【パワハラチェック項目7選】あなたは大丈夫?30秒でわかるパワハラチェック

パワハラかどうかが一目で分かる、チェック項目をご紹介します。パワハラの定義を知り、実際にパワハラなのかどうかを確認してみてください。また、パワハラにはどんな対処を取るべきなのかもご紹介。この記事を参考にし、パワハラの悩みを解決しましょう。

目次

あなたは大丈夫?パワハラの被害から身を守ろう!

近年雑誌やメディアでも多く取り上げられる、パワハラ。
 
実際に多くの労働環境においてパワハラの被害が続出しています。
 
今回はそんなパワハラについての定義から、パワハラの種類、自分でできるパワハラのチェック項目をご紹介。
 
パワハラの被害を受けているかも…と心配な方は、さっそく確認してください。また、実際にパワハラにはどのように対処すればいいのかも知っておきましょう。
  • パワハラを受けて悩んでいる人
  • パワハラがどんなものなのか気になる人
  • パワハラをどうにかして対処したい人
は必見です!

パワハラとは?

そもそも、パワハラとは一体どういったことを意味するのでしょうか。パワハラの定義を知っておきましょう。

厚生労働省が規定する「職場のパワーハラスメント」 

パワハラとは、「パワーハラスメント」の略語です。
 
職場において、上司など上に立つ立部の人間が、部下に対して精神的・身体的に苦痛を与えることをいいます。
 
パワハラの多くは意図的なものが多く、本人がダメージを受けるだけでなく職場全体の雰囲気も悪くなり、会社にとっても良いものではありません

年齢、職歴、専門性が「職場での優位性」を決める

パワハラをするのは、ほとんどの場合職場における優位性の高い人物になります。
 
職場での優位性とは、年齢だけでなく、職歴・専門性も関係します
 
その職場によってどんな人が優位性が高くなるかも変わるので、外から見ると優位性を判断するのは難しい場合もあるでしょう。

つまり、年下からのパワハラも十分考えられる! 

職場での優位性は、年齢だけでなく職歴や専門性も関係しますので、年下からのパワハラも十分考えられるのです。
 
自分よりも専門性の高い人はたとえ年下でも立場が上になることもあるので、パワハラをする可能性があるといえます。
 
パワハラは年上から受けるものに限定されず、様々なパターンがあります

パワハラにも種類がある!経験があったら要注意!

一口にパワハラと言っても、様々な種類があります。思い当たることがあれば、要注意ですよ。

悪口など精神的なパワハラ

分かりやすいパワハラの被害に、悪口があります。
 
職場で悪口を言われるのは、どんな人でも良い気にはなりませんよね。
 
悪口にも直接言うものや、陰口のようにコソコソ言われるものなど様々
 
職場での悪口が悪化すると、精神的にもダメージを負います
 
悪口はパワハラといえるでしょう。

体罰など肉体的なパワハラ

体罰も分かりやすいパワハラの被害です。
 
体罰などのパワハラの被害は、肉体的にダメージを負いますので仕事にも悪影響を及ぼします
 
一度でも体罰を職場で受けたのなら、それはパワハラの被害です。
 
加害者は、暴行罪や傷害罪として刑事責任を負う場合もあります。

業務の量を過度に増やしたり減らしたり増やしたりする業務的なパワハラ

見えない部分では、業務の量を過度に増やしたり、または減らしたりするなど、業務的なパワハラの被害も非常に多くあります
 
通常の業務ではない内容を任されたり、1日では終わらない量の仕事を押し付けられるなどもパワハラの被害に含まれます。
 
反対に、理由もなく仕事を与えてもらえない状態もパワハラになります

家族や親戚の悪口などプライベート介入型のパワハラ

パワハラには、仕事には全く関係のない、家族や親戚の悪口などを言われるプライベート介入型の被害も存在します。

業務内容とは関係のない部分ではありますが、自分のプライベートなことを悪く言われるのも精神的に大きなダメージを受けることになるでしょう。

仕事外のことだからパワハラにはならない、と思われがちですが、プライベート介入型の被害は意外と多いのです。

パワハラチェック項目7選!自分が当てはまらないか確認しよう!

 パワハラのチェック項目です。パワハラの被害に悩む人も、そうでない人も一度チェックしてみましょう。

気に入らない人には仕事に関する情報を与えない

仕事をしている以上、業務内容を共有することは非常に大切です。
 
しかし、パワハラの被害に合っていると、仕事に関する情報を与えてもらえないことがあります
 
自分だけ、あるいは特定の人物だけに仕事の情報を与えない・共有しないのは、パワハラだといえます。

休日や深夜でもなりふり構わず仕事や連絡が来る

基本的に、勤務時間外はプライベートが優先されるものです。
 
しかし、休日や深夜にも関わらず仕事を振られたり、連絡が来るのもパワハラになります。
 
休日出勤や残業ではないのに、仕事に関する連絡が来たり押し付けられるようなことがあればパワハラの被害に合っているかもしれません。

ものを投げる、ものを叩くなど暴力的な行為がまかり通っている

誰が見ても分かるような暴力行為や、ものを投げられたり、叩かれるなどの行為が見られる場合もパワハラの被害者である可能性が高くなります。
 
しかも、一度だけでなくそういった行為がまかり通っている場合には深刻です。
 
パワハラの被害は定着してしまいやすいので、職場で暴力的な行為がまかり通っていないかどうか、確認してみてください。

仕事ができない人には仕事をほとんど与えない

職場には、仕事ができる人もいれば、できない人もいます。

だからといって、仕事を与えないなどの差別をするのはあってはならないことです。

仕事ができない人にはほとんど仕事を与えない、というのもパワハラの被害に含まれます。

その人に見合った仕事があるはずですし、教育をするのも職場においては大切なこと。それをせず放置するのはパワハラなのです。

誰かがミスをすればその場で激しく怒り散らす

仕事をしていれば、人間誰しもミスをしてしまうことがありますよね。

しかし、少しのミスでもその場で激しく怒り散らすことはパワハラに当たります。

このような職場はミスが許されない職場になり、常にピリピリしていることも少なくありません。

あからさまに特定の人に対する悪口を公然と言う

職場の中で、あからさまに特定の人に対する悪口を公然と言うことはないでしょうか。

こういった悪口をみんなの前で言うのも、パワハラの被害に含まれるので注意しましょう。

ただの悪口でも、公然と言われるのは精神的なダメージが大きくなります仕事への影響も大きいので、手を打つ必要があるでしょう。

相手のプライバシーに関する情報を平気で口にする

プライバシーなことは、誰もが公にはしたくないものですよね。

相手のプライバシーに関する情報を職場内で口にされるのもパワハラです。

周囲に知られたくないことを平気で口にするなどの被害があれば、パワハラだと認識しましょう。

自分のことだけでなく、家族や親族などの情報を言われることもよくあります

【パワハラされているひとへ】すぐに手を打ちましょう!

パワハラの被害に合っていると気付いたら、早めに手を打つことが大切です。長期化しないためにも、素早い対処を心掛けましょう。

まずは会社に相談してみることから始めよう!

パワハラをされているのなら、まずは会社に相談してみましょう。

できるだけ上司で、全体を仕切っている人に相談するのがおすすめです。

また、話しやすい人に相談するなどし、被害を理解してもらうと気持ちも楽になります。

会社側で対処してくれることもあるかもしれませんので、隠さずに相談することは大切です。

労働問題に強い弁護士に相談しよう!

パワハラの被害については弁護士に相談すると、より適切な対処法を教えてくれるのでおすすめです。

特に労働問題に強い弁護士にはパワハラについて詳しい人が多いので、心強いでしょう。

一人で悩まずに、法的に正しい対応をしてもらうと、職場で働くにあたって良い環境に改善することができます。

【パワハラチェック項目7選】あなたは大丈夫?30秒でわかるパワハラチェックのまとめ

 パワハラの被害は目に見えるものだけでなく、見えないものも多いので厄介です。
 
しかし、パワハラは本来あってはならないものなので、まずは一人で悩まずに会社に相談することから始めましょう
 
被害の大きさにはこだわらず、少しでも自分が辛いと感じたのなら、改善することが何よりも大切。
 
精神的・肉体的にも辛いパワハラは、早めの対処が重要です。
 
自分で解決できないときには弁護士に相談し、より専門的な解決方法を探りましょう

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部