【示談書は不倫問題では必須です】火種を残さないための示談書、なぜ書くのかや書き方の例をご紹介!

不倫の示談書がどういうものか、ご存じですか?あなたの配偶者が不倫している場合は示談書が役に立つのです!ここでは、示談書がどうして不倫で役立つのか、そして示談書の書き方についてもご紹介します。不倫されて配偶者に何とか報いを受けさせたい!そんな方は必見です。

目次

示談書は不倫問題で本当に役に立つって知ってますか?

 
「示談書」ときいて、あなたはまず何を思い浮かべますか?
 
交通事故?ケンカ?ご近所トラブルでしょうか?実は、示談書はその法的な性質から、不倫にも役立つものなのです。
 
あなたがもし配偶者の不倫に気がついていて、何とか相手にもこの傷ついた気持ちを償わせたい…。そんな気持ちがあるなら、示談書が活躍するかもしれません。

そもそも示談書とは?

 
一度は見たりきいたりしたことのある「示談書」。一体どのようなものなのでしょうか。

不倫などの問題が起きた時、その解決法や妥協案などをまとめた書類

そもそも示談書とは、 民事上の紛争を裁判ではなく、当事者間で解決し、その内容を記した書類のことです。
 
「示談」という言葉自体に「争いを表沙汰にしないで、その争いについての当事者同士で解決すること」という意味があります。示談書は、この示談についての詳細を記したものです。

事実確認や謝罪内容、慰謝料の額など詳しいことまで明記する

示談書に掲載されているのは、以下のような項目です。
 
  • 事実確認(推量推測の入らない事実)
  • 謝罪内容(トラブルの加害者による謝罪)
  • 慰謝料の金額(損害賠償金等の詳しい金額) 
示談書とひとくちに言っても、上記のような複数の重要項目を含んでおり、しかもそれが非常に細かく書かれています。

守秘義務などについても決めておく必要がある

示談書が本来持つ「表沙汰にならないために」という目的のために、守秘義務についても決めておく必要があります。
 
示談書は交通事故や万引きなどのさまざまなケースで用いられますが、不倫については言わずもがな、これ以上ないくらいにプライベートな内容です。だからこそ、守秘義務についての決定の必要性があるのです。

示談書が不倫問題で役に立つのはこういう時!

 
でも、示談書が離婚とどう関係があるのか分からない!という方へ。示談書が離婚に役立つ場面をご紹介します。

慰謝料の請求で双方で認識の違いが生まれもめた時

あなたが慰謝料を請求しよう!と決めていても、配偶者のほうは慰謝料が発生すると思っているとは限りません。
 
また、慰謝料の金額についてもあなたの提示した金額以下を配偶者が提案してきた場合、もめるのではないでしょうか。
 
でも、そのような時こそ示談書が役に立ちます。示談書には前述したように、慰謝料についても記載するため、このようなもめごとも決着がつきやすいでしょう。

不倫関係について守秘義務を守らず口外した場合に賠償要求する時

不倫の事実については、勤務先、親兄弟やなどに知られては、大きなダメージを受けることになりやすいものです。ですから、守秘義務条項が示談契約において、ほぼ必ず定められることになります。
 
もしも相手がこの守秘義務を守らずに、不倫関係について口外したら、賠償要求することになるでしょう。そのような時にも示談書が役に立ちます。

事実関係が曖昧になって後々新たな問題を生まれないようにしたい時

一時は双方が認めた事実関係でも、状況が変わって「やっぱり不倫はしていない」などと事実関係が変えられたり、あいまいになってしまうというトラブルもありがちです。
 
そのような時にも、示談書に事実関係を記載されていることから、示談書が役に立ちます。

示談書の書き方をご紹介!

 
ちょっと難しそうに思える示談書。でも書き方が分かればあなたにも作成することはできます。

まずは示談書に書く項目を決める

示談書に書く事項は、示談書を作成する側で自由に決めることができます。
 
よく認められる示談書の項目としては、
 
  • 不倫後の交際の維持もしくは終了
  • 慰謝料の金額
  • 慰謝料の支払い期限
  • 慰謝料の支払い方法(振込、現金、一括、分割)
  • 今後の連絡の有無
  • 守秘義務についての取り決め

このような項目について決めておけば、後から新たなトラブルに頭を悩ませる必要もなさそうです。

項目を決めたらその内容を二人で話し合って決める

上記のような項目について、納得のいくまで話し合いをしましょう。
 
示談は、あくまでも当事者間の協議によるものですから、ここがメインといっても過言ではありません。このとき、その場の相手の態度や表情に惑わされずに、自分のことを考えてきっちりと意思表示をするように心がけましょう。

内容はもちろん、書式や文体なども法律の専門家と相談しながら決めていくことがベスト!

いってみれば示談書は取り決めを文章化したものです。ですので自分で作成することもできます。しかし、示談書を作成する際は専門家に相談し、アドバイスを受けることを強くオススメします。
 
離婚時の取り決めはいつもスムーズに行くとは限りません。むしろ慰謝料や財産分与や養育費、そして親権などはかなりのケースで揉めることになるでしょう。お互いが譲らずに離婚協議が泥沼化することは珍しくないのです。そんな状況では示談書どころではありませんよね・・
 
また、示談書を作ることができても、きちんとしたものを作らなければ後々肝心なところで問題になってしまいます。
 
そんなことにならないように、離婚問題に強い専門家になるべく早い段階で相談し、取り決めの交渉から示談書の作成までやってもらうのがベストな解決法だと言えるでしょう。 
 
まずは一度状況を整理し、無料相談を行ってみてはいかがでしょうか?

不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

【示談書は不倫問題では必須です】火種を残さないための示談書、なぜ書くのかや書き方の例をご紹介!のまとめ

 
示談書は、あいまいになってしまいがちな不倫についてのさまざまな事柄を詳細にして、書面に残しておけるものです。

示談書を作成しておくことで、慰謝料の支払いが滞ったときにも役に立つこともあります。後から示談内容に争いが出て「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、示談書は必ず作成しておきましょう。 
この記事の作成者

カケコム編集部