内縁の妻・夫は財産分与ができるの?よく知らない内縁の法的保護について

内縁関係だから、財産分与は諦めなくてもいけないの?婚姻届を出していないから、別れる時も法的な保護は無いというのは間違いです。よく知らなかった内縁と財産分与についてまとめてみました。内縁の妻・夫との関係を終わらせようと思っているなら、知っておきたい法律問題をわかりやすくご説明します。

目次

内縁の妻・夫と通常の夫婦の違いってなんなのでしょうか?

 

内縁関係と一般的な夫婦関係の違いは、婚姻届を出しているかいないかです。

内縁の妻や夫であっても、最近はそれほど肩身が狭い思いもせず、世間からの認知度も高くなってきています。

「うちは内縁関係だから」と言って自分の権利を主張せずに損をしてしまっていませんか?

そもそも内縁関係とは?

 

内縁関係と言うけれど、具体的にこんな夫婦ですと正しく答える自信がある人は少ないのではないでしょうか。そんな人のために、まずは内縁関係についてのおさらいからはじめましょう。

内縁関係とは(1) 事実上の夫婦関係にある男女

内縁関係といえど、夫婦です。妻もいれば夫もいて、2人の間に子供をもうけているご夫婦もいます。

他の人から見たら、一般的なご夫婦と何ら変わりないのが、内縁の妻・夫の特徴です。

周りから見て、「あのお宅は、本当のご夫婦じゃないわね」という状況に見られるような

  • 「正式な婚姻関係にない男性の通い婚」
  • 「住民票を別にするいわゆる短期的な居候状態」

では内縁の夫婦とは言えません。

内縁関係とは(2) 婚姻届を出していない・婚姻意思があること

ご近所さんにとっても、「あのお宅は夫婦だ」と思われるような暮らしをしていているにも関わらず、婚姻届を役所に提出していない男女の同居生活。

それだけで内縁関係かというと、またちょっと違うのです。

それだけでは、ただの同棲のカップルと代わりありません。

内縁の妻・夫とされるためには、お互いに夫婦であるという自覚を持ち、2人で協力しあうという夫婦の大前提をクリアしている必要があります。

他人から見て夫婦と見られる生活をしているだけでなく、婚姻届を提出していないこと、そして何よりお互いに自分たちは夫婦であると思って生活しているということが必要なのです。

内縁関係とは(3) 正式な夫婦に準ずる様々な法的保護が与えられる

内縁関係が同棲カップルや愛人関係と明確に違う点は、夫婦とほぼ同等な保護を受けられることになっていることです。

法律的にも内縁関係は、何らかの理由があって、婚姻届が出せないだけで一般的な夫婦と変わりない夫婦と認められているのです。

それならわざわざ婚姻届を出さないで内縁関係の方がお得かな?と思われる人もいるでしょう。

でも、そう考えるのはちょっと早いです。

内縁関係が一般的な夫婦とほぼ同等なのは保護だけではないのです。

次の項ではその点についてお話していきます。

内縁の妻(夫)がもつ権利と義務

 

内縁の夫婦にあるのは、法的に保護されることだけではありません。

一般的な夫婦とあまり変わらないのは、権利や義務も同様です。

内縁の妻・夫が持つ権利

夫婦の間にある権利は、

  • 配偶者の退職金を受ける権利 
  • 労災の遺族年金の受給の配偶者権利 
  • 遺族補償年金を受ける妻の権利 

この3つがあります。

例え内縁の妻・夫に先立たれた場合でも、この3つに関しては財産分与にはあまり影響せず、他の相続者に意義を唱えられることも少ないでしょう。

内縁の妻(夫)に与えられている権利として、堂々と受け取ってください。 

内縁の妻・夫が持つ義務

内縁関係でも夫婦として認められるには、それなりのしっかりとした義務を果たすことが必要となります。

  • 不貞行為の禁止 
  • 家計を同じくし協力しあう義務 
  • 同居の義務 

内縁でも夫婦と同等の保護や権利があるのですから、義務も同等に課せられるのです。

「内縁関係だから浮気してもいいでしょ」

「内縁関係だから慰謝料請求できないだろう」

というのは間違った考え方です。

内縁解消の時は基本的に離婚時と同じ権利関係が発生

内縁関係でも慰謝料が請求できるということから、ピンと来た人もいらっしゃるでしょうが、関係を解消した時にも一般的な夫婦の離婚と同じ権利を主張することが出来るのです。

内縁の配偶者の不貞行為が別れの原因ならば、慰謝料請求を浮気相手にも出来ます。

2人の間の子供に対する養育費の支払いもその中の一つとして、内縁関係でもキッチリと行いましょう。

内縁の妻・夫も財産分与できるのか?

 

慰謝料や子供の養育費が請求できるなら、もう一つ別れの時にキッチリと決めたいものがありますね。

そう財産分与です。

この財産分与については、内縁関係の夫婦ではどのようにしていくか見てみましょう。

内縁の財産分与(1) 内縁も財産分与をすることができます〜離婚と同じように考える〜

財産分与の考え方については、内縁関係を解消する時も離婚と同様に考えることが出来ます。

内縁の夫婦関係をはじめた後の財産は夫婦の財産と認められるのです。

  • 家を買った
  • 車を買った
  • 資産運用としてマンションを買った
  • 株を買った

すべて内縁関係後のことならば、その名義人がどちらになっていても、換金したり、貨幣価値に計算したりしてキッチリと財産分与が出来ますよ。

ただし、高額な物でも個人のこづかいの中から趣味で購入したものは財産分与の対象とならないものもあります。

例えば、家族で使用する自家用車は財産分与の対象ですが、夫がこづかいで購入し、休日の趣味として使用しているバイクは財産分与の対象とはなりません。

内縁の財産分与(2) 家庭裁判所の調停や審判を利用できる

財産分与には当然ヘソクリも含まれます。

内縁の夫・妻がこっそり隠していた高額な証券など、元々の金額の出処が不明なものは、証拠を集めて調停や裁判でハッキリとさせたいですよね。

見捨てておけない金額を隠していることもあるのです。

内縁関係でも、このような財産分与に関する調停や裁判を申し立てることができます。

内縁関係だから言う権利は無いなんて言い逃れされないよう、しっかりと弁護士に相談するのが良いでしょう。

内縁の財産分与(3) ただし死別の場合は”相続”になるので財産分与としては受け取れない 

しかし、その高額なヘソクリが内縁の妻・夫の死後に見つかったら・・・。

実は、内縁関係で保護されているものの中には、死後の財産分与はありません。

内縁関係で認められていない権利に相続権があります。

死後の財産分与は相続になってしまうので、内縁関係では受け取ることが出来ないのです。

2人が一生内縁関係のまま添い遂げようと思っているならば、残される配偶者のために、自分の財産分与について何らかの策を講じておく必要があります。

これは、また別の記事に詳しく説明していますのでそちらを参考にしてください。

内縁の財産分与でありがちなトラブル

 
 

たとえ、死別でなくても内縁関係の財産分与には、一般の夫婦よりも障害が多くなります。

財産分与は大きな金額が動くので様々な人の思惑が交差してくるのです。

内縁の財産分与に関するトラブルの一例をご紹介します。

内縁の財産分与にありがちなトラブル(1) 法定相続人とのトラブル〜財産分与を認めない?〜

内縁の妻(夫)が資産家であれば、当然その方の死後の遺産を当てにしている人も出てくるでしょう。

内縁関係にあるあなたに財産分与をされ、半分も持っていかれたのでは、自分が相続する遺産が少なくなってしまうので、どうにかあなたを騙そうとするかも知れません。

法律に詳しくないと、そんな法定相続人たちの口車に乗せられて、ずっと少額の分与された財産を受け取ることになってしまうかも知れません。

後で「もっともらえたはずだったのに」と気づいた時には取り返しのつかないことになっているかもしれません

内縁の財産分与にありがちなトラブル(2) 死別によるトラブル

内縁関係の配偶者は、財産分与のうち死後の財産を相続人たちと分与することはできません。

でも、遺言状がある場合は遺言が優先されます。

ただし、あまりにあなたに財産分与する割合が多い場合は、法定相続者が不服を申し立てる権利もありますので、トラブルになる可能性もあります。

必ずしも遺言を書いてもらったから大丈夫と安心できるわけではありません

内縁の財産分与に関する問題は弁護士へ相談を 

 

人情で考えれば、死後の財産分与の権利はなくても、多少なりのお礼として渡しても良いと思うのですが、お金の問題となると、他人のことまで考えきれないのが人間です。

そんな時にあなたの頼もしい味方になってくれるのは法律の専門家である弁護士です。

遺言などは制度も複雑ですので、最期まで内縁の妻・夫に添い遂げようと考えているなら、早い段階で弁護士に相談することが望まれます。

内縁の妻(夫)は財産分与ができるの?よく知らない内縁の法的保護について〜のまとめ

 

内縁の関係と言えども、一般的な夫婦と同じく支え合って生きていく義務があります。

その義務を果たしているからこそ、お別れの時には2人で作った財産の分与はキッチリと請求したい権利のひとつです。

内縁関係であることから、軽く見られて遺産の相続人とのトラブルになることもあります。

そのように、あなたの正当な財産分与を阻止しようとする人たちには、弁護士を通してキッチリと話をつけるのが一番です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部