人探しの方法教えます!人探しの多様な手段

人探しには、アプリケーションやSNSのインターネットサービスを活用できます。Facebookをはじめ、LINE、Twitterなどは情報の宝庫。これらのサービスを利用して、ちょっとした家出による人探しなどの場合は費用をかけずに見つけることができるでしょう。
ただし、緊急的な場合や情報がない場合などは警察に届け出たり探偵事務所に依頼するほうが確実です。

目次

人探しの方法は様々!その方法を紹介します

人探しで使えるSNSやアプリは多くありますが、ポイントはどれを使っても「探す人の情報をどれだけ持っているか」です。

探したい人が家族である場合などは、その人が使っていたパスワードやIDなどが分かれば、すぐに見つけることもできます。
 
恋人・友人などは、その人の趣味や嗜好でキーワードを入れたり、SNSに登録しているであろうニックネームを入れて検索することで、何らかの手がかりが見つかるかもしれません。
 
また、SNSの種類によって、使う年代が違っていたりするため、昔からあるmixiなどは年齢に応じて利用者を特定できる可能性があります。色々なSNSやアプリには多くの情報や手がかりがあるので活用してみたほうがよいでしょう。
 

人探しの新常識はインターネット!ネットを活用した人探し

 
人探しで実際に使えるSNSやアプリは以下のとおりです。
 
何らかの手がかりを見つけることができ、かつ、特定したい人物が利用していれば現状を知ることも可能です。
 
有名どころのSNSサービスですが、人探しの場合は基本中の基本となります。

人探しに活用できるインターネット⑴ Facebook

人探しで活用できるSNSはいくつかありますが、Facebookは最も有名なサービスです。

利用する人は実名で登録しているほか、ニックネームを使っているため、人物を特定する場合などはすぐにわかることがあります。
 
出身地・出身校などからも検索できるので、1つの情報から推測できる可能性が広がるでしょう。
 
写真の投稿なども、その人を探す上で重要な手がかりになります。
探したい人物がFacebookを使っているなら、行動した際に撮った写真を投稿していることもあるので、行動範囲などもわかるでしょう。
 
Facebookからのお知らせメッセージを受信するに設定している場合などは、「○○さんは知り合いですか?」などのメッセージが入るため、そこから情報が得られることもあります。

人探しに活用できるインターネット⑵ 掲示板

インターネットの尋ね人掲示板なども人探しに活用できるサービスです。

無料で登録し、掲示板に書き込むことで何らかの手がかりが見つかるかもしれません。
 
大切なのは、掲示板に寄せられる情報1つに焦点を合わせず、いくつか寄せられた情報を総合して「共通してある手がかり」にポイントを絞ることです。
 
ネット情報は膨大なため、すぐに次の情報が入ってきます。信憑性の薄いものが多い中、その情報を紡いでいくことで、1つの有力情報が浮かび上がるのです。
 
情報の中から共通するキーワードなどを拾っていき、繋げることで1つの結果を導くというスタンスをとるほうがよいでしょう。

人探しに活用できるインターネット⑶ Facebook以外のアプリ:mixi

 mixiは昔から存在するコミュニティサイトですから、すでに多くの人に認知されています。

探したい人のニックネームやIDなどが分かっていればすぐに検索できますが、趣味や嗜好などから検索してコミュニティを広げていくと、手がかりがつかめるかもしれません。
 
ここでも大切なのは、「いかに特定したい人の過去や行動を知っているか」です。

過去の行動や情報を集めることで「今、その人であれば何をしているか」を推測でき、具体的な情報を提供できるのです。
 
○○の趣味があれば、特定のイベントがあるときに○○へ行くだろうなど。

mixiのコミュニティに入り、そこでの会話から情報を得ることもできます。

人探しに活用できるインターネット⑷ Facebook以外のアプリ:インスタグラム

インスタグラムは写真や動画に特化したSNSで、最近有名になったサービスです。

特定したい人物が利用していれば、現状を動画で配信したり、写真で投稿している場合もあるでしょう。
 
これについても、個人の過去の行動パターンや趣味、仕事で関わった場所などから、検索条件を絞っていくことができます。
 

人探しに活用できるインターネット⑸ Facebook以外のアプリ:LINE

人探しの基本は身近な友人・知人です。
 
会社で関わった人や、昔からの友人や知人はLINEでつながっていることがあり、友人の名前を検索すればともだち登録してくれるかもしれません。

そこで事情を明かし、特定したい人の情報を聞き出すことができるでしょう。
 
基本は通話利用のため、実名で登録(ひらがな・カタカナ・ローマ字含む)していることがあるので、特定したい人の名前を検索することで何らかの情報が得られる可能性があります。
 
情報を拡散させるという意味で、LINEでともだちをとにかく広げていき、ヒットするか試してみることです。

人探しに活用できるインターネット⑹ 位置情報

プレイアンティセフトは最も有名な位置情報検索サービスです。

多くのサイトでも紹介されているとおり、スマホにアプリをインストールした上で、PCからもインストール。位置情報を検索することができるので、人探しの際は便利でしょう。

ただし、特定したい人物がインストールしているという前提のもと位置情報を検索できるのであって、まったく手がかりのない状態からは検索できません。また、盗難防止用に開発されたアプリですから、取り扱いには注意が必要です。

人探しにおいて注意すべき点!ネットを活用した人探しの危険性

 
ネットは顔の見えない相手とのやりとりですから、投稿された情報をすべて信じてはいけません。

あくまで、上がってきた情報の中から「共通している情報」に焦点をあて、それを1つ1つ潰していくという、いわば消去法の人探しになります。

人探しにおいて注意すべき点⑴ネットでの人探しは情報の取捨選択が必要

 ネットから得られる情報は膨大です。

このため、ネット検索をかける場合には、「特定する人物の行動パターン」などを知ったうえで行う必要があるのです。
 
情報を取捨選択する際に、1つの情報を追いかけ続けて、それが根拠のないものだったら時間と労力がムダになってしまいます。

そのために、特定人物について「自分しか知り得ないことをいくつか伏せた上で」それ以外の情報で検索をかけます。
 
そして、秘匿している情報と一致するような情報のみに焦点を当ててアクセスをかけ絞っていくのです。

人探しにおいて注意すべき点⑵ネットでの人探しは個人情報の流出や悪用の恐れあり

 人探しのために掲示板などに書き込んだ内容が具体的すぎて個人情報を出してしまうことがあります。
探している方は必死でお願いするために、「できるだけ具体的な情報」を提示しますが、ネットでこれを出すのは、個人を特定させることにつながります。
 
SNSで使っているパスワード、IDなどを提示してしまえば、例え人探しといえど、顔の見えない相手に情報をあげてしまうことです。

SNSやアプリケーションでの人探しは、あくまでネットワークでのやりとりということを絶対に忘れてはいけません。

人探しにおいて注意すべき点⑶ネットに頼りすぎてトラブルが大きくなってしまうことも

ネットで人探しをしたら、果たして情報提供者は本当に真実を語ってくれるでしょうか?
その人物を知っているということは、探している人物と接点があるため、何らかの事情を聞いているかもしれません。
 
特定人物が探されたくない、あるいは事件性があるという事情の場合は、情報提供者に何らかのトラブルが降りかかる可能性もあるのです。

人探しは自分一人では限界がある

 
1人の人物を全国あるいは海外から特定するというのは並大抵のことではありません。

警察や探偵が行う調査のうち、人探しは最も労力と時間のかかるものなので、それを個人が行うというのは限界があるでしょう。

人探しは簡単なものではありません。一人で行うときは無理は禁物!

人探しは多くの時間と労力がかかります。

1人の人間の行動パターンを予測し、手がかりのない状態から可能性のある場所へ行ったり、聞き込みをしたりと、あらゆる方法を使うことになるのです。
 
ネットでの呼びかけはその手法の1つに過ぎませんから、1人で人探しを行うときには長期戦を覚悟しましょう。

お金も時間もかかることから、無理をしないことが大切です。

どうしても探したい、緊急的な場合などは警察などに捜索願を出すようにすべきです。

人探しが緊急性、危険性を伴うものなら警察に相談しましょう

警察に対して捜索願を出せば、事件性のあるものについては全国的なネットワークを駆使して情報提供を呼びかけます。

個人の携帯の明細や給与明細はもちろん、銀行口座の履歴、出入国の手続き状態までを照会するでしょう。

ただし、これはあくまで事件に関わると判断された場合であり、捜索=捜査になるような場合です。

人探しのケースも千差万別ですから、状況に応じた対応が必要となります。

人探しは探偵事務所に相談すると安全に解決できます!

人探しで探偵を探している場合は、FUJIリサーチにアクセスしてみてください。

FUJIリサーチは、関東を中心に全国の主要都市にネットワークを張り、プロの調査員が稼働しています。
 
これが人探しにおいて重要なポイントとなり、ネットワークの広さはそのまま成功率を高めることにつながるのです。
料金プランや調査内容についても明示してあり、信頼できる探偵事務所といえるでしょう。
 
調査業協会で認可され、人探しについて実績を残しています。
人探しは、事件性のあるものは警察に捜索願を出しますが、事件につながるかどうかの判断は推測の域をでません。
 
FUJIリサーチのように、事件性への可能性も考慮した対応で人探しを行い調査すれば、早期に解決する可能性が高まっていくでしょう。
 

人探しの方法についてもっと知りたい方にはこちらの記事もオススメです

素行調査って何をしてくれるの?〜浮気や不倫調査でよく行われる素行調査の実態とは?〜

【家出の行き先ランキング】人気の家出先と家出された側がするべきことをご紹介!

探偵に相談するときのポイントと相談前にやっておくと良いこととは?〜費用を安く抑えられるかもしれません!〜

 

人探しの方法教えます!人探しの多様な手段のまとめ

人探しの方法はSNSやアプリケーションを使って行う方法もあります。

しかし、情報を拡散すればそれだけ膨大な情報と向き合う必要が出てくるため、1人で行うには限界があるでしょう。
 
事件性のある案件であれば警察が照会をかけて探してくれますが、事件の可能性の少ない案件については探偵事務所に依頼するのが解決への早道といえます。
 
FUJIリサーチは人探しのプロであり、主要都市にネットワークを貼る、信頼のおける探偵社です。
人探しは時間との勝負でもあるため、早期解決に向けて、FUJIリサーチにアクセスしてみましょう。
 
この記事の作成者

カケコム編集部