浮気調査費用で注意すべきことは?知らなかった…じゃ済まされない3つのポイント!

浮気調査の費用を心配するのは当然のことです。探偵への依頼費用の心配事はだれでも尽きません。スーパーで定額の商品を買うのとは違い、一定の値段もなく、もしかしたら法外な費用を取られてしまうのかと心配する人もいるからです。だからといって費用だけを見て探偵を決めると、あとで取返しの付かないことになるかもしれません・・・

目次

浮気調査、費用で決めたら損をする?これで決断、3つのポイント!

 
浮気調査の費用が心配だからといって費用の安さだけで浮気調査を依頼するのは危険です
 
値段が安すぎる探偵事務所はそれだけ雑な仕事をしやすいですし「そんなことはない!うちは値段以上の仕事をする!」という探偵事務所でも、依頼者から見れば判断のしようがないのです。
 
ではどうやって探偵を選んだらいいのでしょうか?解説していきたいと思います!

自分にあった探偵を探す

浮気調査の費用の疑問を解消!

 
浮気調査の費用に関する疑問は尽きません。料金体形はともかく、どのように費用を得られるのか?経費はどうなっているか?とにかく探偵の料金制度はわかりにくいので、その点を詳しく解説します。

浮気調査の費用は事務所によって異なる

浮気調査の相場はありましたが、探偵事務所ごとに費用が大きく異なります。
 
基本的な相場はあるものの、同じ依頼内容でも、どれだけ安い料金で出来るからといって、探偵事務所の経営方針や規模に影響するので一律とはいかないのです。

浮気調査の料金体系3パターン

浮気調査の料金体形は次の3つに分かれます。
 
・時間制報酬
 
時間制報酬は時間ごとに料金が加算されるシステムです。例えるなら「カラオケボックスの利用料金」と同じで、1時間幾らという値段で料金が計算されます。
 
・成功報酬
 
成功報酬とは、着手金と成功報酬に料金が別れているプランです。
 
探偵業界では最もポピュラーで、ここに時間制度を採用している探偵事務所が一般的です。着手金は料金全体の2~3割程度が一般的であり、調査が成功した場合に残りの全額を支払う仕組みとなっています。
 
・完全成功報酬
 
完全成功報酬とは、調査が成功した場合にのみ全ての料金を支払うプランです。
 
業界では事務所側のリスクが大きいため、採用している探偵事務所は少ないですが、依頼者からすれば調査が失敗した場合に無駄な料金を支払う必要がなく、コストパフォーマンスに優れています。

見落とされがち…他にもこんな料金が!

調査費用の他にも、料金には諸経費が含まれます。また、調査が延長される場合、延長料金が必要となるケースが多いです。
 
ただし、料金に関してはあらかじめ見積もりを提示されるので、まったく知らない所で費用がかかることは基本的にはありません。しかし中にはいわゆる悪徳探偵も少なからず存在するため、追加料金という名目で法外な料金をふっかけられるケースも無いとは言えません。
 
そうならないためにも、探偵選びはしっかりと行うようにしましょう。

浮気調査を探偵に依頼or自力で行う どっちがいいの?

 
浮気調査は何も探偵に依頼するだけでなく、自分でも行うことが出来ます。また、依頼料金を準備できない場合、どうしても自分で浮気調査を行うしかない人も多いでしょう。
 
しかし、どちらにもメリットとデメリットがあるので、それぞれの特徴を良く覚え使い分けるのが大切となります。

浮気調査を探偵事務所に依頼することのメリット・デメリット

浮気調査を依頼し、探偵に調査をしてもらえば、決定的ともいえる証拠をいとも簡単に手に入れることができます。
 
しかも、調査発覚のリスクは探偵に頼んだほうが遥かに低く、依頼者は無駄な危険を避けられます。
 
しかし、デメリットが無いわけではありません。
 
プロに調査を依頼するぶん、費用は当然かかります。ある探偵事務所では浮気調査の相場は20万円〜50万円前後となることが多いとされています。浮気調査の報告書はそう安い買い物とは言えないのです。
 

浮気調査を自力で行うことのメリット・デメリット

浮気調査を自分で行うメリットは、何といってもコストパフォーマンスの良さです。
 
探偵に頼めばそれ相応のコストがかかりますが、自分で行えば費用はほぼゼロ。尾行のためにレンタカーを借りたとしても、一日1万円程度で済んでしまいます。
 
しかし、調査に関するノウハウも技術も無い以上、失敗の可能性は恐ろしいほど高いです。また、相手はあなたの顔を知っているわけですから常にバレてしまうリスクもつきまとういます。
 
比較的手軽に調査できるのはネットやスマホ調査位なもので、尾行や張り込みは危険すぎておすすめできません。

結論:浮気調査は探偵事務所に依頼する方が効率的!

自分で行う浮気調査は危険が大きく、なおかつより深い調査は不可能です。
 
その点、探偵に依頼すれば依頼者が到底たどり着けなかった事実にまであっという間に迫り、決定的ともいえる浮気の証拠を手に入れます。
 
そんな探偵の料金ですが実は安く抑える方法が存在するのです。それはあらかじめ自分でできることをしておくこと。

先ほど自分で行う浮気調査にはリスクがあると言いましたが、そんな本格的な調査ではなく例えば浮気相手とどこでいつもあっている?とか合う時間帯を把握するなど、簡単なチェックだけでもすることができれば探偵が無駄な動きをしなくても済む、ということになります。
 
結果的に調査費用の総額が10万円以下で収まることも少ないようです。まずは一度相談し見積もりを出してもらうことからはじめてみてはいかがでしょうか?
 

調査費用だけで探偵を選ぶのは危険!探偵事務所を選ぶときの3つのポイント

 
いくら安いからといって、調査費用だけで探偵を選ぶのは危険です。 調査費用の大半は技術料となっているため、安ければそなれなりの技術しか提供してくれません。

1.適正料金で調査を行なっていること

調査費用は相場通りの費用が最も安全です。
浮気調査の場合、費用の相場は1時間調査員1名で1万円程度が相場です。
 
この料金より低すぎず、高すぎない料金ほど費用と調査力のバランが良く、依頼者のリスクを減らすことができます。 

2.かなり細かい調査プランを立てられること

調査プランは詳細で、依頼者から見ても納得できることが大切です。
 
プランを一切明かさず「あとはこちらにお任せください」という探偵事務所は、たいてい雑な調査しかしません。プラン力を示してくれる探偵事務所に依頼しなければ、いくら安くとも費用の無駄になるでしょう。 

3.証拠を確実に入手できる調査技術があること

調査技術は探偵事務所が提供できる最も重要なサービスです。
 
いくら費用が安くても、張闓術の無い探偵事務所に依頼すれば結果は明白。ただお金だけをだまし取られたという感想しか依頼者は抱きません。

浮気調査の費用について知りたい人はこちらも合わせて読んでみてください

浮気調査費用で注意すべきことは?知らなかった…じゃ済まされない3つのポイント!のまとめ 

費用は安ければ依頼者は助かりますが、その分安物買いの銭失いとなりやすいのが探偵業界です。

安さを売りにする探偵事務所は沢山ありますが、大手探偵事務所のいずれも安さを売りにしないのは、最終的に依頼者が満足する調査をするために、最低限の価格設定をするのはあたり前だからです。

費用だけでなく、適正な料金で最大限の調査力を発揮できる探偵事務所を選ぶのが大切です

この記事の作成者

カケコム編集部