面倒なことは嫌だ!離婚をスムーズに進めるための手順と準備

離婚の手順、分かりますか?離婚は互いに合意すればすんなり行えるものですが、すんなり行えないこともたくさんあります。ここでただひたすらもめてしまうとその後の生活にも支障が出るようになりますし、例え離婚できたとしても尾を引くことがかなりあるのです。そこで、今回は離婚をスムーズに進める方法についてお教えします。

目次

離婚の種類

離婚にもいろいろと種類があり、芸能人の離婚においてもすんなりお話が終わっているケースと、泥沼に入り込んでしまったこのようにうまく離婚できずにひどい状態になっている人も見たことがありますよね。

このようにすんなり終わるのが協議離婚で、手順を踏んだとしてもスムーズに終わらないで長期化する可能性があるのが調停離婚審判離婚、そして裁判離婚といったところでしょう。

たとえもめたとしても裁判まで状態が悪化するということはかなり珍しいようですが、最悪の場合はそこまで行くということを覚えておくといいでしょう。

スムーズに離婚するには少ない手順で離婚できる協議離婚

46fb7a7b427fb3a17b47900f504daf2d_s


手順もスムーズで最もすんなり離婚できるのがこの協議離婚です。

ここではその協議離婚について詳しく解説します。

話し合いで終わる離婚

協議離婚における協議とは話し合いという意味があるので、その意味の通り話し合いで解決できる最も安全で問題が生じない楽な手順をふめる離婚方法です。

もう少し具体的に解説すると、裁判所や第三者の介入が発生しない離婚と言い換えることもできます。

ただし、この第三者には弁護士のような代理人は該当しないので、弁護士がスムーズに話をまとめたケースもこの協議離婚に該当するのです。

このようにスムーズに話が進んで離婚届に押印を行い役場に提出して受理されれば離婚が成立します。

実際に日本では90%はこの協議離婚で済んでいると言われており、手順を考えても荒れるほうが少ないのです。

体一つならそこまでもめない

離婚においてもめる原因になってしまうのが子供の有無です。

子供がいる場合は親権者がどちらになるのか、養育費はどうするのか、親権者が決まった後でもちゃんと会えるようにしてくれるのかなど、離婚の手順が楽でもこのように荒れる要因がどうしても出てきてしまうのです。

極論を言えば子供がいるのならば離婚しないのが正解なのですが、どうしてもそのような状況に至ることはままあるので、そこでスムーズに終わらせたいのなら離婚問題に強い弁護士を雇って手順を整えてもらったほうがいいでしょう。

どうしても話し合いで終わらないなら調停離婚へ

何度話し合いをしてどのような手順を踏んでも終わらない場合は調停離婚に進むことになります。

調停離婚とは家庭裁判所に離婚調停を申し込んで行うものです。

法律上、日本では離婚訴訟を発生させる前にこの離婚調停を設ける必要があるのです。

ちなみに、この調停離婚に手順がうつるのは日本での割合は約9%ぐらいと言われているので、調停離婚と協議離婚で大方の離婚は解決すると考えてください。

協議離婚の手順と協議離婚のために準備しておくべきこと

177e9ed0cc08900a81ed87ee52741d84_s


協議離婚は話し合いで終わらせて裁判所などを利用しないものではありますが、落とし穴もあるのでその点をお話ししましょう。

さっさと離婚したいという気持ちに要注意!

基本的に、離婚したいと考えてしまい、そこから口に出してしまうようになると気持ちが離れていってしまうようになるので一秒でも早く離婚したいと考えるようになります。

なぜなら一緒にいるのも苦痛な状態なので、その苦痛の状態から少しでも早く解放されたいと考えるからです。

その考えはすごく理解できますし、納得できる部分なのですが、その気持ちオンリーで動いて手順を省くと後々面倒なことが待っているのです。

このケースの場合は手順も簡単で済む協議離婚で間違いなく終わるのですが、おそらく互いに決め事などを一切しないで終わらせてしまっているので、離婚手順が楽でも離婚後でもめることが多々あります。

離婚協議書を作る!

離婚はもめなくても離婚後にもめることは多々あるので、それを回避するためには「離婚協議書」を作る必要があります。

これは離婚においての必須手順ではないため作られない方も多いのですが、そのせいで離婚後にもめるパターンが多いので、手順に含めてできる限り作っておいてください。

この離婚協議書の内容は財産分与はどうするのか、子供の養育費はどうするのか、慰謝料はどうするのか、年金分割はどうするのかといった内容を定めるものなので、此れさえあれば、どのような手順を踏んでももめる確率が減るのです。

弁護士に頼る

協議離婚なら弁護士の力も本来なら不要で手順も楽なのですが、離婚後にもめることを減らすためには離婚協議書を作る必要があります。

この離婚協議書を作るにあたっては色々と専門家の意見が欲しい場面が出てくるのです。

ここで、にわか知識のみだと荒れる要因になるので、しっかりとした離婚問題に強く手順も理解している弁護士に頼るのが正解となります。

離婚する前に考えておきたい離婚後の生活と離婚の手順のこと

239e9a990e1539668e2100a323d66a03_s


離婚をしたい気持ちがあったとしてもいろいろと考えておくべきことは多々あります。

そこで、離婚する前に考えておきたいことをまとめておきましょう。

離婚後の生活について

離婚において最も問題となるのはやっぱりお金関連です。

年金や慰謝料や財産分与などいろいろともめる要素が満載となっております。

しかし、お互いがただ単に依存関係ではなくある程度独立して働いている環境ならがお金を稼ぐ手段が両者ともあるので、未来の展望に不安もそこまで覚えず手順も問題なく離婚できることもあるでしょう。

ここで、将来に不安があると離婚に至ったとしても必ずもめる原因となってしまうのです。

なので、離婚をしたいと考えたとしてもある程度、離婚後もしっかり生活できるという環境を作っておく必要があります。

何も考えないのは絶対にダメ

離婚に至る時に平静な状態でいられる人はおそらくそこまで多くはありません。

大なり小なり気持ちに変化がある中、離婚に向けての準備が進められることになるのです。

ここで、気持ちだけ先走ってしまって手順も無視し、勢いのみで離婚してしまうと、離婚が決まった後に「さぁどうしよう!?」という状態になって、「とりあえず実家に帰る」といったパターンになる人もいるのではないでしょうか。

しかし、実家も状況次第ではすぐに帰れないこともあるので、一人で先走って行動するのは辞めてください。

分からないことは相談する!

離婚において大切なのは夫婦の気持ちなのですが、それ以外にも法律の知識が必要となります。どのような手順で進めればいいのか、お金はどうしたらいいのか、子供はどうしたらいいのか、一般の知識では分からないことが満載なのです。

なので、本気で離婚をしたいのなら一度はプロの離婚問題に対して実績のある弁護士を頼ってください。

彼らの話を聞いて状況を整理し、手順はどうしたらいいのか、何が必要なのか理解しましょう。

離婚についてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてください!

面倒なことは嫌だ!離婚をスムーズに進めるための手順と準備のまとめ

768d8da46b107ad7aeec49fc2e6eed30_s


性格の不一致とか、お金の浪費癖とかいろいろと離婚に至るまでの理由はあるでしょう。

そして、それらの理由で我慢できなくなって生じるのが離婚なのです。

この感情の爆発に近い離婚というものは、その感情の赴くままに進んでしまうことがありますが、それだと後々厄介なことになることが多いので、本気で離婚するなら早めのうちに 離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。

そこで、相談することにおいて何が必要なのか、何をしたらいいのかをしっかりと把握し、一度冷静になって考えるようにしてください。

この記事の作成者

カケコム編集部