夫婦別姓のデメリットって知ってますか?〜近年増える夫婦別姓、デメリットも理解しておこう!〜

最近話題になることの多い夫婦別姓。長い人生を共にしてきた苗字ですから、愛着もありますしできれば今後も使い続けたい人も多いはずです。しかし夫婦別姓にはデメリットも存在します。ここではデメリットについて見ていきたいと思います。

目次

夫婦別姓のデメリットについて知っていますか?

 
現代の日本社会では、結婚後は男性側の苗字を名乗る場合が多いです。
 
好きな人と同じ苗字になることで家族になったことを再認識できる一方、苗字が変わることに喪失感を覚える人もいます
 
生まれたときから名乗っている苗字が変わるのですから、その気持ちも大きいでしょう。
 
そこで夫婦が別姓を名乗れるように日本でも運動が高まっています。
 
夫婦別姓になった場合のメリットはよく耳にしますが、デメリットについてはあまり聞かないのではないでしょうか
 
ここでは主にデメリットに焦点を当てたいと思います。

そもそも夫婦別姓ってなに?

 
まずは夫婦別姓の意味からおさらいしてみましょう。

夫婦がお互いの苗字を揃えないこと

夫婦別姓とはその文字の意味のとおり、夫婦が別の姓を名乗ることを言います。
 
日本法においては夫婦別氏と呼ばれています。
 
逆に結婚して夫婦がお互いの苗字を揃えることは夫婦同姓、日本法においては夫婦同氏と呼びます。

つまり、婚姻届を提出せずに「事実婚状態」として夫婦になる

日本では明治時代に定められた明治民法により、夫婦は夫か妻の苗字を称することが決められています
 
つまり法律上では夫婦別姓はできません
 
婚姻届を提出せずに事実婚をする場合は、夫婦別姓が可能です。

もちろん、婚姻届を提出した上で普段は苗字を別にしているという場合もある

戸籍上は同姓となり、普段の生活では別姓を名乗ることは可能です。
 
ただし戸籍上は同姓ですから、保険証や住民票、免許証など公的なものは結婚後の苗字に統一されます。
 
主に会社などで旧姓を名乗りたい女性が利用しています。

夫婦別姓の現状はこうなってる!

 
現代において夫婦別姓はどのような目で見られているのでしょうか。

日本では判例的に違法ではないとされているが数はそう多くない

先ほども述べましたが、事実婚であれば夫婦別姓は可能です。
 
2011年に別姓訴訟が起こってからは、結婚前の苗字を使用する所謂通称に対しての意識も変わりました。
 
それでもやはり後に触れる夫婦別姓のデメリットが大きすぎて、夫婦別姓を諦めている人が多いのが実情です。

諸外国では夫婦別姓は普通のこと

実は夫婦が同じ姓を名乗らないといけないと法的に定めているのは日本だけです。
 
諸外国では夫婦別姓を選択できる制度を採用する国が増え、同姓か旧姓かを選べるようになっています。
 
日本でも選択的夫婦別姓という制度の施行が望まれていますが議論が進んでいません
 

外国でも子供ができた時の苗字の確定など縛りはあるが、日本は諸外国に比べて厳しい

夫婦が別姓なら子供はどちらの姓を名乗るのでしょうか。
 
諸外国では夫婦別姓の場合、父母どちらの苗字を選択しても良いことにしている場合が多いです。
 
夫婦別姓が認められていない日本において、事実婚で子供を産んだ場合姓は母親のものとなってしまいます。
 
嫡出子、非嫡出子の問題もあり日本では自由に選択ができないのです。

本題へ:夫婦別姓(事実婚)のデメリット4選と対処法をご紹介!

 
では具体的にデメリットをあげていきたいと思います。ここでは4つに着目しました。

家族に対しての優遇措置を受けられなくなる

一番大きいのはお金の問題です。
 
法律婚であれば配偶者控除が受けられます。遺産の相続権もありますし、生命保険の受取人にもなれます。
 
しかし事実婚であれば認められにくい上に、遺言書などの取り決めが必要となってくるのです。

別れる確率が高まるとされている

これについては賛否両論ありますが、やはり同じ姓を名乗ることで家族としての繋がりが結ばれるのは確かです。
 
法律婚と違い、事実婚には縛りがありませんから簡単に解消ができるのも理由の一つでしょう。
 
事実婚状態を証明できるものがなければ浮気をしたとしても不倫として慰謝料請求しにくいのも問題です。

子供ができた時などに手続きが煩雑になる恐れがある

事実婚で子供ができた場合、非嫡出子扱いとなります。
 
母親の戸籍に入り、母親の姓を名乗って生きていくことになります。
 
父親は子供の認知をしないといけないですし手続きは法律婚の場合より複雑です。

世間的に冷たい目をされることがある

選択的夫婦別姓の制度導入が望まれている日本ではありますが、やはり夫婦別姓に馴染みがない人が多いのが現状です。
 
何故法律婚をしないのか、法律婚できない理由があるのかと問われることも少なくないでしょう。
 
また子供からも何故うちは他の家族と違い、母親と父親の姓が違うのか、父親の姓ではないのかと問われることもあるでしょう。
 

男女問題に強い弁護士に相談して今後の人生設計をサポートしてもらうことが必須!

捉え方次第では様々なデメリットがありますが、今後夫婦別姓で歩んでいきたいと思っている場合は弁護士に相談してみましょう
 
相続権の問題、後見人の問題、子供の問題など今から手を打っておけばスムーズに手続きするための準備ができるでしょう。
 
また自分の両親や子供に自分たちの思いを分かってもらうためにも弁護士に相談して、考え方を固めておいたほうが理解も得やすいです。

男女問題に強い弁護士に相談する

夫婦別姓のデメリットって知ってますか?〜近年増える夫婦別姓、デメリットも理解しておこう!〜のまとめ

 
いかがでしたでしょうか。日本も選択的夫婦別姓への動きがありますが、まだ施行はされると言い難い状況です。
 
それでも夫婦別姓ができない訳ではありません。それなりにデメリットも存在しますが、乗り越えていく絆があれば問題ありません
 
デメリットを理解した上で、あなただけの家族の形、夫婦の形を模索してみてください。
この記事の作成者

カケコム編集部