法律婚ってなにか知ってますか?〜法律婚と事実婚〜

法律婚という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。愛する異性と一緒にいるための方法はいくつかありますが、その最も王道なのが法律婚です。しかしながら、法律婚にはメリットもあればデメリットもあります。愛する人と一緒にいるためのひとつのカタチ、法律婚について詳しくご紹介します。

目次

法律婚って言葉聞いたことはありますか?

 
あなたに大切な人がいて、その人とずっと一緒にいたい!そう思ったときに考えるのが「結婚」ではないでしょうか。
 
今の日本では、事実婚のカップルもじわじわと増加してきていますが、法律婚はまだまだ根強いスタンダードです。
 

知っているようで意外と知らない法律婚について、気になるさまざまなメリットをご紹介します。

離婚したいけど相手が応じてくれない・・・離婚の協議で慰謝料や養育費で折り合いがつかない・・・離婚の際のトラブルは”早めに”離婚問題に強い専門家に相談することをオススメします。

法律婚とは?

 
「法律婚」ときくと難しそうですが、いわゆる一般的な夫婦はこの法律婚をしています。ただ、法律婚にもさまざまなカタチがあるのです。

意思に基づき婚姻届を出せば、法律婚は成立

婚姻届は各市区町村の役所でもらことができますが、その意思に基づき婚姻届を役所に提出し、受理された時点で、法律婚が成立します。
 
戸籍法的にも正式に夫婦として認められるため、住民票の続柄記載にも夫婦互いの名が「妻」もしくは「夫」として記載されます。

ただし、実際に同居していなかったり夫婦別姓を名乗っていたり一般的な「夫婦」生活を送っていないことも

法律婚のカタチはさまざまであり、法律婚をしているからといって、同じ住居に住んでいるとは限りません。
 
民法には夫婦の同居義務が定められているものの、実際には同居していない夫婦も数多くいるのが現状です。
 
中には法律婚をしているのに、妻もしくは夫が旧姓を名乗っていることもあります。
 
旧姓のままでいることを望む理由もさまざまであり、イデオロギーや主義主張の違い、または研究職などに就いている場合結婚して姓が変わることで、それまでのキャリアがわかりにくくなることを防ぐという理由もあります。

事実婚との違いは、婚姻届を提出しているかどうか

法律婚とよく比較されるのが事実婚です。
 
事実婚とは、いわゆる内縁の関係であり、婚姻届は提出していないものの、実際には夫婦同然の生活を送っていることを指します事実婚夫婦は法律婚夫婦と同様に扱われる場合が少なくありません。

法律婚のメリットとは?

 
届出などの手続きが必要な法律婚のほうが手間がかかるという印象を受けるかもしれませんが、法律婚にはメリットがあります。

配偶者控除など税金の優遇措置を受けられる

法律婚夫婦は、その名の通り法律上配偶者同士になっているので、配偶者控除など、税金の優遇措置を受けることができます。
 
実は、配偶者を保険金受取人にした生命保険料控除についても、法律婚の場合は受けることができるのですが、事実婚の場合は受けることができません。
 
このように、税金の優遇措置を受けることができるのは法律婚のメリットと言えるでしょう。

厚生年金の年金分割も可能 

法律婚では、配偶者が厚生年金を支給される年齢になったときに万が一離婚した場合、配偶者の厚生年金を分割して受け取ることができます

保険の面でも有利

また、法律婚の場合は保険の面でも優遇されます。具体的には、
 
  • 生命保険の死亡保険金の受取人になれる
  • 個人賠償責任保険の家族の対象になれる 
これはいずれも事実婚の場合はすべてにおいて認められるものではないため、法律婚ならではのメリットと言うことができるでしょう。

法律婚のデメリットは?

 
法律婚にはさまざまなメリットがあることがわかりましたが、実はデメリットもあるのです…。

夫婦のどちらかが姓を変えなければならない

夫婦別姓については、日本では現在認められていません。
 
どんなに旧姓でキャリアを積んできても、どんなに主義をかたく持っていても、配偶者や義家族の説得によって姓を変更せざるを得ない状況に追い込まれることもあるのです。

離婚したときに事実婚と違って戸籍に記録が残る

事実婚は籍を入れていないため、たとえ別れても戸籍には残りません。
 
一方で法律婚は市区町村の役所に婚姻届を提出しているわけですから、離婚すれば戸籍にはあなたの離婚歴が掲載されることになるのです。これは、転職や交際時、再婚時にデメリットとなりうるでしょう。

法律婚に関して何か不安や疑問がある方は・・・

 
法律婚は確かに現時点で結婚というカタチのスタンダードではあります。でも、もしあなたに少しでも不安な点があるなら、以下のことを試してみましょう。

法律婚をする際には、まずは親など家族に相談しよう

結婚は人生を左右する一大事です。
 
誰と、どのような形で「一生愛し合う約束」をするのかはあなたの自由ですが、まずは親などのご家族に相談してみてはいかがでしょうか。法律婚はご紹介したようなメリットもある一方でデメリットもあります。
 
大切なのは「あなたが幸せになること」です。そのために一番適している形が本当に法律婚なのか、家族に相談してみましょう。

その上で専門的なことは男女問題に強い弁護士に相談・依頼して解決!

家族に相談した上で、法律婚について専門的な相談があれば、男女問題に強い弁護士に相談・依頼をすることによって解決できるでしょう。
 
家族は確かにあなたのよき理解者ですが、弁護士に相談することにより具体的なメリットとデメリットが明確になります。

弁護士に相談する

人生の大切な選択なので後悔のないように!

あなたの周囲で、「結婚してよかった!」と心から言える人は何人いますか?
 
結婚の選択を誤ると、大きな問題に発展していくことも多々あります。そうならないように、本当に自分たちに合っている結婚の形が何なのかを考えてみることが必要です。

法律婚について知りたい人は合わせてこちらも読んでみてください

法律婚ってなにか知ってますか?〜法律婚と事実婚〜のまとめ

 
法律婚は愛する人と一緒にいるためのひとつの形に過ぎません。法律婚には確かにメリットがあります。でも、そのメリットよりもデメリットが大きいと考えるならば、無理に法律婚という形を選ぶことはありません。
 
ただ、法律婚がスタンダードな日本の現代社会で事実婚を選択するのは勇気がいるものです。もしもあなたが法律婚を選ぶかどうかでお悩みの場合は、男女問題に強い弁護士に相談することも検討してみてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部