不倫のデメリットとは?不倫にはまる前に知っておきたい不倫をしてはいけない理由とは

不倫に興味がある人の中には、不倫のデメリットについてよく考えていないまま、不倫関係になってしまう人もいます。不倫というのは、そんなに良いものなのでしょうか?具体的な不倫のデメリットを知ることで、迷っている人は目を覚ますことができるかもしれません。

目次

不倫のデメリットを知ったら不倫なんてできなくなるかも?

 

ドラマの中などで、不倫の恋愛関係な悩む女性などが描かれることも少なくありませんね。

若く美しい主人公の女性と、ダンディな不倫相手の上司。

それぞれを自分に置き換えて、

「あんなキレイな人と第二の恋愛をしてみたい」

「頼れるダンディな上司とイケナイ恋なんてドキドキする♡」

などとあこがれだけで不倫をはじめてしまってはいないでしょうか。

不倫に興味のある人は、まずデメリットがたくさんあることを知っておいてください。

不倫のデメリットをご紹介します 

ドラマの中でも、不倫のデメリットは描かれていますが、実際にはもっとたくさんの不倫のデメリットがあります。

ここでは、そんな不倫のデメリットをご紹介していきます。

不倫のデメリット(1) 離婚にまで至る

物語の不倫カップルも、悲劇的なラストを迎えることが多いですね。

実際の不倫も得になることなどありません。

不倫のデメリットの中で一番大きいのは、離婚まで発展する確率が非常に高いということではないでしょうか。

不倫から本気になって自分から離婚する気は無かったのにバレてしまって・・・。

その経緯も様々ですがどれも辛く大変なことが待っています。

不倫のデメリット(2) 慰謝料請求される 

不倫がバレて離婚となった場合、離婚はなくても不倫の代償として慰謝料を請求されるデメリットもよくある話です。

刑事問題にはなりませんが、民法では既婚者の配偶者以外の肉体関係は違法です。

実際に不倫関係があるのであれば、慰謝料を請求された場合、弁護士を雇えば減額は出来るかもしれません。

しかし、慰謝料請求から完全に逃れることは難しいでしょう。

不倫のデメリット(3) 会社をクビになる

あなたの勤務する会社が、しっかりした大手企業であればあるほど、社員の不祥事は問題視される傾向にあるでしょう。

社内恋愛で不倫関係・・・という人もいるでしょう。

そうなった場合、不倫のデメリットとして周りの社員への影響を考え、問題のある社員はクビにしたり地方や海外の僻地勤務へと飛ばされたりすることも多いのです。

不倫のデメリット(4) 社会的信用を失う

不倫のデメリットは、今後のあなたの生活にも大きな影響を及ぼすこともたくさんあります。

先程の会社をクビになるなどその最たる例ですが、もうひとつ、今後辛くなることとして社会的信用を失うというデメリットがあります。

うまく隠していこうとしても、どこへ行っても「不倫をした人」「信用できない」というレッテルを貼られてしまうことになるでしょう。

不倫のデメリット(5) その後の恋愛が困難になる

不倫を体験してしまった人は、不倫癖がつくと言われています。

これは、何も不倫が良いからハマってしまったということではなく、

  • 悪いうわさが広まって恋愛相手が見つからない
  • 一度不倫をしてしまったという罪悪感から普通の恋愛に踏み出せなくなる

という不倫による負の影響なのです。

不倫のデメリットは普通の恋愛がしづらくなることにもあったのです。

不倫のデメリット(6) 罪悪感に苦しむ

不倫のデメリットの中でも罪悪感による影響は、自分の今後の恋愛だけではありません。

一番罪悪感を感じる人は、不倫相手の配偶者に対してでしょう。

たとえ、不倫から略奪愛まで至って、法律的に二人でいることに何も問題がなくなったとしても、元奥さんに悪いことをしたという罪悪感をその後ずっと抱き続けて生活することになるのです。

そのために破局していまう略奪愛カップルも少なくないのです。

不倫のメリットはあるのか?

 

では、なぜ不倫をする人が後を絶たないのでしょうか?

不倫にはメリットがあるのかと思ってしまいますよね。

  • 既婚者側からしたら、もう一度恋愛のドキドキ感が味わえる。
  • 既婚者と不倫している独身女性なら、いつバレるかもしれないスリルがたまらない。

という人もいるでしょう。

しかし、それも一時のことですし、それだけのことです。

そんなことはトレンドドラマでも見てドキドキしていた方がずっと賢いやり方です。

  • 穏やかだった結婚生活が針のむしろになってしまったり
  • ずっと結婚できないまま適齢期を過ぎて、誰にも相手にされなくなってしまったりと

リスクが高すぎる不倫のデメリットを差し引いて考えれば、メリットなどは無いと言っても良いでしょう。

不倫のデメリットを被らないために・・不倫から抜け出す方法

 

不倫にはデメリットばかり。

ここでは不倫から抜け出す方法を考えてみましょう。

不倫から抜けだす方法(1) やっぱりまずは・・・不倫のデメリットをよく考えること

不倫から自力で抜け出すには、やはり自分の不倫に対する考え方を改めるのが一番良いでしょう。

不倫はするだけ色んなものを捨てていくことになるというデメリットを、しっかりと頭に叩き込むことです。

他人から言われてやめるのではなく、自分の判断でやめようと決めることが大事です。

不倫から抜けだす方法(2) 連絡手段を断つこと|SNSもきっぱり断つ!

不倫から抜け出そうとするならば、相手との連絡方法をすべてなくしていまうのも有効な手段です。

不倫のデメリットはズルズルと関係が続いてしまうことです。

ほとんどの場合、不倫相手と関係を持っていてもこの先何の得にもならないだけではなく、様々なことで障害となるでしょう。

続けていても良くない相手とは、きっぱり関係を断ち切ってしまう勇気を持ちましょう。

不倫から抜けだす方法(3) 相手の家族のことをよく考えること

不倫のデメリットは罪悪感に悩まされることにあります。

不倫から抜け出すためには、そのデメリットを逆に利用しましょう。

相手の奥さんは、旦那さんは、このことを知ったらどう思うだろう?

相手に年頃のお子さんがいたら、こんな親だと知ったらショックでグレてしまうんじゃないか・・・。

そんなことを想像して不倫から抜け出す力にしましょう。

不倫についてもっと知りたい人はこちらも合わせて読んで見てください!

不倫のデメリットとは?不倫にはまる前に知っておきたい不倫をしてはいけない理由とは〜のまとめ 

不倫のデメリットを知り、ハマってしまう前に不倫から抜け出す方法を考えてきました。

もし、それでも離婚して不倫相手と再婚したいならば、それは前向きな方法と言えるでしょう。

周りからの風当たりも強いかもしれませんが、間違った結婚なら改めて、今の愛を貫くのもひとつの方法です。

そんなときは、男女問題に強い弁護士に相談すると良いでしょう。

不倫というリスクをすでに背負っているので、離婚も揉めるということを覚悟し、協力者を作っておくことをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部