会社をクビになる理由はこんなに限定されている!〜本当は簡単にクビにはできない”クビ”の話〜

会社をクビになる理由ってなんなのでしょうか?もちろん、簡単に会社をクビになることはありません。相当な理由がない限りクビになることはまずないでしょう。しかしクビになる可能性はゼロではありません。そこで今回は会社をクビになる本当の理由について見ていきましょう。

目次

会社をクビになる本当の理由を皆さん知っていますか?

 
就職した会社でも、クビになってしまうということが絶対ないとは言い切れません。会社をクビになると、ショックも大きいですし生活にも困りますよね。

相当なことがないとクビには出来ないという決まりがあるのですが、一体会社をクビになる理由とは何なのでしょうか。

これから考えられる理由をいくつか紹介するので、今後のためにぜひ参考にしてください。
 
今回の記事は
  • 会社をクビになる理由を知りたい人
  • 会社をクビになってその理由がなんだったのか気になる人
  • 会社をクビになるということについて興味がある人
は必見です!

会社をクビになる理由をご紹介〜ネットに多く乗っている理由をピックアップ〜

 
会社をクビになるには、それなりの理由が必要です。では、どんな理由で会社をクビになることが多いのか見ていきましょう。

遅刻・欠勤・早退が多かった

仕事はきちんとしていたとしても、遅刻や欠勤、早退があまりに多いと、クビになる可能性があります。

勤務態度が悪いだけですぐにクビになるということはありませんが、注意されても改善されないという場合、会社にとっては使い辛くクビしたい人材ということになります。

遅刻や欠勤は社会人として当然控えるべきであると言えます。

能力不足だとレッテルを貼られてしまった

給料をもらうからには、その分仕事をするべきですが、仕事に関する能力が低いとうことも、会社をクビになる理由の1つになります。

なれない頃は仕方ないですが、いつまでたっても仕事をこなすことが出来ないとなると、能力不足というレッテルを貼られてしまい、人員整理などを行うときに、真っ先に解雇の対象となってしまいます。 

素行が悪く会社に悪影響を与えていた

会社では、それぞれに就業規則があります。働く以上は守らなければならない規則がいろいろとあります。
 
会社の規則を守らないというのはもちろんですが、会社の秘密内容を外に漏洩する、会社のお金や備品を横領するなど素行が悪く、会社に悪影響を与えたというような場合、当然のことながらクビということになります。

場合によっては損害賠償がを支払わなければならないこともあります。

でもそんなに簡単にクビにできないって知ってますか?

 
会社をクビになる理由はいろいろとありますが、そうは言っても簡単に会社をクビにすることはできないんです。

会社がクビにできるのには法律上、合理的な理由が必要とされている

不況が続いている現代、自分も会社をクビになるかもしれないと心配している人も少なくないと思います。

会社をクビになる理由に当てはまる部分があるとなると余計に不安になると思いますが、会社をクビにするためには合理的な理由が必要となるのです。

最もと言えるような合理的な理由が必要になるので、一方的にクビにするということは認められていません。

ここで言う理由とは裁判慣例となっている整理解雇の4要件のこと

会社をクビに出来る理由というのは、裁判慣例となっている整理解雇の4要件のことを言います。

整理解雇の4要件というのは、以下の4つです。

  • 解雇される対象者の選定基準が合理的
  • 会社を存続させるために人員整理をするしか方方法がない
  • 妥当な解雇手続きが行なわれている
  • 解雇を回避するための努力をしている

この要件を満たしていれば、クビにすることも可能ですので、納得いかないという場合は不服を申し立てなければなりません。

つまり、上の二つに当てはまりかつ裁判官が納得できるような場合ではない限りクビにはできない

何度もいうように、能力が低いから、使えないからというような理由それだけで簡単に会社をクビにすることはできません。

日本の法律はそのように決まっているのです。

合理的な理由があり、裁判官が納得できるような理由がない限り1度契約を結んだ会社は、労働者を簡単にクビにすることはできないのです。

もちろん、能力不足などが原因でクビになる場合もなくはない

 
勤務態度が悪くても、即クビになるというようなことはありませんが、能力不足が会社をクビになる理由になることもあり得ないことではありません。

4要件にある通り、著しく業務成績が悪かったり改善を全くしない場合はクビの可能性もある

すぐにクビにすることはできませんが、注意されても改善がまったく見られないという場合は、その後クビになってしまうという可能性もあります。

  • 成績が著しく悪い
  • 改善の機会を与えても全く効果がない、改善の見込みがない
  • 労働者の能力不足が原因で業務に支障が出ている

というように、会社だけでなく裁判所も能力不足と判断した場合は、会社をクビになる理由として認められることになります。

ただし、クビが正当であったか不当であったかの自己判断は難しい

能力不足などが原因で会社をクビになることがあると言いましたが、会社をクビになった理由が正当なものであるか、不当なものであるかということを自分自身で判断することは簡単ではありません。

クビを言い渡されたら、どうしてなのか会社をクビになった理由をしっかりと確認するようにしましょう。
 
それから、その理由が正当なものか、不当なものかを判断するようにしてください。

もし、会社にクビの理由を言われても納得がいかないのなら

 
解雇通知を言い渡され、その解雇理由に納得がいかない同意できないという場合は、まずしっかりと自分の考えを会社に伝えましょう。

まずは会社と粘り強く交渉してみてください

会社からクビになった理由を教えてもらっても、その理由に納得がいかず不当であると感じた場合は、意思表示をするようにしてください。

意思表示というのは、「解雇理由に納得することが出来ないから会社をやめない」という意思表示です。

やめる意思はないということをはっきり伝えてから、会社と交渉するようにしてください。焦らずに粘り強く納得いくまで交渉することが大切です。

それでもダメなら労働基準監督署に相談

会社をクビになる理由が納得できない、やめるつもりはないとはっきり伝えても、話し合いが平行性でどうしようもないという場合は、労働基準監督署に相談することをおすすめします。

労働組合が会社にある場合は組合に、組合がない場合はすぐにでも労働基準監督署に相談するようにしてください。

ここで相談すると、労基法違反が認めれる場合、会社に対して労基署が是正勧告を出してくれます。

一人では難しいと感じたら労働問題に強い弁護士に相談することがベスト!

1人で解決することが難しいという場合や法的な手段を見据えた上で考えたいという場合は、弁護士に相談するのがベストです。

その中でも労働問題に強い弁護士に相談するのが1番良いでしょう。

会社をクビになる理由はいろいろあるといっても、それが妥当かどうか個人で判断することは難しいので、専門的な知識がある弁護士に相談してみてください。

会社をクビになる理由はこんなに限定されている!〜本当は簡単にクビにはできない”クビ”の話〜のまとめ

今回はクビをテーマに紹介してきますたが、いかがでしたでしょうか?

会社をクビになる理由はいろいろあるということが分かって頂けたと思いますが、その理由が必ずしも正当であるとは限りません。

会社側が労働者をクビにするのはさまざまな条件を満たす必要があり、簡単にクビにすることはできないのです。

自分自身の勤務態度があまりにも悪いのであれば仕方ないですが、会社をクビになった理由に納得いかないという場合は、労働基準監督署や弁護士に早めに相談するようにしてくださいね。

男女問題に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部