素行調査って何をしてくれるの?〜浮気や不倫調査でよく行われる素行調査の実態とは?〜

探偵事務所の素行調査で浮気の証拠が明らかになることがあります!ターゲットの素行から性格や人間性を明らかにすることで既婚者の浮気の可能性はもちろん、企業における社員の意識、結婚相手の真意などを確かめることができます。素行調査をうまく活用し、気になる人の行動の真相を知ってさまざまな場面に役立てましょう。

目次

浮気や不倫調査で行う素行調査・・・実際に何をしてくれるのか気になりませんか?

 
探偵事務所のホームページを見ると、浮気調査 素行調査 行動調査 人探しなどの調査項目が並んでいます。浮気調査は分かるものの、素行調査や人探しとは一体どんなことで、調査にどんな違いがあるのか気になりますね。
 
ここでは探偵事務所の業務の実に20%を占める素行調査について紹介し、浮気調査と絡めて、依頼のときの判断材料として参考にしていただければと思います。素行調査がそのまま浮気調査に移行する場合もあるので、チェックしておきましょう。

そもそも素行調査とは?

 
探偵事務所が行う素行調査とは、ターゲットの普段の行動を追跡して、浮気などの可能性があるかどうかを判断する、いわば事前調査のようなものです。

追跡相手がいつどこで何をしているのかを調べます

パートナーの様子が普段と違うものの、手がかりがなく浮気かどうかわからない!という場合。探偵事務所に相談すれば「では素行調査から始めてみましょう」と調査プランを提案されるはずです。
 
素行調査は、ターゲットの普段の行動を追跡して、その行動に浮気などの不審な点がないかどうかを確認する調査といえます。

主に浮気や不倫の調査の時に行われる

素行調査をした結果、ターゲットの行動に他の異性の影が見えた場合、その相手が浮気相手なのかをさらに探っていきます。
 
1つの手がかりを繋げていき、浮気や不倫の可能性があれば、その時点で浮気調査へと移行していきます。
 
依頼者が情報を持たず知人や友人などに相談できない、自分自身も時間がないという場合に素行調査が有効となり結果として浮気が発覚することがあるのです。

値段は探偵社や期間などによってまちまち

素行調査はあくまでターゲットの普段の行動を追跡することですから、期間はケースバイケースといえるでしょう。
 
依頼者が納得せず、もっと調査してほしいとなれば、浮気の事実が確認できなくても調査を続行することになるので、期間が伸びていきます。そのため、期間(時間)=料金となり、期間が伸びて時間がかかるほど料金も高くなるというわけです。

こんな時に素行調査を頼むことが多い!

 
 依頼者がパートナーに対して「浮気かも?」と疑ってはいるが、何も情報がない場合、依頼して真相を確かめることが最たるケースといえるでしょう。

パートナーに浮気や不倫の疑いがある

 パートナーの普段の様子が変わったということは夫婦であればすぐ気付くでしょう。
会社の帰りが遅かったり休日出勤が増えたり、急に趣味や嗜好が変わってきたり。
 
不審には思っているものの、メールや電話の通話履歴などに浮気に関する手がかりがまったくない。依頼者は疑いはあるものの、どうすべきか判断に迷うときなどに素行調査を依頼します。

結婚相手が普段どんな人なのかをしりたい

 婚約している相手が本当に信頼できる人か、普段からの言動が真実を語っているか。相手の素行を調査して、普段の言動のウラをとるのが素行調査になります。
 
最悪のケースでは結婚詐欺など、刑事事件に発展する可能性もあるため、結婚相手の真相を知りたいという目的で依頼する場合があります。結婚前にしている財産の話、仕事の話など、信ぴょう性を確かめたり、ターゲットの人間性を知る上で重要な調査です。

昇進の時などに会社が社員に対して行うもの

社員を雇用している会社で、人事異動に伴って、その人物の素行を調査し、昇進などに適した人物かどうかを判断する調査です。
 
普段の素行を知れば、コンプライアンスに反するような人物ではないかがわかり、責任ある仕事を任せられるか判断ができます。また、個人事業などで会計が合わず、金銭に不明な点がある場合など、気になる社員に対して素行調査を行います。

ちなみに・・・素行調査と行動調査の違いは知っていますか?

 
素行調査と行動調査は、ターゲットを追跡して普段の行動を調べる点においては、ほとんど違いはありません。 

対象者の行動を調査するので正直ほとんど変わらない場合が多い

 素行調査と行動調査は言葉としのて違いはあるため、厳密には何を焦点に依頼者に報告するかが違ってきます。
 
調査はターゲットを追跡するという点で違いはないものの、素行調査した結果、その行動から「ターゲットの性格が荒い」「コンプライアンスを意識していない要素がある」など、その人物の素行に対して評価報告する内容になります。

中には聞き込みによる調査など、対象者以外からも情報を集めることを「素行調査」としていることがある

 素行調査は対象者を調べるのはもちろん、「その人物の素行」に対して見識のある人物をあたって聞き込みをして情報を得る場合があります。当然、ターゲットの普段の素行を知っている人物なら、何らかの手がかりをもっているからです。
 
「あいつはいつも○○をしてて心配だ」「あいつは○○に対してルーズなところがある」など、素行に関する情報を持っている人物と接触していけば、ターゲットの人物像が浮き彫りになっていくからです。

ただやはりこれも探偵社によって定義は異なる

素行調査と行動調査は明確に違いをもっていない探偵事務所があるでしょう。上記の例のように、「素行」を報告するために行っている調査として調査項目にあげているところもあります。
 
しかし、別の探偵事務所ではサイト上に「素行・行動調査」と表記して1つの調査パターンとしているところもあります。ターゲットの行動を追跡して、そこから目的とする調査内容をどのように報告するか、データとしてあげるかが素行と行動調査の分かれ目といえるでしょう。

素行調査は何かあった時にはとても有能なツール!

 
普段のパートナーや社員の素行を知っていれば、その人間がどういう時にどんな行動をとるか予測できます。 

浮気や不倫が怪しいパートナーがいれば一度探偵に依頼してみましょう!

パートナーの浮気や不倫を疑ったら、一度探偵事務所に素行調査を依頼してみても良いでしょう。調査の結果、「何もなかったという事実」がわかれば、それも確かな情報の1つです。

パートナーの潔白は証明され、依頼者も安心できるはずです。自身の悩みや不安を少しでも払拭したいという場合には依頼する価値は十分にあります。

探偵事務所に相談する

 探偵についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

素行調査って何をしてくれるの?〜浮気や不倫調査でよく行われる素行調査の実態とは?〜のまとめ

 
パートナーの普段の行動に不審な点が見られ、「浮気かも?」と疑っても確信がない場合、素行調査はとても有効です。会社の帰りや休日の様子など、依頼者がいない状態のときにパートナーの行動を知ることで、真相を確かめることができます。
 
素行調査の結果「浮気の事実はない」となれば依頼者は安心でき、「パートナーは潔白である」という情報を得ることができます。しかし浮気相手の影を見る可能性もあるため、報告次第ではすぐに浮気調査へ移行することもあるでしょう。
 
いずれにしても手がかりがない状態で真相を知りたい場合は、1人で悩まずに探偵事務所に相談してみることをおすすめします。
この記事の作成者

ジコナラ編集部