別居中の不倫で慰謝料請求できるのか?〜ポイントは「夫婦関係の破綻」です

別居中の不倫ってどういう扱いを受けるかご存知ですか?別居してるから新しい恋愛をしてもいい!別居とはいえども結婚しているのだから別居中の恋愛はダメ!など色々な意見があると思います。別居中の不倫・不貞行為が慰謝料請求の対象となるのはどんな時か調べてみました。

目次

別居中だから不倫してもいい?そんなことはありません! 

 
別居中の不倫不貞行為はいけないことなのでしょうか?
 
別居していても夫婦は夫婦です。独身に戻ったわけではありません。法律上は既婚のままであり、不倫・不貞行為はしてはいけません。別居をしないといけない理由はあったにせよ、それを理由に好き勝手に恋愛できるわけではありません。
 
今回は別居中の不倫・不貞行為で不倫相手に慰謝料請求できるのか?ということに絞って考えてみたいと思います。
 
現在別居中のご夫婦は要チェックです。

別居中でも不倫は不倫|不倫相手に慰謝料請求できる場合とは

別居中に不倫をされた場合、不倫相手に慰謝料を請求することができます。ですがそれには条件があるので確認しておきましょう。

別居中の不倫で慰謝料請求できる場合(1) 夫婦関係が破綻していない

別居中であり夫婦関係が修復不可能ですでに破綻していると判断された場合は、不倫・不貞行為をされても慰謝料の請求をすることができません。しかし別居にも様々な形があります。
 
夫婦関係の再構築をするために、一度距離を置く目的の別居であれば夫婦関係は破綻していないとみなされます。
 
このような理由での別居中の不倫・不貞行為であれば慰謝料が請求できる場合に当てはまります。
 
では、具体的にはどのようにして夫婦関係が破綻しているかそうでないかを判断するのでしょうか?

別居中の不倫で慰謝料請求できる場合(2) 不倫相手が既婚だと知っていた場合 

不倫相手が既婚だと知っていながら不貞行為をした場合は慰謝料の請求が可能です。
 
しかし、もしもパートナーが既婚であることを隠し、未婚と言い張って関係を持ったのであれば不倫相手には慰謝料請求をすることができない可能性があります。
これは完全に未婚だと信じこんでいた場合、不倫相手に責任を追求するのは酷だからです。
 
ただし努力すれば十分既婚だと知り得た(過失があった)場合は責任があることになります。例えばその人が既婚だということが周知の事実だったり、婚約指輪をつけていた場合です。
 

別居中の不倫で慰謝料請求できる場合(3) 別居中の不貞行為によって精神的苦痛を受けた 

慰謝料は不法行為に基づく損害賠償のうち精神的苦痛に対して支払われるものです
 
夫婦関係にありながらパートナーが不貞行為を行ったことに対する精神的苦痛への慰謝料を請求しているのです。 
 
したがって受けた精神的苦痛の度合いが慰謝料の金額の増減にも繋がります。
 

 別居中の不倫で重要なポイント|夫婦関係の破綻とはどこから?

 
不倫相手への慰謝料請求ができる条件のキーワードは「夫婦関係の破綻」でした。それでは具体的にどのようにして夫婦関係が破綻しているかそうでないかを判断するのでしょうか?

夫婦関係が破綻しているケース(1) 具体的な離婚の話が進んでいる場合

お互いに離婚の意思がある場合は夫婦関係が破綻しているとみなされます。子供のことや仕事のこと、住む場所のことなどで離婚を決めてもすぐに実行に移せないケースがあります。
 
とりあえず離婚の方向で、と話し合いができていて同居している場合は夫婦関係は破綻していると見なされる可能性が高いです。

夫婦関係が破綻しているケース(2) 別居の期間が長い場合 

別居にも様々な理由があります。しかし長期間の別居となると夫婦関係を修復するつもりがないと思われてしまいます。実際、離婚するにあたり別居の期間の長さが判断基準になることがあります。
 
ケースバイケースでありはっきりとは言えませんが、過去の裁判例から判断すると5年程度の別居で夫婦関係が破綻していると判断されることが多いです。
 
また、いずれは夫婦生活を共にするつもりの別居だったけど、なんとなく戻れずにずるずると別居していると、夫婦関係が破綻していると判断されますのでご注意ください。

夫婦関係が破綻しているケース(3) 客観的要素を総合的に判断

夫婦関係が破綻しているということを第三者に証明するのはとても難しいことです。なぜなら、本来それは当事者である夫婦だけにしか分からないからです。しかし調停や裁判では夫婦関係が破綻しているかしていないかを客観的に判断しなければ問題が解決しません。
 
そのためには客観的に判断できるようないくつかの要素が必要になってきます。それが別居をしている事実であったり、不倫・不貞行為の事実を証明する証拠であったりするのです。

別居中の不倫・不貞行為で慰謝料を請求したいのなら

別居中に不倫が発覚し、それについて慰謝料を請求したいのなら下記を参考にしてください。

別居中の不倫で慰謝料を請求したいのなら(1) 不貞行為を証明する証拠を確保

まずは証拠集めです。不貞行為、すなわち性交渉あったことを証明する証拠が必要となります。しかし、別居しているのですから、そう上手くは証拠集めができないと思います。
 
また、不倫の調査は専門的な技術が必要になりますし、自分で不倫調査を行うと、最悪の場合相手にバレてしまいます。
 
ですので、もし別居期間中に不倫を疑ったら探偵事務所に調査を依頼することをオススメします。探偵事務所に依頼することでリスクを回避しつつ、確実性を持って不倫の有力な証拠を集めることができるでしょう。

別居中の不倫で慰謝料を請求したいのなら(2) 夫婦関係が破綻していない証拠も

次に大事な証拠が夫婦関係が破綻していないことの証明です。夫婦関係が破綻しているとみなされた場合は、不倫・不貞行為をされても慰謝料の請求ができません。
 
どういうつもりで行った別居なのかもう一度整理し、できれば事情を知る両親などを味方につけると良いでしょう。
 
一番ベストなのは別居に入る前に一筆書いておくことです。これがあれば破綻していないという共通認識となるのでいざというときに役立ちます。

別居中の不倫で慰謝料を請求したいのなら(3) 離婚問題に強い弁護士に相談しましょう

証拠が集まった場合も、証拠集めが少し厳しい場合も、専門家である弁護士の意見を聞いてみると良いでしょう。証拠が集まった場合はスムーズにパートナー、もしくはパートナーの不倫相手へ慰謝料請求をすることができます。証拠がまだ集まっていない段階であれば、その段階から力になってくれます
 

別居中の不倫で慰謝料請求できるのか?〜ポイントは夫婦関係の破綻〜のまとめ

 
いかがでしたでしょうか。いつかは別居を解消し、夫婦としてやり直そう…と思っていたところで配偶者が恋愛をしていたとなると、悲しいものです。
 
夫婦関係の破綻というのは判断が難しいところです。しかし再構築を目指している別居の段階での不倫・不貞行為は許されるものではありません。
 
別居中の不倫・不貞行為を疑ったら、その後の選択肢を増やし有利に事を進めていくためにも、まずは探偵事務所に調査を依頼し不貞行為の証拠を確保するようにしましょう。証拠があればその後どうするかはあなた次第です。
この記事の作成者

カケコム編集部