40代は不倫が多い?〜パートナーを不倫の深みにはまらせないポイントとは〜

不倫が多くなる年齢は40代と言われています。なぜ40代の不倫が多いのでしょうか?自分のパートナーもそんな「不倫したい年頃」だけど大丈夫だろうか?と気になる人は、ぜひご一読ください。40代不倫を防止して深みにハマらせない方法もご紹介していきます。

目次

40代は不倫のピーク?

 

芸能人の不倫関係のニュースでも話題になることも多いですが、女性が一番性欲が強いのは40代なのだと言われています。

しかし、女性に限らず40代という年代は様々なことに余裕が出てきたことと、夫婦関係が落ち着いてくる人も多く、パートナー以外の異性に目が行く年頃でもあることから、男性の不倫も多くなります。

男女ともに、不倫に注意したい40代という年齢をうまく乗り越えていくには、ただ心配しているだけでなく、何かできることはないのでしょうか。

40代が不倫にハマりやすい理由3選!

 

先程軽く40代に不倫が多い理由を述べましたが、もう少し詳しくその理由を見ていくことにしましょう。

40代が不倫にハマりやすい理由(1) 夫婦生活に飽き飽き・・・スリルを求めるから

10代の若者が性的なことしか考えられなく困るときに「スポーツをしろ」とすすめる人がいますね。

これは、何か夢中になることがあれば性欲が抑えられるということが言いたいのです。

他に大きな悩みや目標など考えることが多ければ、セックスは二の次です。

40代になって余裕が出てくると、何か刺激的なことはないかと不倫にスリルを求めるようになってしまうのです。

40代が不倫にハマりやすい理由(2) 同窓会は不倫の温床?元カレ・元カノとの再開で火がつく

そんな、刺激的な出会いを求めている40代が不倫相手と出会う場としてよく言われるのが「同窓会」です。

そこに集まっているのが不倫したい年頃の男女で、すでにお互いのことをある程度知っている仲であり、元カレや元カノだった人もいるでしょう。

そして、40代という年齢も同窓会がよく行われる年です。

出会いのチャンスが多いので不倫にハマる人が多くなるのです。

40代が不倫にハマりやすい理由(3) 余裕のある立ち振る舞いがモテる?金銭的・精神的にも

40代は生活面に余裕ができるというお話をしましたが、そんな余裕のある態度が周りの状況をよく把握できることにもつながり、自分を魅力的に見せる立ち居振る舞いをすることができます。

「余裕のある大人ってかっこいい」とモテモテになるのが40代の頃というわけなんですね。

40代不倫の特徴とは?

 

余裕のある年代とも言える40代の不倫は、どのような特徴があるのでしょうか。

これに至っては、40代という年齢は良いことばかりではないようです。

40代不倫の特徴(1) 既婚者同士・・・いわゆるW不倫が多い?

不倫のお相手が若い人ならまた変わってきますが、40代同士の不倫となると既婚者同士のW不倫になることが増えてきます。

お互いに家庭がある者の都合もわかりあえ、一度付き合いはじめると、長引く傾向にあるのもこの年齢の不倫の特徴です。

W不倫について詳しくは既婚者同士の恋愛はかなりやばい?W不倫が迎える終焉とはを参考にしてください!

40代不倫の特徴(1) 油断しているから大事になりやすい

不倫関係が長くなる傾向のある40代の不倫。

慣れてきて余裕が出てくることで、緊張感にかける行いをついついしてしまいがちです。

人が多い繁華街を不倫相手とウロウロしていて知人バレ、会社バレ、中には一番知られたくない配偶者バレしてしまい、大きな問題となってしまうこともあるのです。

40代不倫の特徴(1) そのまま別居・離婚へ・・なんてことも多い

緊張感が不足しがちな40代の不倫は、配偶者バレしてしまう確率も高く、夫婦間の大きな問題に発展します。

そのまま別居になってしまう人も少なくありません。

別居が長く続いて復縁することは難しく、40代の不倫から別居、最終的には離婚となることも多いのが特徴です。

40代のパートナーに不倫させないためには?不倫を防ぐ方法5選

 

パートナーの不倫が心配な40代という年齢。

配偶者に不倫してもらいたくない人が気をつけたいこと5つをご紹介します。

40代不倫を未然に防ぐ方法(1) 同窓会後は要チェック!〜不倫のチェックポイントとは〜

40代男女の新しい出会いの場所として、同窓会があぶないのはすでにご紹介しました。

パートナーの不倫を防ぎたいのであれば、同窓会後の行動に気をつけましょう。

パートナーが同窓会に行ったあとに、何かコソコソとしている。

携帯やスマホをいじっていることが多くなっていたら、その相手と不倫しているのではないか注意しておきたいですね。

同窓会と不倫について詳しくは同窓会は不倫の温床?〜同窓会から恋愛に発展しやすい理由と対策〜を参考にしてください。

40代不倫を未然に防ぐ方法(2) 会話の夫婦にならないように!コミュニケーションを大切に

40代になると、夫婦としての生活も長くなり、お互いに空気のような存在になりがちです。

このままずっと同じ生活が続くのだろうと油断していると、パートナーの心の変化にも気づきにくく不倫を見逃してしまいがちです。

不倫が多い年齢であることから、40代夫婦は今まで以上にコミュニケーションが大切になってきます。

40代不倫を未然に防ぐ方法(3) とにかく相手に興味を持とう|仮面夫婦にならないためには〜

相手が空気のようになってきた40代夫婦の不倫を防ぐには、とにかく相手に対してもう少し興味を持ちましょう。

仮面夫婦にならないためには、様々な生活シーンで関わり合って支え合っていこうという前向きな姿勢が大切です。

しかし、10代や20代のようなベタベタした関係ではうざがられることも。

40代らしいゆったりとした大人の夫婦の関わり方を目指すことで、パートナーの気持ちが外へ向かっていくことを抑止できます。

40代不倫を未然に防ぐ方法(4) 仕事の愚痴を言い過ぎないように!

夫婦関係を見直すこと=不倫を防止するということに、もうお気づきでしょう。

相手も自分も楽しくなるよう心がける。

一人でいるより、夫婦でいた方が良いと思える関係。

目標はそこにあります。

そのためには、相手が嫌がることはしないのが吉です。

い言ってしまいがちな仕事の愚痴も、あまりにも頻度が高いと

「もうそれ聞いた」

「そんなに嫌ならもっと良い会社に転職したら?」と心の中でうんざりしてしまいます。

40代不倫を未然に防ぐ方法(5) たまには夫婦水入らず、2人だけの時間を大切に

子供がいるご夫婦なら、どうしても子供中心に生活が回っていくことでしょう。

そのために、だんだんと夫婦二人の時間も減りがちです。

夫婦と子供を含めた家族の団欒も大事なことです。

しかし、時にはパパとママではなく夫と妻としての夫婦ふたりの時間を持ってはいかがでしょうか?

不倫の防止のためにも、いつまでも恋人同士のような夫婦を目指してみてください。

40代パートナーの不倫を疑ったら・・・まずは確かめることから

40代は不倫が多い年齢。もしかしたら、うちの妻も夫も浮気しているかもしれない。

そういえば・・・と心当たりがある人は、そんな疑いを晴らすためにも探偵を依頼して不倫の事実を確認しましょう。

本人に直接聞いた方が安上がりと思われるかもしれませんが、逆の立場だったらどう感じますか?

本当に不倫していたら言わないでしょうし、不倫の事実がないなら「自分は信用されていないんだ」とガッカリするでしょう。

そこから夫婦関係がギクシャクしてしまうことも考えられるのです。また、素人が不倫調査をするのはバレてしまうリスクが高くなってしまいます。

パートナーの気持ちを考えこっそり調べたいならプロの探偵の力を借りると良いでしょう。

探偵について無料相談する

40代の不倫について詳しく知りたい人はこちらも合わせてご覧ください

40代は不倫が多い?〜パートナーを不倫の深みにはまらせないポイントとは〜のまとめ

 

40代からの不倫の原因、対策方法などご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

不倫を予防するには、いつまでもお互いのことを尊敬し、信頼しあえる夫婦でいることが大切だとわかりましたね。

しかし、すでにパートナーが不倫してしまいる可能性が高いときは、探偵に相談して調査をしてもらうことをおすすめします。

いつまでもモヤモヤとした疑いの気持ちでいたら、そこから夫婦不仲につながり、本当の不倫に発展してしまうことも考えられます。

調べてみたら、そんな事実はなくホッとすることも多いのです。相手に直接聞いて不快な思いをさせないよう、大人の心遣いとも言えますね。

この記事の作成者

カケコム編集部