婚夫婦と同じ。大切なのは証拠集めです。

証拠集めのプロ・探偵・弁護士の力を借りるとともに、費用を抑えるためには、あなたの情報提供やピンポイントで張り込みや尾行を行ってもらうなどの工夫が必要となります。

事実婚だからと慰謝料請求を諦めず、浮気をした配偶者と浮気相手にはしっかりと償わせることが大切なのではないでしょうか?

この記事の作成者

カケコム編集部