不倫を勘違いして本気になってしまったときのリスクとは?

人の人との関わりは、お互いに空気が読めていないと勘違いも起こります。でも不倫でこの勘違いが起こるとその後の人生に関わるような重大な問題にも発展しかねません。自分は勘違いの不倫をしていないかな?と心配な人は、もう一度胸に手を当てて考えてみてください。

目次

不倫を勘違いして本気になっていませんか?

 

不倫の勘違いで一番困るのは、本気になってしまうことです。

不倫相手は、ただの遊びとしか考えていない場合、あなた一人が真剣に付き合っていたら泣きを見るのはあなた一人ってこともあるのです。

そもそも不倫は、自由恋愛とは違って慰謝料請求や離婚など大事に発展してしまうことも多い恋愛ですね。

当事者の二人の気持ちが勘違いによりズレていたら・・・。

その先に待っているのは不幸しかないのではないでしょうか。

そんな不幸を避けるために、勘違い不倫はしっかり対策していきましょう。

そもそも勘違いであっても不倫が違法行為って知っていますか?

 

不倫ってそんなに大げさに言う必要があるの?と感じた人いませんでしたか?

不倫を甘く考えていた人は、もう一度不倫というのはどんなものなのかしっかり確認してください。

民法では不貞行為を離婚事由として定めているため「不倫は不法行為」という捉え方ができる

夫婦の離婚問題は民法を基本に考えていくことになります。

その中に、離婚できる理由として挙げられているのが「離婚事由」です。

5つからなるこの離婚事由の一つに、不貞行為(配偶者以外の異性と性行為をすること)があるのです。

今まで不倫に無縁ならこの事を知らなくても仕方ありませんね。

でも、勘違いの不倫してしまっているなら、このことは必ず覚えておかなければなりません・・・

もちろん高額な慰謝料請求も可能になる

離婚には慰謝料がつきもの。

でも、離婚しないなら平気でしょう?と思われていませんか?

でも、離婚だけでなくて正しい夫婦関係を乱す行為として、離婚しなくても不倫相手にも慰謝料請求できるのです。

高額な慰謝料を請求されたら今後ずっとお小遣いもなし、妻や夫に頭が上がらない・・・。

勘違い不倫によって、これからの人生が面白くないものになってしまうことだってあるんです。

ただのお遊びであったつもりかもしれませんが不倫は違法行為なんです!

いやいや、不倫と言っても遊びだったんだからと言い訳しても、それは相手が聞いてくれれば・・・のお話です。

不倫をされて傷ついた相手は、あなたに対してまず信頼感を無くすでしょう。

殺してやりたいほど恨む人もいるくらいです。

あなたの感覚と不倫された人の感覚は違います。

遊びだと思っているなら、なおさら支払う代償が大きすぎることを意識してみてください。

男女関係に強い専門家に相談する!

不倫を勘違いして本気になってしまった場合に考えられる最悪のパターンとは?

 

ここまでは、勘違い不倫に限らず一般的な不倫についての基礎知識でした。

ここからは、勘違い不倫がどれだけ危険なのかお話していくことにしましょう。

入り浸りすぎて不倫をしていることがバレ、妻もしくは旦那と離婚

不倫相手に夢中になりすぎる勘違い不倫をしている人は、しょっちゅう不倫相手と関わりを持ちたがります。

相手に家に入り浸る人もいるようです。

あなたはそんなことをしてはいませんか?

浮気がバレる原因に、普段と違うことをして怪しまれるというものがあります。

社会人になると生活パターンが決まってきてしまうものですね。

一緒に暮らしている夫婦なら、すぐに相手に何かあると気づいてしまうのです。

さらに、高額な賠償金が降り注ぐ

不倫を勘違いしてしまって本気になってしまうと、不倫のしすぎで配偶者にバレて離婚。

でも、悲劇はそれだけでは済みません。

不倫の慰謝料の相場をご存知でしょうか?

一般的な慰謝料は50万から300万と言われています。

離婚した場合の慰謝料は高額になりやすいので、100万以上と考えても良いでしょう。

そんな高額な慰謝料を払ってまでも、あなたは勘違い不倫を続けていけますか?

不倫相手はあなたを割り切った関係として接していたため結婚に至ることにはならず

不倫を勘違いしても本気になってしまう人は、自分の妻や夫よりも不倫相手といることが心地よく感じているでしょう。

夫婦も長く連れ添ううちにだんだん空気のように感じてきてしまいますね。

トキメキが足りないと感じる人もいるでしょう。

その気持ちはよくわかります。

でも、相手はあなたと違いクールに不倫を楽しんでいたら?

家庭は家庭。

不倫は遊び。

あなたと一緒になってくれることは無いでしょう。

社会的信用を失うだけでなく、独り身として、高額な賠償金が残る

高額な慰謝料を払っても、不倫相手と再婚できるならいいと、勘違いして離婚。

でも実際に相手にとってあなたは遊びの相手だった。

不倫からの離婚とバレたら社会的な信用もガタ落ちしてしまうでしょう。

あなたが勘違いして本気だったとわかれば、不倫相手もあなたを避けるようになるでしょう。

面倒なことには巻き込まれたくないですから。

あなたには高額な支払いだけが残ってしまうのです・・・。

踏んだり蹴ったりとはこのことです。

危険な勘違い不倫はもうやめよう!そう決意したのなら・・・

 

不倫は、あなたの人生を狂わせることもある危険な行為です。

特に勘違い不倫の悲惨さは、目も当てられませんね。

もう、そんな勘違い不倫はやめましょう。

不倫相手と話し合ってもう会うのをやめる

勘違い不倫をやめようとしたら、まずは不倫相手にあなたの気持ちをハッキリいうことからはじめましょう。

不倫をしている人の中には、不倫慣れしているクールな人もいれば、あなたのように本当の恋と勘違いしてのめり込む人もいます。

あなたの不倫相手があなたのように勘違いしているなら、その目も覚まさせてあげるのが良いでしょう。

不倫がどれだけ危険なのか、あなたが思っていることをすべて相手に話してみましょう。

そして、不倫はやめ、もう二度と会わないようにすることです。

一方的に連絡を絶つ

不倫相手がすぐにカーッとなって暴力を振るったり、自殺をしてまでも別れを拒否しようとするような人であれば、不倫をやめることを直接話すのは危険ですね。

相手自身が「不倫は終わった」と気づかない限り、あなたには身の危険があります。

その場合は、一方的に連絡を取れないようにするのもひとつの手です。

勘違い不倫をしてしまった責任として、自分の身は自分で守りましょう。

泥沼化しそうなら男女問題に強い弁護士に依頼して丸く収める

不倫相手と別れる決心はついたけれど、相手の性格を考えると素直に分かれてくれそうにない。

最悪の場合暴力を振るう、妻や会社にバラされるような相手だと感じる時は、自分ひとりで何とかしようとするのは無理でしょう。

そんなときに頼りにしたいのが、法律関係に強い弁護士の存在です。

弁護士から連絡が来たというだけで大人しく言うことを聞いてくれる人も少なくないのです。

男女関係に強い弁護士に相談する!

不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

不倫を勘違いして本気になってしまったときのリスクとは?のまとめ

 

不倫は違法行為で、それだけでもリスクが高いものです。

特にそれが勘違い不倫であったなら、更にそのリスクが増すことも理解できたのではないでしょうか。

不倫はあくまでも自分の家庭があってこその不倫です。

不倫を本気にしてしまうと、苦しませてしまう人も増えてしまう事を考えてあげてください。

戻れるのであれば、あなたの妻や夫のもとに戻るのが一番です。

不倫相手と別れるのが大変そうなときは、弁護士の力を借りて円満に解決してもらいましょう。

この記事の作成者

カケコム編集部