出産後の夫婦生活はつまずきやすい?【産後クライシス】を避ける術を教えます!

出産後の夫婦生活に危機が訪れる人が多いことが、厚生省の母子家庭数の調べでわかっています。このような出産後間もない夫婦の危機を「産後クライシス」と言います。ここでは、産後クライシスにならないための方法をご紹介していきます。

目次

出産後に夫婦生活がうまくいかなくなることを【産後クライシス】と言います

 

厚生労働省が行っている母子家庭になった家庭の調査結果によると、子供の年齢が0歳から2歳が一番多く、出産後2年以内に夫婦生活に危機が訪れる人が多いということがわかります。(参照 厚生労働省ホームページ

子供が生まれて幸せなはずの夫婦生活に、離婚するほどの問題が多く起こってしまうのはなぜでしょうか。

この出産後2年以内に夫婦生活がつまずきやすいことを差した造語が「産後クライシス」です。今日は、この産後クライシスの原因と対策を見ていきましょう。

出産後の夫婦生活がつまずきやすいワケとは?

 

出産後間もない夫婦の間には、どんな危険が潜んでいるのでしょうか。産後の夫婦生活の落とし穴は、思いもよらないところにもあるのです。

出産後の夫婦生活がつまずきやすい理由(1) セックスレス

夫婦生活がつまずく原因として、夫婦のセックスレスがあげられます。

これは、男性と女性の体の構造にも関わりがある問題です。

出産後の母親は、人に限らず子供を守るように母性が強くなり子供が一番と思うようになります。

子供の世話に夢中になり、旦那との夜の生活もおろそかにしてしまいがちです。

このことに対して男性は不満をつのらせてしまうのです。

出産後の夫婦生活がつまずきやすい理由(2) 基本的なコミュニケーション不足

出産後こそ、これからの夫婦生活について、子供の将来について話し合う時期ではあるのですが、出産後間もなくは昼夜ない授乳やオムツ替えなどの手間がかかるために、なかなか夫婦のコミュニケーションが取れなくなってしまいます

子育てに慣れていないうちは、体力の消耗も激しく、精神的な余裕もなくて相手の気持ちまで考えてあげることが出来ずに、ぶつかりあう夫婦も多くなってしまいがちです。

出産後の夫婦生活がつまずきやすい理由(3) ホルモンバランスの乱れ

妊娠・出産後間もない女性は、ホルモンのバランスが乱れがちです。

いつもなら、それほど気にならないことでも、感情的になってすぐ涙を流したりすることがあるのではないでしょうか。

そんな妻の不安定さに戸惑い、オロオロするだけの夫、これが先の2つの理由、セックスレスやコミュニケーション不足の原因となることもあります。

出産後の夫婦生活がつまずきやすい理由(4) 責任感が重くのしかかる

出産後の母親には、子供に対する責任感が生まれてきます。

生まれたばかりの赤ちゃんは非常に弱々しい存在です。

「自分の子供を守れるのは私だけ」と、子供に対する責任感で24時間張り詰めた生活を送ることになります。

それが毎日続くと、だんだんとプレッシャーで精神的にまいってきてしまうこともあるのです。

些細なことで夫と口論になることも少なくありません。

出産後の夫婦生活がつまずきやすい理由(5) 体力的な問題

新生児の赤ちゃんは、数時間おきにミルクを飲み、オムツを濡らして泣いて母親を呼びます。

夜に寝て昼に活動するといういつもの生活パターンとは、まったく違ってきます。

睡眠時間は細切れになり、ろくに休めない状態で夫のために家事もこなさなければいけません。

疲れがたまって、体力的にも限界になっていることも多いのです。

几帳面な人ほど、思うように出来ない焦りからストレスをためてしまいます。

出産後の夫婦生活がつまずきやすい理由(5) 出産に対する男女の理解の違い

このように、妻が寝る時間も削って子供の世話をしているのを、夫は気づかないことがあります。

「どうせ昼は寝ているんだろう」と思っているでしょう。

しかし、細切れにしか眠れないのは、昼でも同じです。

そんな疲れた状態で小さな子供を抱えて、家事をこなし買い物に行くだけでも重労働です。

その大変さを理解できず、自分の不満ばかりを言う夫に対して、どんなに優しい妻であっても「こんな人とは思わなかった」と身勝手さを感じてしまうでしょう。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと!〜産後クライシスにならないために〜

 

出産後間もなくは夫婦生活に気持ちのすれ違いが多く起こってしまうものです。

産後クライシスを避けるためには、どんなことに気をつけていけば良いでしょうか。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと(1) 相談をこまめにする

夫婦とはいえ、言葉にして伝えないとわからないことはたくさんあります。

特に、出産後はお互いの不満などに気付く余裕がない場合も多いのです。

黙ってイライラせずに、少しでも困った事や辛いことがあったら相手に相談しましょう。

この時に、ストレスを溜め込んでいるといきなり喧嘩口調にもなりがちです。

精神的にあまり余裕がない状態でしょうが、相手のことを考えて、できるだけ柔らかい言葉を選びましょう。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと(2) セックスに罪悪感を感じないこと

優しすぎる男性は、妻のことを思いやるあまり夜の夫婦生活に対して罪悪感を感じて、セックスレスになってしまうこともあります。

でも、妻を思いやるならセックスを控えるのではなく、家事や育児を助けてあげてはどうでしょうか。

夫婦の性生活は、スキンシップとなり夫婦関係を良くしてくれます。

女性でも、気づかぬうちに性的欲求がたまってイライラしていることもあるのです。

疲れている妻に対して、なるべく体の負担にならない範囲で、優しく、スキンシップをとるつもりで性生活を行ってみてはいかがでしょうか。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと(3) お互いに助け合う|育児も家事も二人三脚

出産後肉体的にも精神的にも辛い思いをするのは妻の方が多いでしょうが、夫も我慢したり助けようとしてくれていることもあるのではないでしょうか。

夫が家事や育児を手伝ってくれた時、あなたにとってはぎこちない夫の行動に不満を感じるかも知れません。

でも、まずは夫が手伝ってくれる事に対して感謝をしましょう。

「手伝ってくれて助かるわ」と言えば、「良かった。また手伝おう」と思うでしょう。

夫婦二人三脚でお互い助け合っていくのが、育児クライシスの予防になります。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと(4) 日頃からコミュニケーションを欠かさないこと

出産後に限らず、夫婦生活も長くなってくると、だんだんと感謝の気持ちやお互いへの愛情を口に出さなくなります。

この傾向は、特に男性に多いようです。

わかっていることでも、口に出して言われると嬉しいものです。

「好き」や「愛しているよ」などと言うのが照れくさい人は、「ありがとう」や「おはよう」など日常の会話を多くすることから始めてみてはどうでしょうか。

円滑な夫婦生活にはコミュニケーションが大切なのです。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと(5) 出産後といっても女磨きをしましょう

出産後辛い思いをするのは女性が多いので、女性をいたわる対策が多くなってしまいますが、妻も夫に対して甘えてばかりではいけませんよ。

夫が「助けてあげよう」「夫婦のスキンシップを取ろう」と思えるような魅力的な女性であることを怠っては、家族のために働いてくれている夫に対して申し訳ありません。

育児中も自分磨きを忘れず、旦那さんを楽しませてあげられるようにしてください。

出産後の夫婦生活で気をつけたいこと(6) 夫婦2人だけ・時には1人だけの時間も大切に

出産後の夫婦生活を良くしようと努力しても、それでもイライラしたり疲れてしまう時ってありますよね。

出産後の夫婦仲を良くするには、たまには子供のことを忘れて二人だけの時間を持ってみるのもおすすめです。

子供がまとめて寝てくれるようになったら、夫婦ふたりだけの時間を大切にしましょう。

それも辛いと思う時は、思い切って一人だけでパーッと羽根を伸ばす時間を持つのも良いですね。

 出産後は夫が不倫しやすいって本当?

出産後の夫婦生活で気をつけたいことがもう一つあります。それは夫の浮気です。

産後クライシスの原因と夫の浮気の原因はだいたい同じ

出産後の夫婦のすれ違いは、甘く見てはいけません。最初にお話したように、産後クライシスと呼ばれる出産後2年までは離婚も多いのです。その中に夫の浮気の心配があります。

男性は性生活に対して、一度拒否されると次からはなかなか言い出せなくなるそうです。

妻に相手にされないので、よその女性と……と思ってしまう人も少なくないのです。産後クライシスの原因と、夫が不倫する原因とはほとんど同じ理由なのです。

出産後、夫の浮気を疑ったら|真実を確かめることが大切です

出産後の夫婦生活において、夫に他の女性の影が見え始めたらまずは白黒はっきりさせることが大切です。

特に出産後は様々な不安から、浮気をしているのでは!?と疑い深くなってしまいますよね。何も確証がないのにいきなり問い詰めても夫婦関係がギクシャクしてしまうばかりではなく、もし本当に浮気していた場合警戒されシッポを掴むのが難しくなるかもしれません。

まずは夫の浮気のチェックをしてみましょう。例えば

  • 携帯をお風呂にまで持っていくようになった
  • 最近残業や出張がやたら増えた
  • 帰宅後すぐにお風呂に入るようになった
  • 新しいクレジットカードを作った

などのチェック項目に当てはまれば、本格的な浮気調査に移ってもいいかもしれません。

本格的な調査は探偵事務所に依頼を

本格的に浮気の調査をするのなら探偵事務所に依頼するのが好ましいです。

その理由は2つあって、1つ目が自分で行う浮気調査にはリスクがあることです。

一口に尾行調査を行うにしても、あなたは顔が相手に知られている以上バレてしまうリスクを回避するのは難しいですし、不規則に動く対象者を見失わないようにするのには専門的な技術が必要です。もし相手にバレてしまったら、考えるまでもなく修羅場になるでしょう・・・。

また、自分の目の前で浮気相手と楽しそうにする夫をみて冷静でいられる自身があるでしょうか?大体の人の答えはNOでしょう。

2つめが有力な証拠を確保することの難しさです。

浮気調査の後あなたがどうしたいかにもよりますが、もし「慰謝料をとって離婚したい」となった時には証明力のある証拠がなければ何もできないのです。

具体的には継続的な性行為があったことを証明できる証拠でなければなりません。ラブホテルに出入りする写真などです。

ホテルからでてくるところを抑えるなんて簡単でしょ?と思った方もいるかもしれませんが、その間ずっと張り込みが必要ですし、どの出口から出てくるかもわからない、もし写真抑えられたとしても不鮮明で顔がよく分からないのでは証拠がないのと同じです。

ですから夫の浮気調査は探偵事務所に相談しましょう。専門的な技術で、裁判になっても有効な証拠を確保してくれます。

探偵にかかる調査費用

浮気調査をしようとしている人にとって一番ネックになるのが費用のことですよね。

当然探偵に依頼すれば決して安くはない料金がかかります。

探偵に依頼した場合にかかる料金の相場は50万円前後となることが多いようです。一日の調査費で言うと調査員一名につき1~2万円程度となっています。場合によってはもっとかかる場合ももちろんあります。

では、できるだけ探偵にかかる費用を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

あなたができることは自分でやっておくといいでしょう。例えば浮気相手といつ、どこであっているのかが分かればその日を狙って浮気調査をすればだいぶ費用は抑えられますよね。ですが先に述べたように、深入りするのは危険ですので、十分注意するようにしてください。

そして最も肝心なことは、優良な探偵事務所を選ぶということです。そのためには自分にあった探偵事務所を比較しながら選ぶことをおすすめします。

探偵選びに困っている方にはこちらの探偵探しのタントくんがおすすめです。このサービスを使えば優良な探偵を簡単に無料で探すことができます。探偵選びに関する相談は何度でも無料・年中無休となっていますので、一度気軽の利用されてみてはいかがでしょうか?

探偵さがしのタントくん

出産後の夫婦生活が心配な人はこちらに記事も読んでみてください

出産後の夫婦生活でつまずかないために気をつけたいこととは?のまとめ

 

出産後の夫婦生活のつまずきは、産後クライシスといって珍しいことではありません。

どんなに仲の良い夫婦でも、子供という新しい家族が増えることで良くも悪くも変化する可能性があることがわかりましたね。

出産後の夫婦生活のつまずきは、夫の浮気を引き起こす事も少なくありません。小さな子供を抱えて、家で悶々と夫に対する不信感を抱いているのは辛いでしょう。

自分が自由に外にでられないそんな時こそ、探偵に依頼して夫の浮気調査してもらいましょう。

この記事の作成者

カケコム編集部