逆不倫って言葉知ってますか?〜不倫に次ぐ不倫?危険性は?疑問にお答えします!〜

逆不倫という言葉、知っているでしょうか?不倫をして別れた後、その別れた元配偶者と不倫関係になるということをここでは逆不倫としています。そこで今回は、この逆不倫はどんなリスクがあるのか?もししてしまったらどうすればいいのか?について説明していきます!

目次

逆不倫って言葉聞いたことありますか?

 

逆不倫という言葉。

不倫の既婚者ではない方を指す言葉。

または、女性の既婚者の不倫と言う意味で使う人もいるようですが、まだまだ新しい言葉でその使われ方も多岐に渡っています。

どうも逆不倫という言葉がはっきり理解できないという人も多いのではないでしょうか?

もしかして、自分は逆不倫なんじゃないか?

そういった疑問を持っている人は、逆不倫は普通の不倫とは違うリスクがあるのか気になりますよね。

その疑問について調べてみました。

男女問題に強い弁護士に相談する

逆不倫とは?

 

逆不倫という言葉はどんな不倫のことなのでしょうか?まずは、ここで言う逆不倫とはどのような不倫を指す言葉なのかについてお話します。

不倫相手と結婚するために離婚したものの、再婚後も元のパートナーと性交渉をするなどして不倫をしていること

逆不倫という言葉が指す一つの例として、不倫の後離婚、不倫相手と再婚した人が、今度は元配偶者とよりを戻して肉体関係を持ってしまうという不倫状態を指します。

一度別れたと言っても、慰謝料であったり子供の養育費などで顔を合わせたり連絡する機会もあります。

再婚に不満があったりする場合このような逆不倫もあるんですね。

ちなみに逆不倫は厳密に定義されているわけではない

逆不倫という言葉は、まだ浸透していない状態で様々な意味で使う人がいるというお話はしましたね。

先程ご紹介した元配偶者との浮気を逆不倫と呼ぶのもその一例です。

正確に逆不倫という言葉はどのような状態なのかはっきり言っているものはないのです。

この使い方が正しいというものは存在しないようです。

逆不倫のリスクや問題はどういうものがある?

 

逆不倫は定義が無いものですが、ここでは元配偶者との不倫を指すこととしてお話します。元配偶者との逆不倫にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

そもそも不倫行為自体が違法行為

一度は夫婦だった男女だから、肉体関係などそれほど重たい罪ではないんじゃないか?

機会があったら関係を持ってしまうことだってあるだろう。

それほど、法律も甘いと良いのですが、そこは元夫婦であっても逆不倫の場合は、れっきとした不倫関係。

罪の重さも普通の不倫と同じなのです。

なので、そこに肉体関係があれば不貞行為として違法になる可能性が高いのです。

高額な賠償請求や離婚の可能性も高い

罪の重さは普通の不倫と同じ逆不倫。

もし現在の配偶者に関係がバレてしまった場合は高額な慰謝料など精神的賠償金請求されてしまうこともあるのです。

配偶者の浮気を疑う場合、一度肉体関係があった人をまず疑ってしまいがちです。

自分の妻・夫が何かと理由をつけて元配偶者と会っていたら・・・。

逆不倫は普通の不倫よりバレやすくなりそうですね。

加えて逆不倫は、前の不倫時に誓約書や示談書を作っている場合が多く、罰則がより重なることが考えられる

元配偶者と離婚してから、不倫相手と再婚。

この逆不倫の場合、不倫関係を持つのは最低でも2回以上になりますね。

2回ということは、1回目の時に結んだ誓約書などで「不倫行為を二度としない」などの文言を入れている可能性が高いです。これを破ったということになりますから、一度目よりも罰則は重くなるでしょう。

また、こうした前の不倫のときに示談書や誓約書としてしっかり形に残っている場合、「それよりも重い罰則を課さないとこの人ならまた不倫する」と思われ、どんどん罰則が重なってくることも考えられます。

社会的信用・職・家庭など身の回りの全てが崩れ去る恐れがあります

ここで言う逆不倫は一度不倫をした後で、元の配偶者と不倫してしまうことです。

一度目の不倫ならまだしも、見逃してくれた会社や周りの人たちも二度目になると当事者たちに対する対応も厳しくなってしまいます。

仕事をやめさせられたり、仲良かった人たちも遠ざかっていって一人さみしく厳しい生活を送ることになってしまいます。

もし逆不倫をしてしまっているなら・・・

 

もう二度と不倫するつもりは無かったのに・・・。逆不倫をしてしまった人は、しようとしてするわけではない人も多いようです。もし、流されて逆不倫になってしまったらどうしたら良いでしょうか。

まずは逆不倫をやめるという意思を強く持ってください

逆不倫をしたくてしているのではない人は、キッパリと「自分は、今後逆不倫を続けるつもりはない」という意思を元配偶者に断言しましょう。

元配偶者は離婚後、現在独り身かも知れません。

あなたと再会したことで、昔のように関係を持ちたいと思ったでしょう。

でも、あなたは再婚した身です。

過去の人にとらわれる必要は無いのです。

元配偶者には「新しい人を見つけてほしい」という気持ちを持って接しましょう。

その上で不倫相手と話し合ってやめることを伝える

あなたの気持ちが「逆不倫はもうやらない」と固まったら、元配偶者と話し合い、その気持を理解してもらって逆不倫をやめるようにましょう。

元配偶者は、元はと言えばあなたの不倫で結婚生活を台無しにされてしまった人です。

あなたも負い目があったりして強く言えないかも知れません。

でも、逆不倫を続けていたら、相手のためにもならないという点を強く押し出して、説得していくと良いでしょう。

それでもダメなら男女問題に強い弁護士などに相談してこれ以上の泥沼化を避ける

あまり人のことは悪く考えたくありませんが、中にはあなたに対して非常に執着心があったり、復讐のために逆不倫関係を続けたがる人もいるでしょう。

もし、話し合っても相手が逆不倫をやめようとしない場合は、二人で話しても平行線のまま話が進まず苦しい思いをするだけです。

そんな時はもうその人とは関わらず、法律の専門家である弁護士に相談してあなたの代理人になってもらうのが得策でしょう。

不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

逆不倫って言葉知ってますか?〜不倫に次ぐ不倫?危険性は?疑問にお答えします!〜のまとめ

 

逆不倫は、不倫相手が正式な配偶者になり、昔の配偶者と不倫関係になってしまうという泥沼の人間関係でした。

不倫に不倫を重ねることは、一度目よりも更にリスクが高まることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

逆不倫から足を洗って、今の家庭を大事にされるのが一番です。

あなたが、不倫を貫いてまで手に入れた家庭なのです。

つい逆不倫関係を結んでしまったら、できるだけ早めに相手と話し合い、話がこじれたら弁護士に依頼して強く相手に逆不倫をしたくないという意思表示をしましょう。

ズルズルと逆不倫を続けても何も良いことはありませんよ。

男女問題に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部