内縁の妻とは・・・?!内縁の妻と証明するための三箇条と相続権や慰謝料について

内縁の妻というと聞こえはあまり良くなく、社会的一般的には認知されにくい立場とされています。でも、どうしても結婚したい相手と法律上の婚姻が難しい場合、内縁の妻という関係を結ぼうと思う人がいるでしょう。そんな人のために内縁の妻とは、内縁の妻にはどんな権利があるの?ということを見ていきましょう。

目次

内縁の妻の実情って・・?内縁の妻になるための条件と内縁の妻には出来ない事

 

内縁の妻という言葉を知っていても、その実情まで詳しく理解しているという人はあまりいないのではないでしょうか。

そんな内縁の妻について今回は見ていくことになりますが、まずは内縁の妻になるには条件があります。 

  1. 法律上の配偶者がいないこと 
  2. 婚姻の意思を持って共同生活をしていること 

この2点です。

また、内縁の妻にできないこととして、遺産相続の権利があります。

これらのことを中心として、内縁の妻について詳しく見ていくことにしましょう。

内縁の妻とは?そもそもどんな関係・・・?

 

まずは、内縁の妻の基本的情報として、内縁の妻とはどんな人のことを言うのかというところからお話します。

内縁の妻とは?⑴ 内縁の妻の定義と関係性

内縁の妻のお話をするには、まず内縁関係とはどんな関係なのかということを知る必要があります。

内縁というのは、法律的に認められていない内々の関係という意味です。

内縁の妻の定義は、「戸籍上には婚姻関係にはないが、事実上婚姻と同様の関係にある女性」です。

内縁の妻とは?⑵ 内縁と同居の違いについて

それでは、内縁関係と同居人は違うのか?という疑問も生まれてきますね。

内縁の妻となるには、同居していることも証明の一つにはなりますが、判例としては住所を同じくしていなくても内縁の妻と認められたケースもあるのです。

問題なのは、その二人が婚姻と同等の関係を結んでいたのかということになります。

ですから、同居しているだけで婚姻する意思もなく、恋人同士だと本人が思っているのであればそれは内縁の妻とは言えないのです。

内縁の妻とは?⑶ 内縁関係には義務が発生する

内縁の妻となるには、それなりの義務も生じてきます。

とは言っても内縁の妻だから特別な義務というわけではなく、法律婚の男女と同じく

  • 夫婦生活を維持していく義務
  • 財産を共有する義務
  • また内縁の夫以外の異性と肉体関係を持たないという貞操の義務

があります。

内縁の妻と証明するための三か条!

 

内縁の妻と名乗るのは個人の自由です。

しかし、内縁の妻として法的な権利などを主張するには内縁の妻と認められる必要が生じてきます。

内縁の妻と証明するための条件⑴ 互いが夫婦同様に暮らしていく内縁意思を待っている

まずは、内縁の妻となる条件でもある「お互いに婚姻関係を結ぶ意思がある」ということが認められなければいけません。

具体的にどう証明するのかというと、結婚しようとしたけれど戸籍を入れられない問題があるということを証明したり、提示したりする事があげられます。

これで、第三者が見ても、あなたが内縁の妻であるということが証明することになるでしょう。

内縁の妻と証明するための条件⑵ 家族や周囲に夫婦同然として認識されている

夫婦というのは、決まった形というのはありませんが、周りから見ても「あの人たちは夫婦だ」とわかる空気感というものがありますよね。

内縁の妻であると認められるのは、この周りから見たときに「奥さんだ」と思えるというのも大切なことなのです。

内縁の妻と証明するための条件⑶ 共同生活の実態がある

法律婚でも別居しつつ婚姻関係を結んでいる人もいます。

内縁の妻であっても、そのように別居でも夫婦関係を築いている人もいます。

しかし、共同生活を送っている事実は必要です。

これはどういうことかと言うと、生計をともにしているということと言えばわかりやすいでしょう。

内縁の妻として必ず知っておくべきこと!

 

内縁の妻となるには、知っておきたいことがあります。

ここでは、そんな内縁の妻に必要な情報をご紹介します。

内縁の妻として必ず知っておくべきこと⑴ 内縁の妻に相続権はない

内縁の妻は、法律上では夫婦とは認められていない妻です。

すべてが法律婚の婚姻関係を結んでいる妻と同様というわけにはいきません。

内縁の妻が権利を持っていないものの最たるものが相続権でしょう。

どれだけ長い間、妻として甲斐甲斐しく尽くしたとしても、夫が死亡してしまった場合にその財産を相続する権利は無いのです。

内縁の妻として必ず知っておくべきこと⑵ 内縁関係を公的に証明するのに有効なのは住民票!

内縁の妻であると、周りに認めてもらえる公的な書類として住民票があります。

住民票に妻(未届)と記載してもらえるのです。

これは一緒に住むことになったときにそのように登録すれば簡単に行うことができます。

また、これは夫である男性と共同生活を送っているという証明にもなりますので、ぜひ手続きをしておきましょう。

内縁の妻として必ず知っておくべきこと⑶ 内縁関係を解消するときは財産分与請求慰謝料請求が可能

内縁の妻は相続権がないなら、財産分与はどうだろうか?それも無いのかと考える人も多いでしょう。

でも、こちらに関しては法律婚の妻と変わりなくしてもらうことができます。

また、内縁の夫が浮気をした場合に、慰謝料請求する権利もあります。

これは覚えて置かないと損をしてしまうので忘れずにおきましょう。 

内縁の妻として必ず知っておくべきこと⑷ 詳しい相談は専門家である弁護士に!

内縁の妻として知っておくべき基本的なことのみお話しました。

まだまだ内縁の妻である場合のみ、特別に変わってくることもあります。

その中でも法律的なことは、素人にはなかなか判断がつきにくいのではないでしょうか。

内縁の妻としてやっていく上でわからないことがあれば弁護士に相談しましょう。

男女問題に強い弁護士に相談する

内縁の妻とは・・・?!内縁の妻と証明するための三箇条と相続権や慰謝料についてのまとめ

 

よく知らない人も多い、内縁の妻についてお話してきました。

内縁の妻となるには、お互いに婚姻の意思があればできることなので簡単に婚姻関係を結ぶことができる方法として利用できますね。

しかし、手続きが簡単な分、妻であることの証明をしなければならなかったり、相続権が無かったりというデメリットもありました。

内縁の妻として夫婦生活を送っていく上で、法律的に迷うことや困ることもたくさん出てくるでしょう。

周りの人には聞きにくいし、聞いてもわからないことが多いですよね。

そんなときは、男女関係に強い弁護士に相談することをおすすめします。

男女問題に強い弁護士に相談する

あなたのケースにあったアドバイスをいただけるのではないでしょうか。

この記事の作成者

カケコム編集部